我武者羅日記

IMG_3233




1、これだと思ったことは、他人ではなく、自分で決める 


2、途中で曲げることなく、最後までやり続ける 


3、どんな事も、いつもいつでも楽しんでいる


4、周りに人が集まってきて、助けてくれる 


5、プラスの言葉を発信し、明るくて元気が良い 


6、嘘をつかない、言い訳しない、他人の悪口を言わない 


7、魔法の言葉「ありがとう」「おかげさま」をよく使う 


8、自信ある態度、姿勢、心で臨む 


9、夢や目標が大きい


10、今の自分に満足していない

(ともに学ぼうvol.11)





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.



5
IMG_4090



2014年、1-4で負けた相手コロンビアに勝利。



FIFA世界ランキングではコロンビアが16位、日本は61位。



「初戦が一番大事とみんなで言いあって」



「最初から運も呼びこめて」



「最後は倒れそうなくらい心拍数も上がって」



ほんまによく勝ったな。



新たな歴史は刻まれた。日本は凄い!





IMG_4091







br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

1
IMG_4124




今日は土曜参観の振替休業日だったのですが、テストを作りに学校へ。



すると7時58分に携帯の緊急アラームが。



車の中だったのであまり深く感じませんでしたが、東日本大震災を思い出させる報道でした。



南海トラフとか、大阪大地震だとか。



身内にも、知り合いにも、被害はありませんでしたが、いろんな方から大丈夫ですか?と連絡をいただきました。



気にかけてくださったり、一本の連絡にも感謝しないと。



ありがとうございます。







br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

5

「ほんもの」と「ニセモノ」は

 

見えないところのあり方で決まる

 

それなのに

 

「ニセモノ」に限って

  

見えるところばかりを気にして飾り、


ますます


「ほんとうのニセモノ」になっていく


(東井義雄 )



IMG_4081







br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.



5
IMG_4072



「これを使って打てるようになった」
って口コミはたくさんあります。
しかしそれは、使用した選手や指導者の所感、あくまで小道具ですから。



最近はネットやメディアで野球の練習法を探せばいくらでも出てくるし、10年前と同じことをやっていても進歩しません。



「道具を与えて、これを振っておけ」
では選手は伸びません。



FullSizeRender



新しいことを取り入れて、それを指導者が落とし込んで選手に伝えていく。




この練習はなぜいいのかと聞かれた時に、選手もストンと落ちるようなわかりやすい説明をしていく。



そうすればその練習は続くだろうし、続いていけば本物の力になると思います。




IMG_4074




練習の内容だけではなく、伸びる選手には必ず共通していること。




本物は続く。
続けていけば、本物になる。





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
7月にアメリカとオランダで開かれる大学野球選手権大会の日本代表。


FullSizeRender



ドラフト上位指名が確実の、松本航(兵庫県朝来市・梁瀬中ーMAJORー明石商ー日体大)と、甲斐野(兵庫県西脇市・黒田庄中ーMAJORー東洋大姫路ー東洋大)が大学日本代表、侍ジャパンに選ばれています。




IMG_4070



「お前が育てたんじゃねーだろ」

とか言われても困るんで、誤解の無いように言っておきます。


私が育てたんじゃありません(笑)。


でも、MAJOR HYOGO のメンバーたちは、いつもMAJOR HYOGOを誇りに思ってくれています。



面倒くさいと思いますよ。


松本と甲斐野は中学生の時に同じチームメイトだったけど、中学校の所属チームも違うし、兵庫県選抜とも違う。じゃあ何なん?って。



だからインタビューを受けてもMAJOR HYOGOだって言ってもわからないから、MAJOR HYOGO だすって誤魔化しているそうです笑笑



今年は11期生になります。



頑張ってやりますよ。



運命に導かれる選手たちの準備はよろしいですか?



詳しくはまた。




IMG_4071






 
br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
部活動指導の現場のあり方が大きく変わる2020年。




「平日2時間、休日3時間の練習、そして、平日1日、土日1日の休養を必ず設けること」




この2学期にはマニュアル化されて、どこの市も例外なくやっていくことになります。




原則とか、試合は除くとか、今までのようなグレーな部分はなくなり、法律としてやりきらねばならない訳です。




「情熱ある指導」が「行き過ぎた指導」と言われる時代。




2012年の桜宮高校から先日の日大アメフト部まで、日本の部活動の在り方を何年も検討されてきた結果の大改革。




日本の教育の文化のひとつである部活動が、この先どうなるのか非常に楽しみです。




本日は、週に一度お越し頂いているMr.Nakatsuのトレーニングの日。




IMG_4046




週5日の練習のうち、1日をトレーナーに預けるので、野球の練習は4日ですが、メキメキ上達していると思います。




選手たちの学ぼうとする意欲が直接成果となって現れてくるのが、コーディネーションであり、股関節の動きや可動域を広げだり、怪我の防止につながるトレーニングなのです。




IMG_4049




とにかく練習内容の精選。




トレーニングからの野球をパーツに分けた練習で。




野球はチームという名の個人プレーの集結。



 
br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
IMG_4033




練習時間が短い短いと言っていても仕方がないので、バッティング練習も削除できるものは削除。



マシンにしろ、フリーバッティングにしろ、ボール集めが大変で時間がかかるのと、ボール拾いはもったいないので、ロングティーと対面にはノックでボールを返す。




IMG_4034




ロングティーも二人組はもったいないのでティースタンドを使って打ちます。



ティースタンドが数あることはかなり便利。




IMG_4039




時間短縮のために体操服でも数打てればいい。








 
br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
IMG_4041



『輝け甲子園の星』復刊記念〜 43年の歴史ある高校野球のバイブルをもう一度!〜





今年は100回記念大会。





その記事の他に、中学野球特集がございまして。





5年後に甲子園を沸かせる選手。




IMG_4043






6月15日発売だす。










AmazonへGo‼️





 
br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.




沢山の方に「ともに学ぼう」を読んでもらってます。



いつも感想をくださる方、わざわざお礼の連絡をいただく方、勝手に流用してくださる方、音沙汰も何もない方、みなさんにありがとうございます。




このブログもそうですが、既読はつきませんから、メールしても届いているのか、読んでもらっているのか、わからないのがいいところでもあり、勿体ないところであります。



学ぶ姿勢は大切です。


襟を正していきましょう。



明日は第10号を発行させていただきます。




IMG_4045






最近、時間もないのによく本を読みます。




一番面白かったのは、ズバリ「教職研修」ですね




ちょっとだけわかるようになりました(笑)







いや、客観的に見ても面白い雑誌です。




実際の現場の話ばかりなんで、勉強になります。





さておき、



「前祝いの法則」が発売されました。




前祝いの法則
ひすいこたろう
2018-06-08





これもかなり面白いっス。





IMG_4044






br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

IMG_3977

どの子も子どもは星          東井 義雄

どの子も子どもは星
みんな それぞれがそれぞれの光をいだいてまばたきしている
ぼくの光を見てくださいとまばたきしているわたしの光も見てくださいとまばたきしている 光を見てやろう まばたきに応えてやろう光を見てもらえないと子どもの星は光を消す まばたきをやめる まばたきをやめてしまおうとしはじめている星はないか 光を消してしまおうとしている星はないか光を見てやろう まばたきに応えてやろう 
そして
やんちゃ者からはやんちゃ者の光 おとなしい子からはおとなしい子の光気のはやい子からは気のはやい子の光 ゆっくり屋さんからはゆっくり屋さんの光男の子からは男の子の光 女の子からは女の子の光天いっぱいに 子どもの星を かがやかせよう


ほめる と 喜ぶ

一般財団法人日本ほめる達人協会は、相手にはまず、3S(「すごい」「さすが」「すばらしい」) の言葉を投げかけることがほめるコツだと言います。

今週の道徳の研究授業では、毎晩のように学年、道徳部会でプレ授業 が行われました。そのキーワードもやはり、問い返しの言葉で、「すてき」(4S)といった言葉を使おうなんて話も 出ていました。

そして、2年生では道徳のローテーション授業(違ったクラスの担任の道徳授業)で、隣のクラス担任が号外学級通信を授業をしたクラスにむけて書き、
「楽しい道徳の時間をありがとう」
「みんなと授業ができて嬉しかっ た」
と喜びの言葉をたくさん書きました。

ほめるとき、喜ぶときに大切なのは「I(アイ)メッセージ」で、自 分の気持ちで会話をすることです。
「YOU(ユー)メッセージ」ではマイナスの言葉が多くなりがちだからですね。



IMG_3978



大切にしたい3つの目

教育実習の指導も今日で終わりました。
仕事量も増え、学習規律や授業にも影響が出たりしますが、自分自身 の指導の振り返りや、授業力を向上させる貴重な時間でした。

実習の先生の授業を見ていると、「鳥の目」 (高いところから全体像を把握する)・「虫の目」(地に面した低い位置から足元を見つめ直す)「魚の目」 (目には見えない川の流れを感じ取る)の3つの視点を同時に見ていくことが重要に思いました。

「木を見て森を見ず、森を見て木を見ず」
の言葉があるように、細かい部分、全体そして時代の流れ、事象を多目的に観 て、深く観て、遠くを観て、近くを見ることによって、誤りなき結果を得ることができるのだと思います。



IMG_3975






br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.


5
IMG_3971




雑草魂とか、何だか最近は無縁になってきたと思いきや。




グラウンドの土が息を吹き返しました。




整備には魂込めて。




技術も大事だし、勝つことも大事。




IMG_3973




でも、やっぱりグラウンドは綺麗でないと。




雑草がまいったっていうような、整備の行き届いたグラウンドにしよう。




使えば使うほど、グラウンドは息を吹き返す。




IMG_3957






br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

IMG_3938




休日の練習密度の濃さを半端ないものにするために



集合時間はリズムを変えないため平日と同じ時間



試合準備をして、W-upをじっくり



試合前のノックは雰囲気重視で



ユニフォームを心地よく汚して戦闘開始



午前中2試合、昼から1試合の計3試合



ピッチャー7人がシフトで動く



試合中も誰からともなくP.P.走10本



チームのサポートしながらずっとバットを振る習慣を



試合中は技術の向上をひたすら考える



ミーティングの鉄則は短く、わかりやすく



ミスしたことをグチグチ言わない



試合後は勝った負けた関係なく振り返りのラントレ



それを楽しく



トップダウンにならず



「お前たちならできる」



練習密度に拘りやっていく




IMG_3936







br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.






5
IMG_3940




時間は貯金や繰り越しはできませんから、いかに能率よく練習を進めていけるか。



削れるものは削って、やるべきことに優先順位をつけて練習を始めていこうと改革しています。



IMG_3933




練習のスタートはブリッジと倒立。
それが終われば鉄棒とコーディネーショントレーニング。


バッティングもタイミングとコツを掴む練習。



IMG_3932



16時15分までに着替えて練習を開始するように!
なんてトップダウンな時もありましたが、全体w-upや、揃うのを待っての一斉練習はやめました。



SHR(終わりの会)がどうしても長引くこともあるし、学年クラスによって差があることは仕方がない。



ただし、下校は18時。



校区が広く、17時半の路線バスで帰る生徒もいる。




練習内容の精選と能率化はこれからの現場の課題。




そんなテーマを研究しています。





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
IMG_3902



今週発売されたvol.19の巻頭記事に、ギータの特集が載ってました。



広島経済大学ののびのびしたチームカラーが嵌り、花開いた柳田選手の生き様から学ぶことはたくさんありました。



〃覯未魘欧譴困法屬気△海ぁ」と攻めの姿勢でプレーする


厳しかった野球部の練習に耐える


自分にとっての「いいスイング」をしないとホームランは生まれない


ぜ分の武器を磨くための方法を工夫してあみ出す


グいイメージを消して、いいイメージを思い描く



FullSizeRender




「大阪桐蔭で野球をやるということ」


「高知中学校が勝てる7つの理由」


「監督たちの足跡」  「ボトムアップ理論」


など、超面白い記事が満載でしたが、驚いたのは最後のページ。



IMG_3909


次号を予約すれば50%OFFキャンペーン⁉️


https://www.fujisan.co.jp/product/1281700938/new/











br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

本日はリーダーについて。


二流のリーダーは、部下に「なんでも言えよ」と言えば、 「部下がなんでも言えるシステムをつくった」と勘違いします。



あたかも「俺は後輩から慕われる、気兼ねなく話の出来る兄貴分だ」と勘違いしてしまいます。



部下は、そんなに簡単に上司に何でも言えません。



大切なことは、「遠慮なくなんでも言える空気をつくること」なんです。



上司は、部下が何も言ってこなければ、 部下は別に不満がないんだと思い込んでいます。



不満を持っているのに言えない部下たちは、ますますストレスがたまります。



日本人の感性としては、 上司にものを言うだけで、かなりのストレスを感じます。



いろいろなことに気を使うので、 飛び越える人にもストレスはかかります。



飛び越えたときは、かなり不満がたまった状態です。



たまりにたまったものがとうとうあふれ出て、やっと不満の言葉が出るのです。

★中谷彰宏氏『人を動かせる人の50の小さな習慣』より



IMG_3905



選手が監督に、選手がキャプテンに


控えがレギュラーに、下級生が上級生に


言いたいことなんてなかなか言えるものではありません。



しかしそれではチームとしても、選手としても成長はスローペース。



言いにくいことも、言いあえる雰囲気がなければいけません。



香田誉士史監督が率いていた駒大苫小牧は、 グランド内では、学年関係なく下の名前で呼び合っていました。



だから強かったんだと思います。



田中将大投手は、1年生のときから、 3年生に向かってダメだしっぽいことをズバズバ言っていたことは有名な話です。



立場や学年が下の選手から言われても、しっかり受け入れる。
自分がダメなことを理解し、改善するきっかけをくれたと前向きにとらえる。



IMG_3906



今のこの時代に、下級生がグラウンド整備や荷物持ちをする。



練習の準備や、道具を運ぶのは下級生。



休日のグラウンドには3年生が来るのが一番遅い。



試合に出るのは先輩優先。




こういった悪しき伝統を理解させるところからスタートしました。



誰もがチームの一員。




そのひとことや行動でチームがよくなれば、誰が言おうと関係ない。



いつも適当にダラダラやってる人が、自分のことを棚に上げて言うのも結構。



その一言で、「自分は情けない」と思わせる雰囲気も作れるはずです。





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.


5
 Can do リスト 20  (ともに学ぼう 第7号)
〜 大人としての仕事とは、あたり前のことをあたり前にできるということ〜


IMG_3815


□ 自分から進んで挨拶ができる 
→ 相手より先に気持ちのいい挨拶を


□ 保護者や、同僚の先生たちとコミュニケーションがとれる 
→ 大人としての会話ができているか


□ 自分の思いや考えをまとめ、語尾まできちんと話せる 
→ 滑舌良い大きな声でハキハキと


□ 相手の話をじっくりと聞き、場合によっては質問することができる 
→ 誰でも受け入れる能力があるか


□ 仲間と協力して仕事を進めることができる 
→ 社会はチームで動く


□ 時間を守り、締め切りしを守り、嘘をつかずに、約束を守ることができる 
→ 時を守り、場を清め、礼を正す


□ 優先順位をつけて、スケジュール管理ができる 
→ タイムマネジメント


□ コピーや印刷物、パソコンからプリントアウトしたものをそのまま放置しない 
→ 個人情報がそのままとかあり得ない


□ プリンターや印刷機がエラー、用紙詰まり、不具合が出たら自分で直すことができる 
→ ほったらかしでピーピー鳴ってます


□ 印刷後、残りの用紙をそのままにせず、元の場所に戻すことができる 
→ 次に使用する人が気持ち良く使えるように


□ 次に使用する人のために、コピーの拡大縮小をリセットすることができる 
→ 用紙サイズミスで困った人多数います


□ シュレッダーゴミやゴミはできるだけ出さないようにしている 
→ だれがゴミの後始末をしているのか知っていますか?


□ 裁断機の歯を下ろし、印刷後の汚れを拭き、ラミネートを片付けることができる  
→ 次に使う人が安心して使えるように



□ 給食の食べかすに気づき、廊下にゴミが落ちていたら拾うことができる 
→ ごみを拾える大人に



□ 借りたら返し、壊したら直し、開けたら閉めることができる 
→ 学校現場のずさんなところ



□ 文章の内容の確認を怠らず、書類のミスは少なく、机上の整理(整理能力)ができる 
→ 性格を見つめる



□ 教室の環境整備(掲示物、花瓶の花)に努めることができる
 → キレイ好きかそうでないか



□ 報連相(報告・連絡・相談)と、確連報(確認・連絡・報告)を徹底できる 
→ ひとりで抱え込まない



□ 出勤したら出勤印を押し、メールを確認し、職朝メモや配布物にも必ず目を通すことができる
 → 情報の共有と組織のあり方



□ 断捨離(断つ、捨てる、離れる)ができる 
→ 新しいものを吸収するために心のスペースをつくる




IMG_3812



br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.




5
2013年に、長野県の教育委員会が、
「原則、朝練習の禁止」
の方針案を出し、波紋をよびました。



そして今日、茨城県の教育委員会も、「原則朝練習禁止」の通達を出しました。



理由は、
「睡眠不足により、授業に支障が出て、成績が低下。
食事と睡眠、生活リズムを考慮して朝練を行わない」

といったものでした。




IMG_3803





果たしてこの理由の全てが、「朝練」にあるかどうかはわかりません。




ただ、朝練をしたから成績が下がったってことを言い始めるとキリがないんじゃないかなと思います。




睡眠をしっかりとって、朝の時間に余裕をもって、食事して登校するなんてことは当たり前のことであって、夜遅くまでゲームや携帯、youtubeを見ている方が問題です。




だからこそ朝練習を行うなら、明確な理由と、充実した内容が必要ですね。




IMG_3805




朝練の効果としては、

起床後にはテストステロンという筋肉増強に欠かせないホルモンの分泌量が多く、ストレスを感じるとテストステロンは減少してしまうため、朝一に運動をすることで最大限活かすことができると言われています。


朝は血中のインスリン濃度が低いため、脂肪燃焼効果が高くなります。



早寝早起きの生活リズムを作ることができ、睡眠の質の向上にもつながり、疲労やトレーニングで損傷した筋肉の回復にも役立ちます。



 運動後に行う活動では集中力が高まり、気分的にも汗を流すことでスッキリとした目覚めになり、フレッシュな気分で授業が受けられると言われます。



朝に筋肉を動かし、血流を促進させることは新陳代謝が活発な身体になり、1日代謝の良い状態を作ることができます。




うちのプログラムは、2キロラントレ、グラウンド整備、バッティングとバント・全員ティー10×10setで約1時間。



必ずこちらも指導について、有意義な時間と充実感を求めて行っています。



もちろん、通学範囲が広いのでマイナス要素もありますが、必ず必要なものだと感じられる内容に努めていきます。








br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

4
IMG_3787



《 1回戦 》

有田フェニックス(和歌山県)3ー2 白鳳中学校(奈良県)

兵庫中学校(兵庫県)8ー6 甲賀セントラル(滋賀県)



《 近畿代表決定戦 》
壬生ライガー(京都府) 6ー5 門真ビックドリームス(大阪府)

兵庫中学校(兵庫県) 8ー1 有田フェニックス(和歌山県)



勝者2チームは、8月全日本少年軟式野球大会☆ハマスタへ出場します。








br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
IMG_3753



変則ダブル(ホームゲーム)での時間の使い方が無駄なので、1試合目と3試合目の間は3班のローテーションを行います。




A班がバッティング、B班がノック、C班がゲームホスト。
これを2イニング半でローテーションしていけば、ホストもトレーニングもできて、お招きするチームにも失礼に当たらない。




多くのチームのパターンとして、1試合目が終われば整備して、審判、ホスト、お弁当食べて選手たちで動くみたいな感じですが、2試合目のあと、相手チームにも食事をとってもらいますから時間は空きます。




その時間にアップをやり直して、引き締めて、大会と同じように臨むというのも一理ありますが、練習試合はあくまで練習試合。



今のチームに必要な情報の収集です。




IMG_3711





まず投手は誰が計算できるのか。

→ 試合のリズムとテンポ。制球力。夏を任せる体力と知力。夏は最低でも計算できる投手が3人。




攻撃力はどうか。

→ 誰を2番に据えるのか。
やはり打線のキーマンは2番。打力と守備力のバランスをどう考えるか。



守りはどうなのか?

→ 得点に絡むのは三塁手の守備力。捕手を要としたセンターラインというが、ポイントさえずれなければ。



走塁、機動力、小技は?

→ 得点能力が低い場合は特に走塁に重点を置く。
盗塁のサインは出さない。全球盗塁の意識を持たせる。走塁の意識が低い選手には特に厳しく。



ベンチの動き、野球を見る目は?

→ ベンチメンバー全てが試合に出ている選手と同じ意識。ランナーコーチは10番、11番の次に出るべき選手。時間があればバットを振る、ラントレを行う。




IMG_3627




いろんなことを客観的に分析しながらチームを仕上げていきます。




あと少し。





かなり意識改革はできてきました。












br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

初夏の爽やかな天気。




ずーっとこんな夏だったらいいのにね。



IMG_3632





今日はホームに2チームをお招きしての変則ダブル。




変則ダブルってのは、2試合するんだけど、1試合目と3試合目ってやつです。




おまけに3試合目のあとにはもう1試合、紅白戦をやりますからなかなかタイトな1日になります。




IMG_3738





内容はどんどん良くなっているんですが、緩さというか、勝ち負けにこだわらないムードは変わりません。



…というか、変えないでいいと思えるようになりました。



「みんなが目を輝かせて、生き生きと野球を楽しんでいる」



限られた時間の中でいろんなことを教えながら、レベルアップを目指します。




試合の方は、1-2、2-1の接戦。




それより3試合目の紅白戦は、11-10の乱打戦。



選手からのリクエストで。時間を1時間延長してやりきりました。




これが一番素晴らしい成長の証。





IMG_3782







br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

5

IMG_3625




まだまだこれからですが、まずは環境整美からしないと。





グラウンドの土もまだまだ元気がない。





使い込んだ土には、張りがある。





顔色、いや、土色がよい。





まずはレーキで土に空気を含ませて蘇らせよう。





IMG_3623






朝練も午後練も2キロラントレから始まり、ボトムアップ。





しかしまだ、頑張り続けるといった域には達せていない。




続かないと強くはならん。





IMG_3616





草が生え過ぎたグラウンド。




大地の息吹を感じるグラウンドには、夢と希望と沢山のボールが落ちている。








IMG_3622










br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
IMG_3620




ピッチング同様、体重移動や下半身の使い方までを意識させるために、昔はブロックを使ってのバッティング練習をよくやっていました。




ブロックひとつで沢山の練習ができるし、ピッチングとバッティングの連動性なども分かることが出来ました。




IMG_3610




最近は、こういった小道具を使うよりも、いかにして自分のスイングを高めることができるか。
 



いかにして最高のパフォーマンスを発揮することができるのかを考えています。





強くボールを叩く。



スイングスピードを速く。



ボールを乗せて運ぶ。




IMG_3619




目指せギータ。







br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
66A2BA07-B7F2-43DE-9E8D-5E229552752C



「喜ぶ」ということと、「褒める」ということ 

いきなりですが問題です。
先日の数学の研究授業で「点字」の学習をした次の日に、生徒が一冊のノートを持ってきました。
そのノートは小学校4年生の時の自由研究のもので、写真や資料などを使って、ぎっしりと点字についてまとめられたものでした。
あなたならそのノートを見てどのような反応をしますか?                 

 屬覆鵑函⊂学生の頃から、点字のことを勉強していたのか!すごいな!また今度教えてな!」   


◆嵋榲にすごいな!授業を受けて持ってきてくれたのか!自由研究でよくここまで調べたな!」

                  
「ありがとう!わざわざ持ってきてくれたんだね!こんな大切なものを見せてくれて本当に嬉しいよ!」    


どれが正解で、どれが間違いといった話ではなく、教師の『褒める』といった行為と、『喜ぶ』といった行為によって、生徒の伸びしろは変わるといった話です。
「褒める」ことはやる気を生み出し、さらに学力が向上すると言われています。ピグマリオン効果という言葉を聞いたことがあると思いますが、人は周囲から期待されると、期待されないよりも効果を出すことができます。


しかしその褒めること以上に効果があると言われているのが、受け取った側が「喜ぶ」といった行為だそうです。

アドラーの名言に「よくできたね」と褒めるのではない。「ありがとう。本当に感動したよ。」と喜びと感謝の気持ちを伝えるのだ。感謝される喜びを体験することができれば、自ら進んで貢献を繰り返すようになる。
                                    
ここぞという時に、ともに喜びと感動を分かち合う姿を、我々教師が見せることができれば、もっともっと頑張ろうといった生徒の感情が生まれてくるのですね。  
 


25C1996E-FF57-4032-AEEC-5592B28EE004




2020年になくなる仕事 

少し前になりますが、週刊現代が経済や産業の専門家にアンケートを実施し、『2020年になくなる仕事』の記事を掲載しました。

「なくなる仕事」の中には、“レンタルビデオ”や“ガソリンスタンドの店員”とか、“新聞配達員“など、なるほどそうかもしれないと思えるほかに、「教員」をなくなる仕事と取り上げていました。


その理由として、『小中高の廃校が続く中で、知識の伝達しかできない教員は生き残れない』という点を挙げており、「高校生までの知識は一つのメモリーとしてまとめられ、検索すればすぐに知識が得られる時代になる」とありました。


こうした時代の中、いま改めて「学校は何をするところか」「学校でつけさせるべき力とは何なのか」を我々教師が本気で考え直す必要があると思います。                          

人工知能(AI)が進化して、将来的に現存する67%の職業がなくなるともいわれています。裏返すと人工知能(AI)の進化で、より人間の強みが明らかになる仕事が求められるのです。


人間の強みとは、「情」であり、「感性」が鋭く、「予期せぬ判断」ができ、「相手や状況に応じた対応」ができる、要するにAIには負けない「コミュニケーション能力」をもった、人らしい感性が大切なのですね





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
IMG_3579




ゆうすけ監督チルドレンSoftBank岡本の応援に行ってきました。





IMG_3585





立ち上がりはヒヤリとしましたが、4イニングを無失点。





初甲子園ですごいね。




阪神は超悔しい敗戦。





メッセンジャーもやっぱすごいわ。




鳥谷様、ホンマにお疲れ様。





IMG_3589








br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
倉庫を掃除していたら出てきました第2弾。




IMG_3564




ガラクタも捨てられない性分なんで。




これが、




IMG_3577




こうなって、




IMG_3576





こうなりました。









トクサンTVで紹介していただきましたけど、やっぱり一番思い入れが強い、IK時代の巻きつきバットがいいですね。




IMG_3578



もちろん、生まれつきの能力の問題も

まったく無視はできない。

それでもやはり、

これはおまけみたいなものだ。

絶え間なく、粘り強く努力する。

これこそ何よりも重要な資質であり、

成功の要といえる。


トーマス・エジソン








br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
IMG_3521




今日は南港中央野球場へ大学野球観戦。



昨日の夜もKZ先生から、「息子の追っかけ」とお寺巡りの話が出ていました。



自分の子どもを後回しにして、部活をやってきただけに、今からでも出来ることをと、昨年は練習試合に飛び回りました。



今度は大学野球に舞台を移して、時間を作って応援にいきます。




IMG_3539




阪神リーグは今日が春季リーグの閉会式。




MAJOR4期生の萩野が主将を務める天理大学が3連覇。




最優秀投手には6期生の武次(関西国際大学)が受賞。




みんな頑張ってるなー!




IMG_3542





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
IMG_3560




「ちゃんと寝てます?」



高校時代から言われ続けてきたコトバ。




夜に寝る時間はあまり覚えていません。





何時に寝ようって決めたことないのと、記憶がなくなっていくので(笑)。




でも毎朝起きるのはもう10年以上、いや、もっとかな? 




5時55分に365日目が覚めます。





理由は…




ただ単に語呂がいいから笑。




フィーバー。





今日の日記は、一日24時間の時間の使い方。




やはり朝は5時55分に目が覚めました。





7時に学校に行って、7時15分に大会会場へ。





今日は市内の陸上競技大会で大会役員として参加なのです。




春からのことしかわかりませんが、少なくとも自分が見る限り、陸上部の部活をする姿は変わってきましたね。




大会は予想を上回る好成績。




おべんちゃらでもなく、感動しました。





同じグラウンドでやってるクラブ。





あと1カ月ちょい、さらなるレベルアップをしてほしいですね。




予定より終了時刻が長引きましたが、13時からはOP戦。





ここに来てビックリすることばかりですが、会場に着くと、試合はすでに始まっていました…(汗)

 



監督不在で試合開始…。





IMG_3493




内容は、うーん…。





テストが日々の授業の確認であるならば、週末ごとのOP戦は、1週間の練習の確認作業。




なんのこっちゃ?って場面がたくさんありました。





まだまだ頑張らないと足りませんね。





よっしゃー。





そして夜は、京都へ。




IMG_3573





KZ先生のお祝い、トレーナーとのミーティング、そして第1回トレカレの打ち合わせです。




近畿各地区から集まってくれた25名でKZ先生の昇進をお祝いしました。





そしてアツ〜く野球談義。





いつものセリフ、
ホンマに日本に京都があってよかった。





IMG_3567







br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
FullSizeRender




15年前の野球部通信。




決勝戦、延長の末に負けたチーム。



「いまそのチームをもったら勝てただろうか」

とかナンセンスで、読み返してもとても幸せな気持ちにタイムスリップできる、最高な時間でした。




通信とかは自作でもいいからファイリングするとか、冊子にしておくべきですね。






br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

5

IMG_3572




ご無沙汰しております。

(中略)


うちの市では、2学期からの国の通達(週2日以上休み、土日もどちらか休み)を守っていく流れができており、部活動における教育活動に対して制限がかかると感じております。

教師として、どう生きていくか問われている時代がきたと思っております。


(後略)


「来年から土日どちらか休みになるかもしれない」



「うちの市では月に2日…」



…ってのはガイドラインの通達を完全に無視している話で、文科省からは「休みなさい」「やってはいけない」って義務化しているのです。



働き方改革とかではなく、法律として。





教師として、新しい生き方を問われる時代。





時間短縮、練習内容のスピード化、メニューの精選、自主練習化…





考えないといけない課題が山積みです。








br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
IMG_3563




倉庫を掃除していたら出てきました。




久しぶりに小道具シリーズ。




お風呂マットを切って、軍手を貼った守備力アップグッズ。




昔から色々考えていました。




その時の気持ちを忘れないでおこう。






br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2018我武者羅 Ltd all rights reserved.

このページのトップヘ