我武者羅日記

5
【1回戦】

津名(淡路)5×-4 玉津(神戸)

荒井(東播)9-1 夢が丘(但馬)

報徳(阪神)3-1 龍野東(西播)

市島(丹有)4-2 書写(中播)


image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
image



週末は日本シリーズ。


チケット発売が本日の10時だったので、ネット購入をニートに依託していたのですが、さすがは阪神。


ネットも全く繋がらなくて、10分で完売だったようです。



ヤフオクでは11万円のバックネット裏ペアシートがあったりと試合前から白熱しています。


image



さて、さて全国KB大会を終えた浪速のイチローから。


「ひとつ勝てたし楽しかったです。
でもやっぱMAJORに出てもらわないと。
千葉の伊藤先生も日本一になったし。」


image



念願の全国で勝利をあげられてよかった。


トレカレにも顔を出してくれる伊藤ちゃんもおめでとうございます。


image



「最近、ブログサボりぎみじゃないですか?
何かあったんですか?」



色々とありました。



まず10月4日にお祖母ちゃんが亡くなりました。


94歳まで人生を全うした最後を見送りました。


image



それから左膝が腫れて痛かったので、ジョーブ博士にみてもらうと、半月板が損傷していました。


image




「格闘技ですか?」



「…は?」



「いえ、種目はアスリートですか?」



「いえ、まぁ…」



「どれくらい走ってるの?」



「多い日は、1日10劼らい…」



「近々マラソンの予定は?」



「出ません…」



「じゃあ何でそんなに走るの?」



「まぁ…

走るのが好きで…」



「自分の歳、考えようよ。
手術はいらないね。
水溜まってるの抜いておくよ…」



「…ありがとうございます…」


image



膝の痛みも翌日には癒やされる強靭な肉体。



皆様も自分の年と身体には十分留意して走り込みを行ってください。


image




中間テストも今日で終わり。



明日は全国に繋がる県大会。



うちは不参加ですが…。



チーム再編成で頑張ります。



いつも応援ありがとうございます。



br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

ここといった場面、一番邪魔するのが「メンタル」といわれる「心の問題」です。

その心の問題を引き出すには一つの方法しかありません。

それは、自分の心をコントロールできるようになる技術をつけること。

逆に言うとそれができない選手は、いくら練習しても絶体絶命のピンチを乗り越えることはできないと思います。

簡単に言えば、「ドキドキ」感をなくし、「ワクワク」感を感じられるようにトレーニングしていきます。


SP2013063099000016_-_-_CI0002



「活躍する選手」と「活躍しない選手」の差は、ピンチの時にはっきりと出ます。

例えばピンチの時に、活躍できない選手は、
 
「ああ、またダメだ」

「打たれたらどうしよう」

「また負ける」

と思います。
  

e0259663_1295975



逆に活躍する選手は、

「よっしゃ、面白い!このピンチをはねのけたら俺って相当格好良いぞ!」

と本気で思い、なぜかそれがその通りになるんです。


この部分が一番難しくて、いくらそう思っていても、日頃からトレーニングを積まなければ簡単にはできることではありません。


G20130818006439520_view
 


最近のトップアスリートたちの流行語は、

「ワクワクしています」

とか、

「試合を楽しんできます」

であって、


「緊張しています」

なんて論外、私たちが選手時代の「根性野球」も排除され、「エンジョイベースボール」でないといけないような風潮もあります。


img_32e89f166fd2a7c0bdcfd6637c7bf06744305




それにはまず、はっきりとした「夢」があることが大切で、

「夢は日ハムの大谷翔平選手のようになること」

と言いつつ、家で素振りやトレーニングもしないような選手はただの“おめでたい人”で、いい笑い者です。


その夢に対して自分の行動が伴っていることがうまくいくための一番の条件ではないでしょうか。


image

 

タイガー・ウッズの名言に、

『嫌なことは10歩歩けば忘れる』

といった言葉がありますが、一流と二流の違いは失敗やミスを忘れて、同じミスがフラッシュバックしない(よみがえらない)ことだとも言えます。


タイガーウッズ-ロブショット

 

普通の中学生の欠点は、脳も心もまだまだ子供過ぎて、自分の過去の失敗経験や「できない」といった否定的なことが残りすぎているのだと思います。


赤ん坊は「何だってできる」と思っています。


はじめは歩くことも、立ち上がることもできなかったのに、何度も転びながら立派に歩けるようになります。


机の上から落ちて大けがした赤ん坊は、空を鳥のように飛べると思っているのでしょう。


赤ん坊には失敗経験がないですから、何だってやってみるのです。   


IMGP1321



脳の中の「どうせ自分には無理」とかいった思いを消していくのです。


「過去が自分の未来を制限する。一流は過去にとらわれず、自分の望むように未来をつくっていく」。
 

20080818232837



そういった気持ちをもって試合に臨むことが一番大切に思います。



br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
春の全国、全日本少年春季大会の予選。


近畿、全国へと続く大会です。


今年は植村直己球場にて。


「植村直己ってだれ?」


って若者に聞かれました。


世界に誇る冒険家ですよ。


image




【兵庫県中学校新人野球大会】

会場 ; 植村直己記念スポーツ公園野球場


image



津名(淡路)ー玉津(神戸)

荒井(東播)ー夢が丘(但馬)

報徳(阪神)ー龍野東(西播)

書写(中播)ー市島(丹有)


image





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
やりましたー


優勝しましたー


って連絡をいただくと正直に嬉しいです。


image



悔しいとかの気持ちよりも、お世話になってる先生のチームや、いつも連絡をくれる先生のチームが勝ってくれるのは誇りに思えるくらいです。



明日は県大会抽選会。


もってる先生ばかりでしょうが、抽選からバシバシ戦いの火花散らしてください。


[阪神] 報徳学園
[神戸] 玉津
[東播] 荒井
[淡路] 津名
[中播] 書写
[西播] 龍野東
[丹有] 市島
[但馬] 夢が丘




image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
image


本日も快晴なり。



今日は中体連新人大会、東播地区大会の準決勝・決勝戦。



あとふたつ勝てば県大会です。



朝は5時半に目が覚め、気合い十分に球場入り。


image




ここまできたなら今日はてっぺんめざして。



選手たちも決戦を前にアラジンの魔法のランプスタジアム前にて記念撮影。


image



準決勝を前にして念入りなW-upとミーティング、サイキングアップ。


ミーティングでは、余計なことを考えず、緊張することなくやってきたことを出しきろうと話をしました。



そしていよいよ8時すぎには先発オーダーの発表。


image




「一番、トイレ掃除-あきぼー。



二番、アナウンス-だーしま。



三番、ボールボーイ-ゆーじとじょーじ。



四番、SBO-・・・ドンマイケル。




…大会役員、ホストとしていつも素晴らしい活躍を成し遂げるZENBO小僧たち。


image



毎回地元球場の開催であり、大会に出場していないチームが役員にあたるため、毎回の運営は手慣れたもの。



いつも大会委員長さんからはお褒めのお言葉をいただきます。


「君たちの素晴らしい仕事ぶりのお陰で、無事大会を終えることができたよ」



「次はホストではなく、大会で活躍してね」



「ありがとう」



image




頑張れ、Z to A への道。




image



優勝 ; 高砂市立荒井中学校

準優勝 ; 高砂市立鹿島中学校



image



第3位
明石市立二見中学校
加西市立北条中学校



image




ありがとうございました。



br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
我武者羅とか言われるのもそろそろ嫌気が差してきました。


全然我武者羅じゃないし、釈迦利氣に変えようかとも考えましたが、ZENBOと言えばUNDER ARMOUR!?



image




ARMOUR社とのコラボTシャツ完成。



image




心機一転。



原点回帰。



春に向かって気持ちはパッパカパー。



image





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
新人ZENBO戦士たちは、旧チームと打って変わってなかなかまとまりが悪いチームでして…。



いつも子供のような喧嘩をしています。


image




原因のひとつにリーダー不在が上げられます。
野球が上手い選手もいないし、運動能力の高い選手がいるわけでもない。
人数は少ないのになんでこんなに子供のレベルが低くなったんだろう…と時に心配になります。


image




しかし一番は、上に立つ者(リーダー)の夢や、夢の大きさ、理想とするものの明確さが影響しているのだと思います。




幕末の武士で、明治維新の精神的指導者である吉田松陰の思想や名言がスポーツの世界でもよく使われますが、


「諸君、狂いたまえ。」


という一風変わった言葉の裏には、やる以上は気が狂ったように打ち込めといった意味が込められています。


image




そして、松陰が残したコーチングでよく使われる言葉、



image




「夢なき者に理想なし、
理想なき者に計画なし、
計画なき者に実行なし、
実行なき者に成功なし。

故に、夢なき者に成功なし。」





この言葉からは、自分たちはこの先どうなりたいのかという夢や理想を持ちなさいといったことを言われています。



夏には…。


春には…。


1ヶ月後には…。


1週間後には…。



どこを目標にして、どんなことを達成したいのか。



原点にさかのぼり、夢や願望、目標や理想から成功までが点ではなく、線でつながっていけるように自分たちの理想とする道を描いていくことが大切だと思いますね。


image





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
今日はアウェー。




9割がホームで試合のため、久しぶりです。




強くなりたいなら、どんどん外に出るべきです。




本日ご無理をいって行かせていただいたNX中学校は、次こそ買うぞレクサスNX発祥の地。



image




ではなく、NM中学校は大学のような校舎がピッカピカ。



image




「先生、こんな綺麗な校舎あり得ないです…」



image




決してZ戦士たちは内弁慶ではありませんが、いろんな学校、いろんなグラウンドに足を運んで世界を広げていくことが強くなる秘訣。




image




さて試合の方は、


広|000000000000|0
神|000000000000|0


延長12回、引き分けでファイナルステージへ進出。



image




今日はタイガース能見、カープの大瀬良、抑えの呉昇桓が素晴らしかった。



image




プロ野球を面白くないと言う人もいますが、CSめっちゃ面白いと思いますけどね。
西岡やマートンのガッツポーズには痺れました。



image




あとはSoftBank優勝の裏で涙した伊藤光のオリックスに勝ってもらって嬉し涙を。



image




Z戦士たちも久しぶりにタイムリーなど、いい点の取り方がありましたが、全体的には駄目よーダメダメ。



image




涙の出ない野球をするな。



私はこちらで涙を流しました。



image



明日、払い戻しにいこ




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.






image

5
ノックボールが500球



image




マシン球が1200球、マシンが3台



image




Kボールが200球



image




ソフトボールが500球



image




サンドボールが150球



image




テニスボールが1000球



image




あとは穴あきとかプラスチックボールが室内用に500ほど。



image




自腹を切って買い揃えたボールも、数々のバッティング小道具やドリルはただの自慢と自己満足にすぎない(泣)。



image




理屈や口だけでは打てるようにはならないということです(笑)。



image




野球はピッチャーですが、得点がずっと0では勝てない。



image




懲りずに練習していますがなかなか打てない。



image




センスや能力だけで片付けないように。



image




まぁ春からやな。



image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
初代軽トラがエンジントラブルから故障。



image




グラウンド精美を愛車AUDIでやっていると、


「なんて贅沢なグラウンドだ…」


とびっくりされました。



image




「廃車あるんで用意しましょかー」


って、いつも支えてくださる保護者のMさんちゅう様のお陰で2代目精美j-SOUL Brothers。



image




さっそく持ってきてくださいました。




image




誠の心でグラウンドを美しく誠美していきます。



image




いろんな方々の支えのお陰で素晴らしいパワースポットがさらにパワーアップしていきます。



image




本当にありがとうございます。



image




感謝。



image






br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.








5
このチームになって毎日欠かさなかった野球日記をやめました。



夏からは部員同士が思いを順番に書き綴っていく回しノート的な「心のノート」に取り組んでいます。


image




いままでの日記は監督と選手のコミュニケーション的な部分が多かったのですが、心のノートにしてからは、部員への思いや気持ちも読むことができて今までとはま違った効果も出ると思います。



学年で回しているので、ひとりひとりにメッセージを書く選手や、その日記に対して意見を述べたり膨らませたり。



image




自分達の目標や気持ちの温度差、叱咤激励など、これから先チームをスモールステップさせていく上で楽しみな内容も多いです。



こちらが読んでコメントを書くのもいいですが、選手たち同士で意識しあえるのもなかなかいいですよ。



image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
野球の基本であるキャッチボールを一生懸命しないので、野球が上達しない。



攻撃の基本であるダッシュを一生懸命やらないから足が速くならない。



じゃあやり方を変えないと。



キャッチボールは4ヶ所ボール回し10周。



image




ありきたりですが4人で1分のタイム計測。



image



タイムをオーバーした回数をもも上げジャンプとか。


1分15秒なら15回のペナルティ。


走る方はというとやっぱりリレーや鬼ごっこなど遊びの要素を盛り込んだ方が足が速くなることは実証済み。



image




練習の最後にはチームを決めてのベーランリレーを行います。



image




1位チームには道具の片付けやグラウンド誠美ができる権利がプレゼントされる男気リレー対決。



image





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
MAJOR HYOGO のテーマ
feat.チーム泉州




MAJOR HYOGO2011