育毛シャンプー 評価!管理人の体験談!

育毛シャンプーを評価!管理人が自分の頭皮で試した、育毛シャンプーの効果や感想・体験談!口コミで人気のあの育毛シャンプーや育毛剤を試してみました!ランキングに騙されない育毛シャンプーの選び方!ニオイや成分、使用感など!気になる育毛シャンプーの体験談です!

今まで使った育毛シャンプーや育毛剤でおすすめできるモノ!
ウーマシャンプー
ウーマシャンプー:肌を健やかにする効果が期待できる馬油配合のアミノ酸系シャンプー!
S-1シャンプー(エスワン無添加シャンプー)
S-1シャンプー:育毛シャンプーの基本ともいえる仕様!初めて育毛シャンプーを使う方におすすめ!
プロピア プログノ 126EXシャンプー
プロピア プログノ 126EXシャンプー:プロテイン配合!洗うことで栄養成分を髪に浸透させます!
アルガンK2シャンプー
アルガンK2シャンプー:肌を健やかにするアルガンオイル配合の育毛シャンプー!
オーセル澡(SOU)シャンプー
オーセル澡(SOU)シャンプー:天然由来成分と無添加にこだわったヘアケア!
オーセルオアシス(OASIS)シャンプー
オーセルオアシス(OASIS)シャンプー:天然由来成分100%!頭皮のエイジングケアにおすすめ!
M-1育毛ミスト
M-1育毛ミスト:頭皮に優しい育毛剤!薄毛・抜け毛に悩む敏感肌・乾燥肌の方に!
ポリピュアEX
ポリピュアEX:大人気の育毛剤!男性におすすめかも!
空白

ゲルファミリーアミノシャンプーの体験談や効果!円形脱毛症の悩みがあるときに使っていたのがコレ!

ゲルファミリーアミノシャンプー




育毛シャンプーを使い出したキッカケになったのが『ゲル 自然派コスメ-パイナチュラル』のゲルファミリーアミノシャンプーです。アミノ酸系のノンシリコンシャンプーです。当時、いきなり円形脱毛症ができて、そのケア用に楽天市場で見つけたシャンプーです。色々と楽天市場を探し、口コミでも評判だったのが、このアミノ酸系の育毛シャンプーだったわけです。当時は、アミノ酸系シャンプーが髪に良いことすら知らなかった頃です!

その頃は、ディスカウントで買える200円くらいの詰め替えパックのシャンプーを使っており、何が良いのか色々探したわけです。当時は、何も知らなかった中で『良さそう!』と感じて買ったのですが、今でも『かなり高機能な良質なアミノ酸系シャンプー』だと思っています。

円形脱毛症ができたのが、もう10年近く前のことですが、結局このゲルファミリーアミノシャンプーを2年近く使っています。10円玉程度の軽度の円形脱毛症は、自己治癒するそうですが、管理人の場合は気が付いたときには500円玉サイズでした。最終的に円形脱毛症のことが気にならなくなるのに2年近くかかっています。

確かゲルファミリーアミノシャンプーを使い出して、円形脱毛症が治ってきたかなと感じるようになったのは、半年以上経ってからのこと。育毛剤を使わず、シャンプーのみだったので治るのに時間がかかった感じです。

使用感は、柑橘系の良いニオイで、泡立ちもマイルド、気持ちよく洗えるシャンプーです。今は、色んな育毛シャンプーを使って評価しているのですが、それが終わったら使おうと思っているシャンプーだったりします。ノンシリコンの基本的なアミノ酸系シャンプーなので頭皮ケアや抜け毛予防にオススメかなといったところです!

ダメージヘアには、専用のノンシリコントリートメントがあるので便利かもしれません。トリートメントなのにノンシリコンって珍しいかもしれません!個人的には、ノンシリコンのコンディショナーを出して欲しいかなと思っています!

数ある育毛シャンプーの中でシンプルながらオススメできる育毛シャンプーです!

■ゲルファミリーアミノシャンプー 全成分
水、ラウロイルアスパラギン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、コカミドDEA、ラウリルベタイン、1,2-ヘキサンジオール、塩化Na、ベタイン、ポリクオタニウム-10、コカミドメチルMEA、オウゴンエキス、ダイズ種子エキス、オレンジ油、クエン酸、BG

肌荒れの悩みがある場合の育毛剤は何が良いの?

肌荒れだけではありませんが、肌が敏感な方や乾燥しがちな方は、育毛剤選びも気を使います。そもそも育毛剤の副作用として指摘されているのが、頭皮の痒みやフケなどです。さらに肌荒れみたいな症状を起こすケースもあるなんて話です。これらの症状に共通していることが、強い成分を配合した育毛剤を使っている場合です。例えば、医薬品成分を使った育毛剤ですね。ミノキシジルやフィナステリド(プロペシア)など、医薬品に分類される育毛剤などです。これらの育毛剤は、成分が強いために副作用の恐れもあるなんて話です。

普通の医薬部外品の育毛剤なら、副作用などの報告は無さそうですが、特に肌が敏感な方には普通の育毛剤でも気になるかもしれません。やはり成分をしっかりチェックしておきたいです。無添加育毛剤なら安心なイメージがありますが、一般的な無添加の解釈は、昔のアレルギーや皮膚障害の恐れがあるとされる表示指定成分を配合していないことです。しかも表示指定成分は、問題の恐れがある成分全てが指定されていません。問題がありながら表示指定成分になっていない成分もあるわけです。

そのため表示指定成分ではない石油合成成分(有害化学物質)や、安全性の確認できていない天然成分が配合していても無添加育毛剤となるわけです。そのため刺激が少ないことを目的に無添加育毛剤を探す場合、『何を配合していないか?』をちゃんと表示している育毛剤を選ぶことが大切だと思います。今ならブブカ・マイナチュレ・エムワンあたりは、かなり頭皮に優しい育毛剤かなと思います。肌荒れなどの肌トラブルを抱えている方には、頭皮に負担をかけない育毛剤を選ぶことが大事です。

ミレットエキスの効果!

ミレット(ミレットエキス)は、髪の毛に良い成分として育毛サプリなどに使われている成分です。例えば、飲む育毛剤として人気の回生堂ミレットや、育毛サプリのHatto(ハット)などに配合されています。

そもそもミレットは、穀物由来(キビ由来)の天然成分になります。ヨーロッパでは、副作用の無い成分として人気があるようです。中世ヨーロッパの頃から、髪に良い成分として知られていたそうで、当時はミレットから抽出したエキスを飲んだり、頭皮に塗ったり、中にはそのまま食べたりして活用していたそうです。なお海外の臨床試験では、薄毛などに対して有効との研究結果もあるそうです。

このミレットエキスは、髪の毛の材料となる様々なアミノ酸が多く含有されているそうです。さらに爪がキレイになる成分として知られているケイ素や、皮膚障害を予防するとされる不飽和脂肪酸などが含有されているそうです。その他にもミリアシン(炎症抑制)やローズマリー酸(血行促進)、各種ミネラルなども含有されているそうです。このミレットエキスは、体内から毛乳頭に働きかけ、髪の毛をサポートする成分として注目されているようです。また白髪に対しても進行を減らすといった効果も期待できるなんて話です。

ポリピュア ダブルクレンジングシャンプーの体験談や効果!脂性肌用の男性向けだね!

薬用ポリピュア ダブルクレンジングシャンプー




薬用ポリピュア ダブルクレンジングシャンプーは、脂性肌用の育毛シャンプーです。『頑固な皮脂を落とす』なんて宣伝していることからも、キレイに洗い流す特徴があるようです。

この薬用ポリピュア ダブルクレンジングシャンプーは、夏ごろから使い出したんですが、メントール配合なこともあり洗髪中の気持ちよさが格別なんですね!キレイに洗い流すって感じです。ただ、育毛シャンプーしてみた場合、香料なども配合していて、頭皮ケアにどうかなと思う部分もあったりします。ただ、合成香料でなければ問題ないかなとも思ったりします。

泡立ちもかなり良く、さすが脂性肌用の育毛シャンプーといったところです。ただ、夏はとっても気持ちよく使えるのですが、涼しくなる秋ごろになると、洗浄力が強いかなって感じもしてきます。皮脂分泌の多そうな20代の男性には良いかも知れませんが、ちょっと抜け毛の悩みがあるなら考え物のような気も・・・

スカルプDの脂性肌用を使ったことが無いのですが、脂性肌用の育毛シャンプーってこんな感じなんですかね?どうもポリピュアは、育毛剤もそうですが男性用のイメージが付きまといます。

できれば専用のコンディショナーか、少しぐらいコンディショニング成分も配合して欲しいかなとも思います。特に皮脂の過剰分泌が気になるって方にはおすすめですが、そんなに皮脂分泌が気にならないなら普通のアミノ酸系シャンプーでも良さそうな気がします。

例えば、抜け毛の毛根付近に皮脂などの塊りが付着している方には、おすすめかもしれませんね!

■薬用ポリピュア ダブルクレンジングシャンプー 成分
グリチルリチン酸2K(*)、精製水、POE(7)ヤシ油脂肪酸グリセリル、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ラウレス硫酸TEA、トリメチルグリシン、無水クエン酸、DPG、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、フェノキシエタノール、メントール、フェノールスルホン酸亜鉛、ニンニクエキス、ローマカミツレエキス、ゴボウエキス、アルニカエキス、セイヨウキズタエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、松エキス、ローズマリーエキス、BG、ユニトリエノールT-27、ヒオウギ抽出液、無水エタノール、柿タンニン、炭酸水素Na、炭酸Na、海藻エキス-1、香料 *有効成分

石鹸シャンプーでリンスを使う場合、何に注意するの?

石鹸シャンプーは、アルカリ性の特徴があるため、もしリンスを使う場合、アルカリ性に傾いたものを弱酸性に戻す(中和させるという方が正しいかも・・・)ため酸性リンスが必要といわれることが多いです。ただ、石鹸シャンプーは、すすぎの時に中性になっているようで、必ずリンスが必要という訳ではなさそうです。

酸性リンスに関していえば、洗髪中に開いたキューティクルを閉じる効果があるとも聞きます。しかし、健康な髪ならば開いたキューティクルは徐々に閉じていくそうなので、必ずしもリンスが必要というわけではなさそうです。

さらに石鹸シャンプーついていえば、洗髪してアルカリ性に傾いても自然と弱酸性に戻っていくとも聞きます。ただし加齢に伴い、この弱酸性に戻すチカラが弱くなるらしく、自然に戻っていかないこともあるようです。この場合には、酸性リンスが有効活用できそうです。

石鹸シャンプーは、洗髪することでスッキリ感を体感できます。この仕様感が忘れられず、石鹸シャンプーを選ぶ方が少なくありません。ただ、洗髪中のキシミは何とかしたいと考えている方が多いのも事実!ロクワットのような『きしまない石鹸シャンプー』って意外と人気があるんですよね!