我武者羅日記

5
私はgoing-my-wayを貫く人間ですが、この人を師と仰ぐ先輩や後輩がたくさんいます。


そんな影響を受けた指導者のひとり、先生にお越しいただきました。


image



15年ほど前、「元気のいいチーム、声を出すチームを作りたいなら西宮の先生のところにいきなさい」
と紹介していただき、まぁその感動が衝撃的。


グラウンド一杯に響き渡る声が、いや、言葉が普通じゃない。


先生じゃないですよ、生徒が発する言葉です。



「お前がいま持っている最大限の力を使いきれ!」

とか、

「いいよいいよ、思いきってやれよ、その勇気が大事やねん!」


先生は物静かに見ているだけ。


私は終始ポカーンと。


こんな言葉を全身を使って全力で選手全員が声を出している。


もうその時の衝撃は忘れられません。


こんな中学生がいるんだ、

こんな中学生になるんだって。


それから毎年、冬場には合同練習にも参加させていただき、試合する度に全力のW-upを考えさせられました。


先生の転勤の関係でこの日は久しぶりの試合。



image




内容はともかく、半年しか経っていないのに、
自分の持つ最大限の力を使いきろうとするチームができつつありました。


image



本当にすごい。


「どうやってあんな声を全員が出すようになるんですか?」

試合後にうちのエース君が質問に行ってました。


収穫です。


image



ありがとうございました。



br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
MLBとの親善試合も終わり、いよいよストーブリーグに突入。


image



高校野球には12月1日から3月7日までの間、練習試合禁止期間がありますが、中学校にはありません。


寒くなければ毎年12月3週目くらいまでは試合をやります。


あまり1月には試合をしたことはありませんが、そもそも高校野球が練習試合禁止なのは地域的な気候のハンディをなくすため。


だったら暖かい時にはどんどん試合をしていくべきだと思います。


image



来年からついにアンダーアーマー社がMLBのユニフォームを供給することになりました。


MLBは日本のようにチーム契約とは違い、MLB機構が契約を結ぶため、今年までのユニフォームはマジェスティック・アスレチック社が独占契約を結んでいました。


image



そこに乗っかる読売巨人軍。


ジャイアンツも日本初、来年はアディダスからアーマーですって。


image



これはすごい。


image





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
第5回トレーニングカレッジ講師の先生、我喜屋優氏といえば、甲子園で春夏連覇をした沖縄興南高校の監督。


社会人野球の大昭和製紙北海道で選手、監督として活躍をしていた方で、北海道で結婚して家も買い、永住するつもりでいたようですが、縁あって興南高校の監督に就任し、現在は校長、理事長として学校の責任者、リーダーを務められています。


image



「日々生まれ変わる」

この本は野球の本ではなく、指導者、リーダーとして必要なことについて書かれた本。


社会人野球の選手、監督、企業の管理職、高校野球の監督、校長、理事長などの経験を生かし、指導者とはどうあるべきかについて、我喜屋氏の考え方がまとめられています。


我喜屋監督は、甲子園でタイムリーを打ってもガッツポーズはするな、負けたからといって泣くな、という「喜怒哀楽を表に出すな」といった指導をされています。


悔しい気持ちはわかるが、負けたという事実をどう受け止めるかということや、「負け」も財産なんだということはなかなか高校生では理解できません。
勝つことでも負けることでも人は変われない。
「何があったのか」を考えることで変わるきっかけをつかむことができる。



ゴミ拾い、散歩から学ぶ『カバーリング』の大切さについて。

ゴミ=誰かが捨てた物、誰かのミス(人的エラー)

ゴミ拾い=誰かのミスをカバーする事。
誰かに感謝されることを期待し、手柄を褒めてもらおうとするのではなく、自分の心から動く。

野球の技術としてカバーリングを教えても、心がついてこなければ負けないチームは育たない。

なぜならば、技術としてのカバーリングしか知らない選手は、自らもミスを起こすからだ。



「指示がなくても自分で働ける人に育てる」
これは甲子園でも伝令を出さない我喜屋監督の信念。
自分たちで考え、自分たちで行動することを日頃のきつい練習の中でやっていれば、やらなければならないことは決まっているからという理由からです。



野球バカを育てるのではなくて、野球を通して社会人としてのあるべき姿勢を教育しているということがよくわかる、もう一度基本に戻って頑張ろうと思った一冊。
人としての「根っこ」を鍛えることで大きな花を咲かせる、そのためにすべきことがたくさん書かれた一冊でした。


image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
「今日から下校時刻が17時なんですよ〜!」

あるチームの監督さんとの話の中でありました。


image



うちも17時です。


完全下校とか、最終下校とかいろんな言い方はありますが、とにかく17時に学校から出て暗くなるまでにお家に帰そうという、ごもっともな話で。


しかしこれでも全国レベルのチームもたくさんあります。


方法は簡単。


image



一旦下校させて近くのグラウンドに17時半に集める…。


image



なんて方法では上手くはなっても強くはなれません。



なぜなら正攻法ではないから。


練習は気持ちが左右します。


こそこそ練習して上達は望めない。



じゃあ時間を守って全国レベルにもっていく方法はというと…。


image



家での練習、自主練習を本気でやれるチームにすることです。


クラブチームなんかは平日の練習はなしで、週末だけで強化していくチームが多いですが、やっぱり意識の差は大きいみたいです。


全員の意識が高ければ当然強くなる。


選手たちのせいにするのではなく、そういった意識を持った選手に指導者が育てていく。


そんなチームづくりをしていきたいですね。


がんばります。


image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.


5
image



パワースポット善防は、昨日も今日も絶好の野球日より。


image



立冬というのに秋のような澄んだ景色。


image



というより、ここまできたら一度は行ってみたい絶景100選に選んでもらおうか。


image



本当に綺麗な景色で、田舎で空気もいいし、まさに field of Dreams。


image



昨日は京都のがむしゃらさん、勝つぞ山中さんと。

久しぶりに1チームなんで3試合。


image



とはいうものの、あまりの内容の悪さに驚愕。


image



「練習は嘘をつかない」

の言葉通り、毎日のだらしない練習、日々の取り組みのいい加減さが出てしまった。


image



そして日曜日の今日は三重県より3試合。


image



いつもどこでも研究熱心な笹監督ももうすぐパパ。


image



2日で6試合。


野球はやっぱり機動力かな。


足が遅くてもとにかく走れ。


image



機動破壊とまでいかなくても、積極的に次の塁を狙え、狙わぬ者は出るべからず。


image



「ノーヒットで1点を盗(と)る野球」

をめざしていこう。


image



jr.の美術作品ありがとう。




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.






やったぜ!津名中学校!

全国大会出場決定!

おめでとう!


image



弟子の白橿中は残念無念(>_<)!



淡路市立津名中学校(兵庫県)5―0 三井ヤンキース(大阪府)


西京ビッグスターズ(京都府) 3―1橿原市立白橿中学校(奈良県)


びわこクラブ(滋賀県) 1―0 御坊市立名田中学校(和歌山県)


西京ビッグスターズ 5―2 津名中学校



全日本少年春季軟式野球大会出場決定!

淡路市立津名中学校(兵庫県)
西京ビッグスターズ(京都府)
びわこクラブ(滋賀県)


image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
会 期 ; 11月15日(土)〜16日(日)

会 場 ; 水口スポーツの森甲賀市民スタジアム



淡路市立津名中学校(兵庫県)― 三井ヤンキース(大阪府)


橿原市立白橿中学校(奈良県)― 西京ビッグスターズ(京都府)


びわこクラブ(滋賀県) ― 御坊市立名田中学校(和歌山県)


の勝者 ― の勝者


全国への枠は3つ!


image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
最近またサボり気味でした。


image



ブログを休むと必ず連絡をくれるイチローや、ブログリーダーズさんは、

「大丈夫?何かあったんですか?」

って心配してくださいます。


image



そんな中今日は、いつも私を心配してくださる心のオアシスさんから、

「40代の元気を毎日日記で届けないと!」

ってメールを戴きました。


「仕事はサボっても、日記は毎日続けることに意味があるんですよ。」

って。


image



なるほど。


40代、男の日記か。


よっしゃー、頑張ろう。


image



昔から小久保に似てるってよく言われます。




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
トレーニングカレッジの申し込みも、今年の180名を上回る200名様にエントリーいただいています。


一応、締め切りが終わった今日もくるファックス…。


昨日も、
「申し込みが終わったみたいなのですが、何とか行かせていただけないでしょうか…」
なんて電話とメールが3件。



学校の先生は忙しいですから、締め切りに間に合わないこともいた仕方ない…。


…ことはありませんが、1日目が289席、2日目が400席のホールですから、まだ大丈夫ですってことで、


ソフトバンク指名・島袋投手の恩師、沖縄からわざわざお越しいただく興南高校・我喜屋監督のお話を聞いてください。


image



軟式野球がスポーツ新聞の一面を飾るという功績を残された中京高校・平中監督のお話を聞いてください。


image



たかが我武者羅、されどトレカレであろうとも!


image



主催の(株)アサイスポーツ、(株)スポーツアクトからも!


image



あ、そうそう。


image



毎年恒例のスタッフフリース、今年はメジャーで大流行のチームフーディーを作っていただきました。


image



スタッフ用ミニバッグもこんな感じ…。
当日のお楽しみですって…。


image



話がそれてしまいましたが、今からでも参加オッケーってことですからぜひお誘いあわせの上お越しください。


image



お申し込みは、下記までメールするか、直接電話連絡をしてください。



我武者羅カップのお申し込み、お問い合わせもコチラへメールをお願いします。


gamusyara2014@yahoo.co.jp





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
image



MLBが日本へやってきました。


image



岩隈も和田も元気に。


image



注目は3割打者マリナーズのカノ選手と


image



伸長165cmのホセ選手。


image



楽しみです。


image



しかしもっと気になった事があります。


image



ランナーコーチの位置。


image



絶対おかしい。


image



頑張れ、侍ジャパン。


image





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.




5
本日は秋の各地区チャンプ兵庫県ベスト8、神戸市優勝のFireball中、但馬地区優勝の Dream hills中さんをお迎えしてのこどもチャレンジカップ。


image



しかし天候は朝から小雨。


降水確率は70%。


そしてちょっと寒い。


image



しかし、雨天決行のパワースポットにはベストコンディション。


image


とはいえ、お相手は兵庫県といえどもラクダのいる鳥取砂丘まで30分という dream中さんには寒さによる体調不良や故障も考え、無理をしないことに…。


image



こうなれば天候不良、重馬場を想定しての、願ってもないチャンス。


image



初回から制球は乱れ、野手は暴投し、いきなりミスミスミスのエラーで2失点。


image



気持ちはわからないでもないですが、これくらいの雨なら大会はあります。


image



雨を味方につけるくらいの゛雨用の戦い方゛をしなければ。


image



何点入れられるかわかないような展開でしたが、そんな中でもファーボールを待ったり、エラーを誘ったりするのではなく、普段通りの課題をお互いにもって臨んだ試合時間は…。


image



なんと3時間。


image



雨でグラウンドは泥濘(ぬかるみ)、
「泥仕合」
と書くと、

「〔泥にまみれて争うことから〕 互いに相手の欠点・失敗・秘密などを言い立てて非難しあう醜い争い」

といった意味になります。


image



しかし、神戸の若頭・Vシネマで主演しているはずのAD監督とは、3時間といった長い時間を「泥試合」といったカタチで楽しませていただきました。


image



小さいときから泥んこになるまで遊んだことのあまりない時代。


ユニフォームも泥んこなんてこともあまりありませんからね。


とてもいい経験をさせていただいた一日となりました。


本日もありがとうございました。



image





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
image



最近、サボり気味です。


毎日の練習量やランニング量、blogの更新や読書の量まで。


量より質と言われますが、どんなことでも形ができるまでは質より量。


image



例えば、小学生のときになぜか流行る、手の上でえんぴつをくるっと回す技は、ある一定の量をやると急に出来るようになるそうです。


image



私はできませんが…。


そのペン回しをまだ10回ぐらいしかやってないのに、コツとか質を求めているのと一緒のことで打てない選手には打つ練習、ストライクが入らない選手にはストライクをとる練習が必要になってきます。


image



数えられないぐらいくるくる回して、落として失敗して、それでもやってたら
「あっ、できた」って時がくる。


出来るようになったら、もう全然失敗しなくなる。


自転車に乗れるようになったときも、お箸を使えるようになったときもそう。


いきなりは無理です。


質を求めるには、最低限の量が必要ということ。その量が不足しているのをわかっているのに打てない、ストライクが入らないとなっている人がほとんどで一流と呼ばれる選手はみんなここまでの量をこなしている。


image



天才と呼ばれる選手はコツを掴むまでの努力の方法が最短なだけで、誰だってある程度の量はこなしてきています。



下校時間が早いなら、下校してからやる時間はたくさんあると思い練習すればいい。



学校での練習時間が短いのなら自主練習の時間が多くとれると考えればいい。


image



素質やセンス、人数や環境にとらわれずに先ずは出来るようになるまで練習をすること。

数をこなすこと。

量にこだわることがいまの時期は大切です。




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.


5
普段の練習では塁間を3m前に出して練習しています。


もちろんバッピも前。


image



バント練習やフリーバッティング、ノックも塁間を縮める。


そうするとどうなるか。


image



暴投が減ります…


image



ではなくて、スピーディな野球になるんです。


練習時間の制約がある中でポニーベースボールこそスピードアップへの対応策。


image



この中でゲッツー、ボールセカンドを練習していくと守備やスローイングも良くなっていきます。



br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
孫子の兵法の中に、

「智将は努めて敵に食む」

といった言葉があります。


image



この言葉の意味は、
「敵地に遠征している優れた将軍は、敵地での食料調達を考えるものである。
敵の穀物を一鍾(約120リットル)食べることは、自国から運んだ二十鍾に相当するものだからである。」

というもので、

「智恵ある者は、ライバルを努めて自分を肥やすのに利用する。」

とリーダー論では使われます。


image



先日の遠征では、
「機動破壊」
たるものに自分達の野球をさせてもらえないといったスパイラルに陥りました。


image



これはすぐに練習しておかないと。


トリックプレーでも、ピックオフプレーでも自分のチームの作戦としてやらない場合でも練習は必ずやります。


それは相手にやられた場合に対応するため。


image



1次リードが〇m、2次リードが〇m、3次リードが〇mと、敵の食糧をふん取り…


image



ひたすら機動破壊。


image



私は走りすぎて膝が破壊。


image



まぁそう簡単にはいきません。


高知のがむしゃさんの拘りは大したもんですから。


image



千日の稽古を以て鍛とし、万日の稽古を以て練となす。すなわち、それが鍛練。〜宮本武蔵〜


image


修業鍛練すなわち、一日やそこらではどうにもこうにもならないってことです。





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
合宿の朝は必ず5時半からランニングするのがチームのルーティーン。

image


いつもどこまでとかいった目的はなく走り始め、GPSガーミンのランニングウォッチで距離を測り、だいたい片道3キロ、毎回6キロ程度を走ってますね。

image


しかし今回は、私の膝に半月板損傷といった爆弾を抱えているため、片道2キロ、4キロ程度の早朝トレ。


image


真っ暗な中で全力ラジオ体操でご近所様迷惑。

image



前力ミーティングを日の出と共に球場にて。

image


6時半から朝食は山盛り2杯。

image


選手たちはおかげさまで遠征慣れしていますから、だいたいのことはできます。

image


しかし、食事のマナーだとか、最後の片付けとか、靴と鞄を揃えるだとか、部屋の整理整頓とか。注意されることも度々。

image


私の前で言われたことをやっていても、こういった合宿ではできていない選手はすぐにわかっちゃいますね。

image


さて2日目の試合は、宿舎のすぐ前にある素晴らしい球場をご配慮いただきました。

image


選手たちは恵まれすぎていて遠征に行く度に素晴らしい球場で試合をやらせていただきます。

image


それなのにこの日は
「機動破壊」
を掲げる高知のがむしゃさんに全く自分達の野球をさせてもらえず1-2とはいえ完敗。

image


最近ようやくピッチャーらしいピッチングをしてくれていたリトルエース君が、見事に破壊のトラップに嵌まってしまいました。

image


野球の中で相手に自分達の野球をさせないのは機動力、さらにその上が機動破壊だと自分も思っていましたが、ホンマに破壊されてあっぱれでした。

image


さて、2試合目の高知の鳶さんとは1年生投手たちが前日に続き奮闘してくれて2-2の引き分け。

image


細かい戦術や作戦面で反省点が山積みとなりましたが、遠征のおかげで新しい風が吹いてきましたね。

image


ピッチャーはとにかく色々な経験が必要です。

image


「誰もがピッチャーを経験してほしい」
気持ちを込めて拵(こしら)えたブルペンでこれからまた頑張りましょう。

image


今回の高知遠征では予想以上の成果を得ることができ、
「今年のこのチームに得るものがあるのか」
といった思いは杞憂に終わりました。

image


何よりも全員が笑顔で野球ができ、笑顔で帰ってこれたこと。

image


これは何物にも変えられない収穫でした。

image


これからも宜しくお願い致します。

image


ありがとうございました。感謝。

image






br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.





5
毎年11月の3連休は高知家へ宿泊遠征に行かせていただきます。


image



これは岡山ですね。



きびだんご買うの忘れた。



瀬戸大橋を渡るとやはり感動します。


image



目指すは南国市へ。


南国というと、


image



みたいな街かと想像してましたが、


image



ここは海を渡った海外とはいえ日本でした。


しかし心配されていた天気もバッチリ。


賢明なグラウンド整備のおかげで試合をさせて頂きありがとうございます。



さて、宿泊遠征に来ると間違いなく成長します。


私の感覚では1日で1ヶ月分くらいの人間的な成長が得られるんじゃないかと思っています。


image



まず、野球のことだけ考えて居られる。


時間を気にせず集中できる。


宿舎や色々な行動の中で考える力、すなわち、考動が必要になってくる。


image



今年のチームは力もなく、幼稚でなかなかまとまらないチームです。


image



10月になってもキビキビした練習ができず、会長さんや、実行委員長のA先生にも、
「高知まで行かせてもらうようなチームじゃないです」
って話をしていました。


image



しかし、やっぱり中学生ですね。


image



チームが変わりました。


打つ、投げる、走る、守る、声を出す…


image



1試合目が2x-1のサヨナラ勝ち。

2試合目が初登板したピッチャーも踏ん張って、打つべき選手が打って6-2。

3試合目は全員が出場して4-1。


3つとも勝たせていただきました。



image



一番の収穫は、チームワークが初めて見えたこと。


表面上の声かけや笑顔ではなく、本当に野球を楽しむ姿が見えました。


image



試合後には相手チームの保護者さんから、
「こんな雰囲気のいいチームは見たことがない」
って言われましたけど、それは誉めていただきすぎです…。


image



宿泊のもうひとつの目的、いつものように食トレの成果と自主自立。


image



ご飯は山盛り3杯と、10時半消灯まで素振りとノートと野球談義で有効に時間を使う。



ひと回り成長して兵庫に帰ります。


image





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
高知のがむしゃさんが昨年から招待大会を作ってくれまして、大会名も、
「龍馬カップ」
にしてって頼んだらちゃーんとそうしてくれました。


image




今年の参加チーム数は、
高知20、岡山7、香川3、愛媛2、徳島1、兵庫3と、36チーム。


image




実行委員長の高知のがむしゃさんを始め、高知の先生方、ありがとうございます。


天気も大丈夫そうですね。


明日から宜しくお願いします。


image




<11月2日>
【日高村運動公園】
朝倉(高知)−オール井原(岡山)
宿毛(高知)−オール井原(岡山)
宿毛(高知)−夢が丘(兵庫)
朝倉(高知)−夢が丘(兵庫)


【土佐中学校竹島G】
土佐(高知)−中村(高知)
川上(岡山)−中村(高知)
川上(岡山)−土佐(高知)


【附属中学校G】
附属(高知)−城西(高知)
附属(高知)−船穂(岡山)


【潮江中学校G】
潮江(高知)−船穂(岡山)


【高知南中学校G】
高知南(高知)−福田(岡山)
城西(高知)−福田(岡山)


【一宮中学校G】
一宮(高知)−青柳・大津(高知)
玉島北(岡山)−青柳・大津(高知)
玉島北(岡山)−一宮(高知)


【横浜中学校G】
横浜(高知)−土佐塾(高知)
善通寺東(香川)−土佐塾(高知)
善通寺東(香川)−横浜(高知)


【野市中学校G】
野市(高知)−西部(高知)
真備(岡山)−西部(高知)
真備(岡山)−野市(高知)


【香長中学校G】
香長(高知)−旭(高知)
善防(兵庫)−旭(高知)
善防(兵庫)−香長(高知)


【明徳義塾中学校G】
明徳義塾(高知)−高知(高知)
総社東(岡山)−高知(高知)
総社東(岡山)−明徳義塾(高知)


【高岡中学校G】
高岡(高知)−越知(高知)
椿(愛媛)−越知(高知)
椿(愛媛)−高岡(高知)


<11月3日>
【天王球場】朝倉(高知)−善防(兵庫)
鳶ヶ池(高知)−善防(兵庫)
鳶ヶ池(高知)−椿(愛媛)
朝倉(高知)−椿(愛媛)


【旭中学校G】旭(高知)−玉島北(岡山)
中村(高知)−玉島北(岡山)
中村(高知)−旭(高知)


【潮江中学校G】
潮江(高知)−福田(岡山)
三木(香川)−福田(岡山)
三木(香川)−潮江(高知)


【高知南中学校G】
高知南(高知)−川上(岡山)
高知南(高知)−阿波(徳島)
野市(高知)−川上(岡山)
野市(高知)−阿波(徳島)


【一宮中学校G】
一宮(高知)−坂出東部(香川)
高知(高知)−津名(兵庫)
高知(高知)−坂出東部(香川)
一宮(高知)−津名(兵庫)


【西部中学校G】
西部(高知)−総社東(岡山)
宿毛(高知)−総社東(岡山)
宿毛(高知)−綾南(香川)
西部(高知)−綾南(香川)


【横浜中学校G】
横浜(高知)−夢が丘(兵庫)
垣生(愛媛)−夢が丘(兵庫)
垣生(愛媛)−横浜(高知)


【香長中学校G】
香長(高知)−真備(岡山)
安田(高知)−真備(岡山)
安田(高知)−香長(高知)


【明徳義塾中学校G】
明徳義塾(高知)−オール井原(岡山)
土佐塾(高知)−オール井原(岡山)
土佐塾(高知)−明徳義塾(高知)


【高岡中学校G】
高岡(高知)−船穂(岡山)
土佐(高知)−船穂(岡山)
土佐(高知)−高岡(高知)


【朝ヶ丘中学校G】
朝ヶ丘(高知)−善通寺東(香川)
城西(高知)−善通寺東(香川)
城西(高知)−朝ヶ丘(高知)





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
日 時 ; 平成27年1月11日(日)〜12日(月)


内 容 ;
(研修機
『全国大会出場への道〜5人のオレ流全中・全日本出場監督によるチームの導き方〜』



(研修供
『高校軟式野球日本一の軌跡〜延長50回の闘い〜 』平中亮太監督(岐阜県中京高等学校)



(研修掘
指導者100人を越えるレセプション
(講師の先生方との参加型本気トーク)



(研修検法愎祐嵶聾上が大きな力を生む』我喜屋優監督(沖縄興南高等学校)



会 場 ;
11日(日)
13:00〜京都キャンパスプラザ        19:00〜リーガロイヤルホテル(reception)
    
12日(月)
9:00〜京都アスニー



お申し込みは、


|羈惺嗣勝淵繊璽猝勝
※一般の方は無所属と明記


都道府県


L樵


そ蚕


シ搬單渡暖峭


参加日時(2日とも参加 or 11日 or 12日 )


Д譽札廛轡腑鵝併臆 or 不参加)


┰蒜顱福 or Χ)


質問、その他



を明記して、


gamusyara2014@yahoo.co.jp


までメールしてください。



折り返し要項をお送り致します。



10月31日(金)が締め切りとなっています。



我武者羅カップのお申し込み、お問い合わせもコチラへメールをお願いします。



gamusyara2014@yahoo.co.jp


br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
「いつ寝てるんですか?」


ってよく言われるのですが、最近は母にも


「休んだら止まるん?」


って質問されます(笑)。


今日はいつも通り5:55に起床。


image



毎日。エブリデー。Go!Go!Go!


image



愛犬シンタロー。


image



7:00にパワースポットへ。



image




食事は特盛でグングン大きくなってます。



image




7:30戦闘服を身にまとい、半月板損傷などものともせず、今日から復活の4劵薀鵝



image




ワンコの成長は早い。



image



本日は滋賀県より、自称神先新喜劇軍団の名探偵コナン御一行様。


image



お越しいただくや否や、

「パワースポットだから写真撮りまくるわー」

ってママさんたち。


20141026_115329




今日は3試合。



image




少しずつ陽が射してきました。



image



最初の2試合をいいカタチで勝利。



image




チームの方向性と、目標と課題を明確に。


image



そして最後の夏は県大会へ。


image



兵庫県大会毎年パワースポットを訪れてくれる津名中が優勝。


image



監督の道志、TAtMYは県大会出場記録更新中。


image




悲願の県大会優勝、やったぜおめでとう!



image




毎度おなじみ奈良の白橿中学校の爆裂な連中は、相変わらずとんでもないことを達成。



image




白橿中学校の爆裂な取り組みは コチラ





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.












5
【準決勝】

image


津名(淡路)1-0 荒井(東播)

報徳学園(阪神) 6-1 市島(丹有)


image



【決勝戦】

image


津名 1-1 報徳学園
(特別延長 津名 1×-0 報徳学園)


image



津名中学校は近畿大会へ出場します。


image




おめでとうございます!


image




…それから。




一番弟子(奈良・白橿中)がまたまた奈良県を制覇しました!



両者ともによくやったなー!



オメデトー!



image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
image



秋場所、いや、秋晴れの週末。


県大会が行われる一方で、こちらはウラ近畿大会。


image



大阪府の予選を勝ち抜いてきたH寺南中学校。


奈良県代表のK日中学校。


地元枠で兵庫県からはF西中学校とうち。


image



世の中には野球好きな人がたくさんいらっしゃいまして、大阪代表のチームは2時間ゲームを2試合もやられて帰られました。


毎度、奈良のマニアックないっしー君には、ピッチャーの骨盤が歪んでる!と入れ替えしてもらい腹直筋の痛みを和らげて頂きました。


試合の方は、ナイスゲームと面白い野球の繰り返しで、準決勝の大阪と奈良は11-9だったか、どうだったか軟式野球の常識を覆してくれました。


image



そうそう、1.2塁から進塁打で、突然セカンドランナーが倒れたり、転んだり、躓いたり、こけたりのトリックプレーも目の当たりにして癒していただきました。


image



秋桜が綺麗な秋です。


image




神様、仏様、ゴメス様。


明日もよろしくお願いします。



br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.



5
【1回戦】

津名(淡路)5×-4 玉津(神戸)

荒井(東播)9-1 夢が丘(但馬)

報徳(阪神)3-1 龍野東(西播)

市島(丹有)4-2 書写(中播)


image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
image



週末は日本シリーズ。


チケット発売が本日の10時だったので、ネット購入をニートに依託していたのですが、さすがは阪神。


ネットも全く繋がらなくて、10分で完売だったようです。



ヤフオクでは11万円のバックネット裏ペアシートがあったりと試合前から白熱しています。


image



さて、さて全国KB大会を終えた浪速のイチローから。


「ひとつ勝てたし楽しかったです。
でもやっぱMAJORに出てもらわないと。
千葉の伊藤先生も日本一になったし。」


image



念願の全国で勝利をあげられてよかった。


トレカレにも顔を出してくれる伊藤ちゃんもおめでとうございます。


image



「最近、ブログサボりぎみじゃないですか?
何かあったんですか?」



色々とありました。



まず10月4日にお祖母ちゃんが亡くなりました。


94歳まで人生を全うした最後を見送りました。


image



それから左膝が腫れて痛かったので、ジョーブ博士にみてもらうと、半月板が損傷していました。


image




「格闘技ですか?」



「…は?」



「いえ、種目はアスリートですか?」



「いえ、まぁ…」



「どれくらい走ってるの?」



「多い日は、1日10劼らい…」



「近々マラソンの予定は?」



「出ません…」



「じゃあ何でそんなに走るの?」



「まぁ…

走るのが好きで…」



「自分の歳、考えようよ。
手術はいらないね。
水溜まってるの抜いておくよ…」



「…ありがとうございます…」


image



膝の痛みも翌日には癒やされる強靭な肉体。



皆様も自分の年と身体には十分留意して走り込みを行ってください。


image




中間テストも今日で終わり。



明日は全国に繋がる県大会。



うちは不参加ですが…。



チーム再編成で頑張ります。



いつも応援ありがとうございます。



br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

ここといった場面、一番邪魔するのが「メンタル」といわれる「心の問題」です。

その心の問題を引き出すには一つの方法しかありません。

それは、自分の心をコントロールできるようになる技術をつけること。

逆に言うとそれができない選手は、いくら練習しても絶体絶命のピンチを乗り越えることはできないと思います。

簡単に言えば、「ドキドキ」感をなくし、「ワクワク」感を感じられるようにトレーニングしていきます。


SP2013063099000016_-_-_CI0002



「活躍する選手」と「活躍しない選手」の差は、ピンチの時にはっきりと出ます。

例えばピンチの時に、活躍できない選手は、
 
「ああ、またダメだ」

「打たれたらどうしよう」

「また負ける」

と思います。
  

e0259663_1295975



逆に活躍する選手は、

「よっしゃ、面白い!このピンチをはねのけたら俺って相当格好良いぞ!」

と本気で思い、なぜかそれがその通りになるんです。


この部分が一番難しくて、いくらそう思っていても、日頃からトレーニングを積まなければ簡単にはできることではありません。


G20130818006439520_view
 


最近のトップアスリートたちの流行語は、

「ワクワクしています」

とか、

「試合を楽しんできます」

であって、


「緊張しています」

なんて論外、私たちが選手時代の「根性野球」も排除され、「エンジョイベースボール」でないといけないような風潮もあります。


img_32e89f166fd2a7c0bdcfd6637c7bf06744305




それにはまず、はっきりとした「夢」があることが大切で、

「夢は日ハムの大谷翔平選手のようになること」

と言いつつ、家で素振りやトレーニングもしないような選手はただの“おめでたい人”で、いい笑い者です。


その夢に対して自分の行動が伴っていることがうまくいくための一番の条件ではないでしょうか。


image

 

タイガー・ウッズの名言に、

『嫌なことは10歩歩けば忘れる』

といった言葉がありますが、一流と二流の違いは失敗やミスを忘れて、同じミスがフラッシュバックしない(よみがえらない)ことだとも言えます。


タイガーウッズ-ロブショット

 

普通の中学生の欠点は、脳も心もまだまだ子供過ぎて、自分の過去の失敗経験や「できない」といった否定的なことが残りすぎているのだと思います。


赤ん坊は「何だってできる」と思っています。


はじめは歩くことも、立ち上がることもできなかったのに、何度も転びながら立派に歩けるようになります。


机の上から落ちて大けがした赤ん坊は、空を鳥のように飛べると思っているのでしょう。


赤ん坊には失敗経験がないですから、何だってやってみるのです。   


IMGP1321



脳の中の「どうせ自分には無理」とかいった思いを消していくのです。


「過去が自分の未来を制限する。一流は過去にとらわれず、自分の望むように未来をつくっていく」。
 

20080818232837



そういった気持ちをもって試合に臨むことが一番大切に思います。



br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
春の全国、全日本少年春季大会の予選。


近畿、全国へと続く大会です。


今年は植村直己球場にて。


「植村直己ってだれ?」


って若者に聞かれました。


世界に誇る冒険家ですよ。


image




【兵庫県中学校新人野球大会】

会場 ; 植村直己記念スポーツ公園野球場


image



津名(淡路)ー玉津(神戸)

荒井(東播)ー夢が丘(但馬)

報徳(阪神)ー龍野東(西播)

書写(中播)ー市島(丹有)


image





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
やりましたー


優勝しましたー


って連絡をいただくと正直に嬉しいです。


image



悔しいとかの気持ちよりも、お世話になってる先生のチームや、いつも連絡をくれる先生のチームが勝ってくれるのは誇りに思えるくらいです。



明日は県大会抽選会。


もってる先生ばかりでしょうが、抽選からバシバシ戦いの火花散らしてください。


[阪神] 報徳学園
[神戸] 玉津
[東播] 荒井
[淡路] 津名
[中播] 書写
[西播] 龍野東
[丹有] 市島
[但馬] 夢が丘




image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
image


本日も快晴なり。



今日は中体連新人大会、東播地区大会の準決勝・決勝戦。



あとふたつ勝てば県大会です。



朝は5時半に目が覚め、気合い十分に球場入り。


image




ここまできたなら今日はてっぺんめざして。



選手たちも決戦を前にアラジンの魔法のランプスタジアム前にて記念撮影。


image



準決勝を前にして念入りなW-upとミーティング、サイキングアップ。


ミーティングでは、余計なことを考えず、緊張することなくやってきたことを出しきろうと話をしました。



そしていよいよ8時すぎには先発オーダーの発表。


image




「一番、トイレ掃除-あきぼー。



二番、アナウンス-だーしま。



三番、ボールボーイ-ゆーじとじょーじ。



四番、SBO-・・・ドンマイケル。




…大会役員、ホストとしていつも素晴らしい活躍を成し遂げるZENBO小僧たち。


image



毎回地元球場の開催であり、大会に出場していないチームが役員にあたるため、毎回の運営は手慣れたもの。



いつも大会委員長さんからはお褒めのお言葉をいただきます。


「君たちの素晴らしい仕事ぶりのお陰で、無事大会を終えることができたよ」



「次はホストではなく、大会で活躍してね」



「ありがとう」



image




頑張れ、Z to A への道。




image



優勝 ; 高砂市立荒井中学校

準優勝 ; 高砂市立鹿島中学校



image



第3位
明石市立二見中学校
加西市立北条中学校



image




ありがとうございました。



br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
我武者羅とか言われるのもそろそろ嫌気が差してきました。


全然我武者羅じゃないし、釈迦利氣に変えようかとも考えましたが、ZENBOと言えばUNDER ARMOUR!?



image




ARMOUR社とのコラボTシャツ完成。



image




心機一転。



原点回帰。



春に向かって気持ちはパッパカパー。



image





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
新人ZENBO戦士たちは、旧チームと打って変わってなかなかまとまりが悪いチームでして…。



いつも子供のような喧嘩をしています。


image




原因のひとつにリーダー不在が上げられます。
野球が上手い選手もいないし、運動能力の高い選手がいるわけでもない。
人数は少ないのになんでこんなに子供のレベルが低くなったんだろう…と時に心配になります。


image




しかし一番は、上に立つ者(リーダー)の夢や、夢の大きさ、理想とするものの明確さが影響しているのだと思います。




幕末の武士で、明治維新の精神的指導者である吉田松陰の思想や名言がスポーツの世界でもよく使われますが、


「諸君、狂いたまえ。」


という一風変わった言葉の裏には、やる以上は気が狂ったように打ち込めといった意味が込められています。


image




そして、松陰が残したコーチングでよく使われる言葉、



image




「夢なき者に理想なし、
理想なき者に計画なし、
計画なき者に実行なし、
実行なき者に成功なし。

故に、夢なき者に成功なし。」





この言葉からは、自分たちはこの先どうなりたいのかという夢や理想を持ちなさいといったことを言われています。



夏には…。


春には…。


1ヶ月後には…。


1週間後には…。



どこを目標にして、どんなことを達成したいのか。



原点にさかのぼり、夢や願望、目標や理想から成功までが点ではなく、線でつながっていけるように自分たちの理想とする道を描いていくことが大切だと思いますね。


image





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
今日はアウェー。




9割がホームで試合のため、久しぶりです。




強くなりたいなら、どんどん外に出るべきです。




本日ご無理をいって行かせていただいたNX中学校は、次こそ買うぞレクサスNX発祥の地。



image




ではなく、NM中学校は大学のような校舎がピッカピカ。



image




「先生、こんな綺麗な校舎あり得ないです…」



image




決してZ戦士たちは内弁慶ではありませんが、いろんな学校、いろんなグラウンドに足を運んで世界を広げていくことが強くなる秘訣。




image




さて試合の方は、


広|000000000000|0
神|000000000000|0


延長12回、引き分けでファイナルステージへ進出。



image




今日はタイガース能見、カープの大瀬良、抑えの呉昇桓が素晴らしかった。



image




プロ野球を面白くないと言う人もいますが、CSめっちゃ面白いと思いますけどね。
西岡やマートンのガッツポーズには痺れました。



image




あとはSoftBank優勝の裏で涙した伊藤光のオリックスに勝ってもらって嬉し涙を。



image




Z戦士たちも久しぶりにタイムリーなど、いい点の取り方がありましたが、全体的には駄目よーダメダメ。



image




涙の出ない野球をするな。



私はこちらで涙を流しました。



image



明日、払い戻しにいこ




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.






image

5
ノックボールが500球



image




マシン球が1200球、マシンが3台



image




Kボールが200球



image




ソフトボールが500球



image




サンドボールが150球



image




テニスボールが1000球



image




あとは穴あきとかプラスチックボールが室内用に500ほど。



image




自腹を切って買い揃えたボールも、数々のバッティング小道具やドリルはただの自慢と自己満足にすぎない(泣)。



image




理屈や口だけでは打てるようにはならないということです(笑)。



image




野球はピッチャーですが、得点がずっと0では勝てない。



image




懲りずに練習していますがなかなか打てない。



image




センスや能力だけで片付けないように。



image




まぁ春からやな。



image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

このページのトップヘ