我武者羅日記

5
めざせ1週間で100劼虜Fは昨日よりさらに増して15辧


image



キロ5分ペースを崩さないようにガーミンのランニングウォッチでペース配分。



image



私以上にみんな調子がいいみたいで、誰一人として遅れず絶口調(笑)。


image



焼肉屋の看板にも目もくれず、


image



上り坂だってみんなで走れば大丈夫。


image



7卉賄世離▲薀献鵐好織献▲爐念貊屬世欝抃討靴董


image




10劼魃曚┐討盞茲靴憧砲瓩此


image



15卅完完走。


image




よっしゃー!




…では終わらないストイックなラントレ。


image



昨日に続いて山トレ階段駆け上がり。


image



3本目くらいになると足が外れそうで、神社に礼拝をする選手も。


image



10本目はリレー。


image




よっしゃー!



image




…まだまだ終わらないストイコビッチなバッティングを500本。


image



下半身を安定させるために。

軸でしっかり回すために。


image



7days100劼泙任△5日で75辧



image



マイルに直すと1マイル1600mとして47マイル(笑)。


image




吸い込まれそうな空に向かって走れ。


image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
本格的な冬トレが始まりました。


オフトレ(お太れ)の前にまずは過酷なラントレで膝がガクガクになるまで追い込みます。


image



冬だというのにノースリーアンダーで気合い。


…ではなくて、着替えを忘れるとこうなります。


今日から26日(金)までの1週間(7日間)で100キロマラソンってのをやります。


image



初日の今日のレシピはこちら。


全力体操

No.1宣言

10Kmロード走

ラントレ神社100段階段10本

校舎内階段20本

スイング&ティー500本



全力体操からNo.1宣言



教育相談・三者懇談も終わって、冬休みも目の前です。



膝の調子がいいので明日は20キロ!?。



めざせ1週間で100キロマラソン。



br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
トレーニングカレッジ2015


トレカレネタが多くてすみません。


来年早々に行うトレーニングカレッジなんですが、協力してくださるメーカーさんが、色々なイベントを企画してくださっています。


image



UNDER ARMOURからはシュミレーターによるチームTシャツの製作。


image



トレカレ参加者には特別にこんな感じで。


image



うちも作っていただきました。


image



そしてGamusyara Cup ヴァージョン。


image



当日はブースを設営。


image



我喜屋先生の書籍はそれぞれ出版社から。


無題2無題3無題



昨年同様、ジャパンライム(株)さんのオンデマンド収録もあります。この機会にぜひ会員へ。


top



「心の野球 日めくりカレンダー」で爆発的人気の(株)専心堂さん。


134561668205648640020130928-2009470e8ea05a



毎年恒例、上山光広さんには二日ともお越しいただきます。


e92bc8d0

    


専心堂さんの「野球色紙」に、部訓を書いていただきましょう。


1389832302078619200



(株)popeyeさんの革命スコアブックは見やすくて使いやすく画期的。東京よりお越しいただきます。


e92bc8d0



その他、グローブ製作や、スポーツメーカーさんのプロデュースなど、たくさんのサプライズは当日のお楽しみで。


image




参加申し込みは、
gamusyara2014@yahoo.co.jp
までメールしてください。


「一般参加もOKですか」と問い合わせがあるのですが、OKだす。




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
トレーニングカレッジの打ち合わせをラインのグループで行っているのですが、本当に便利な世の中になりました。


image



しかし先日、よく使い方もわからないままに我武者羅カップの日程を100人の人に一斉送信してしまいご迷惑をおかけしました。



その張本人が一目散に退出してしまうという始末…(汗)。



申し訳ありませんでした。



しかしすぐに返信をくださる先生や、ご丁寧にメールや連絡を返してくださる方、ファックスなんかでもそうですよね。




郵送した翌日には申し込みを返してくださる先生方など、見習わなければならないというか、自分が出来ていないだけに本当に勉強になります。



ラインって既読がついたり、退出したり、相手にとって不愉快な気持ちになり兼ねないことがあります。


image



先日の勉強会で、

「人が生きていく上で一番難しいものは何か」

といった問いに

「人間関係」

と教えていただきました。


image



キャラクターに騙されてはダメです。


人間関係が面倒くさくなります。


それはさておき、

「UNDER ARMOUR のフーディってどんなの?」

って問い合わせが多いので、


image



こんな感じです。


image



バッグはこんな感じ。


トレーニングカレッジの参加確認ファックスが届いていない場合は、

gamusyara2014@yahoo.co.jp

までご連絡ください。


image





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
「朝練習をすると睡眠不足は否めない」


とか、


「朝練習は授業に集中できないのでやめるべきだ」


とか、はたまた


「朝練をやめたらからだが大きくなった」


とか。


朝練には色々な否定的な意見があるようです。


image



昨年末に長野県教育委員会から出された

「中学校の朝練習廃止」

は、物議を醸しました。


image



禁止とかではなく、廃止!?


朝練習ってこの世からなくさないといけないものなのか。


image



朝練習は毎日の練習時間の確保とか、いろんな考え方がありますが、私は勝つためではなく、規則正しい生活習慣の確立と、朝といった時間の大切さを一番に考えています。


image



「朝」という字は十月十日(とつきとうか)と書き、人は毎朝生まれ変わっているといいます。 


十月十日(とつきとうか)というと、赤ちゃんが受胎してから生まれるまでの時間。


image



だから毎朝人間は、新しく生まれ変わるというわけです。



私はこの言葉を知ってから、朝練習の価値や、人のエネルギー源となるのが朝だと考えて、思いきり空気を吸って、太陽の光を浴びるランニングからの朝練習を続けています。


image



毎朝目覚めて起き上がるときに,ガッツポーズをしながら、

『よっしゃ,今日から新しい自分だ〜!』

って、前向きに言ったりするのもものすごく効果的で、毎日続けています(笑)。




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
居酒屋「てっぺん」の朝礼が、企業、スポーツチーム、家庭、介護の現場など、多くの組織やチームに広がっていますが、有名になればなるほどひがまれるのがニッポンという国。



FBやYouTubeでは、
「ある小学生の朝礼が凄すぎる!」
で4万以上のアクセス炎上。



おまけにそのコメントの中には、中学野球に朝礼を取り入れているチームを批判する中学野球関係者や指導者がいたそうです。



image




残念ですね。



それに負けるどころか、さらにパワーアップした大嶋啓介氏。


すごい朝礼

本日発売です。


image

出版社 ; 現代書林 1,620円



朝礼で元気になる…。やる気になる…。自信がつく…。人間関係がよくなる…。夢や目標の実現という最高のプラスイメージが浮かんでくる…。チームの能力を最大限に引き出す力がある…。業績を上げる力がある…。


本書には著者とその仲間たちが、10年以上にわたり実践し続けてきた「朝礼」のやり方と理論的解説がすべて書かれています。



我武者羅トレーニングカレッジでは、先着50名に大嶋啓介サイン入りで。


image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
本日は人間力大學プレミアム勉強会に参加。


image



今日はまずリーダーの資質から。


前向きである


積極的である


協調性がある


プラス思考である


肯定的である


image



そのリーダーから何かを気づき、学ぶことが大切です。


image



日本という国は出る杭は打たれる事が多いですよね。



だからでしょうか。



リーダーになりたがらない。



面倒くさい。


日本人は感情表現が下手で、プライドが高く、格好つけ。


image



こんなデータがあります。


「両親を尊敬していますか?」


この問いに対して、yesと答えた世界平均は74%。


1位は韓国の96%が最高で、
「両親を尊敬している」といったデータに対し、
日本は世界でも最低の23%。


image



何だか悲しくなりますね。


もっと悲惨なデータが、

「自分には価値がある、自分に自信がある」

と答えた日本の高校生は7.5%で、


「自分は駄目だと思っている」
高校生は66%もいるそうです。


image



駄目だ、ダメダメ。



大人が変われば、子供が変わる

子供が変われば、未来が変わる




image




明るい未来のため、ニッポンのため、自分のために。


ヨッシャー!


頑張っていきましょう!


image





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.











5
兵庫県北部にはついに積雪が。


image



そら寒いわ…。



大会は午後からの2試合だったため、午前中は環境よい善防池周回をラントレ。


image



今日は試合前に6キロ。



image




女子硬式野球部も偵察してきました。


image



北部とは違い、学校周辺は風もなく野球日和。


しかし、球場に近づくと…。


image



どんよりと冬の雲が。


image



グラウンドも朝は霜が降りてベチャベチャだったのを懸命な整備のお陰で野球をやらせていただきました。


image



ありがとうございました。


image



さて2014年の最終戦。


今年は練習密度を濃くし、試合は極力控えていこうと夏から考えていたのですが結局今日まで73試合。



昨年の96試合に比べると減りましたが、学年7人ずつの14人の野球経験値UPを考えるとこうなります。


勝率10割を目指して。


image



お陰で少年野球でもバントをしたこともない子供たちが、バントも上手になりました。


キャッチボールしたこともない子が試合に出て活躍できるようになりました。


何より試合を潰さず、展開がスムーズになりました。


image



「こうなればいいのに」と願うだけでは、絶対に変われはしない。



何となく過ごしていないか。



夢と現実に目を向けているか。



己の夢があり、己の道を歩んでいるか。



道のりは険しく、とても厳しくキツい。



だけど、他の誰にも出来ないことをやり遂げて他人をあっと言わせたい。



そんな自分でありたい。



自分たちは知っている。



その熱意と情熱こそが、人生を変える原動力となるということを。




どうなるかじゃない、どうするかだ。




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.


5
今日は校内マラソン大会。


この時代に土曜日を使ってマラソン大会をするのには意味があって、地域の皆さまに学校で豚汁の炊き出しを召し上がっていただく、その豚汁はPTAさんたちが作られるといった防災教育の一環です。


image



豚汁、キムチ鍋汁を400人前。


image



生徒たちも3杯をペロリ。


美味しかった〜!


ありがとうございました。


image



しかし今日は寒波の襲来で寒かった。


いつものラントレの成果もあって野球部が大会を引っ張ってくれました。


3年生の野球部たちも朝ランに取り組んでいましたから気分良くぶっちぎり上位を独占。


その気分の良さが裏目に出て、午後からはなぜか試合モード。


image



グラウンドに出るとなぜか試合用ユニフォームを着た3年生たちが。


「公式戦ユニフォームがパッツンパッツンではいりませんでしたー」


ってのが約1名(笑)。


誰もOB戦なんて言ってないのに、まぁええか。


image



この時期に練習不足で鈍っている3年生相手にファーボールやエラーで点を与えてしまうのですから話になりません。


image



明日は第8年目を迎えるHYOGO WINTER MATCH。


夢のあと10回まであと2回です。



今シーズン最終戦をいいカタチで締め括りたいです。



br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
毎年トレーニングカレッジの講師を勤めていただく、大嶋啓介のアニキが新刊を出版されます。


image



今年は心ない一部の方たちにTwitterやFacebookで朝礼を批判する書き込みをされながらも、人間力大學を立ち上げられ、逆にマスコミから取り上げられるといった強さ。


大嶋啓介「すごい朝礼」
の本は、トレーニングカレッジ当日にサイン入りで。


image



それから人間力大學、講演会に興味ある方もご連絡ください。


スペシャルな特典をお伝えします。


image



さて、毎日ラインスタッフの打ち合わせが続くトレーニングカレッジ。


書家の上山光広さんが書いてくださいました。


今年は今のところ約250名様から申し込みいただいてます。


「申し込んだのですが、書類とか届いてなくて心配で…。」


「ファックスの調子が悪いので心配です…。」


申し訳ありません。


この週末にファックスかメールにて確認書を送付致します。


ご確認ください。


その他、我武者羅カップ、トレーニングカレッジの申し込み、質問は、


gamusyara2014@yahoo.co.jp


まで、お気づきになられた点など何なりとメールしてください。



br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
image



下半身を安定させる、軸をつくるには、まず普段使っていない筋肉を鍛えてバランス感覚を養わせることです。



身体の中心に重心を置いて、体の軸を安定させる。



力まずに股関節、体幹部でバランスを取る。



正しい形で静止する。


image



バランスディスクの上で、バットを構えて立ち、ぐらつかなくなり、安定して立てるようになったら、そのイメージを忘れないうちに、地面の上で同じように構える。



このようにすることで、正しい重心の位置を体の感覚で覚えることができ、軸足の安定感から細かい修正ができ、体重移動も安定して行えるようになると思います。







br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

冬場の練習は改革の宝庫です。


バッティングだけではなく、球の速さからコントロール、走塁に至るまで。


今までやってきたことを崩し、どんどん新しいことを取り入れて、反復トレーニングを行っていく。


「冬場に特別なことをやらなかった」


ことはチームの成長だけではなく、心身の成長を止めてしまいます。


和歌山の梅ちゃんからいただいた練習方法はどれもこれもが面白い。


ビッグの橋さんから伝授いただく練習はどれもが即効力あり。


講習会や自己啓発セミナーなどにもこのオフもたくさんお世話になります。


今日はカウンタースイング×硬式テニスボール打ち。


打球の飛距離が変わってくるファーストステップです。






br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

「からだの軸で回す」


とか、


「グリップの位置を決める」


とか言いますが、そんなに簡単なものではなく、身についた癖はそうすぐには直りません。


「冬場のトレーニングが功を奏した」


とか言うように、今までとは違った練習や方法を取り入れなければ同じことの繰り返しです。


今の子どもたちを見ていると、コツを掴むのは昔より早い。


体力的にもからだのサイズも劣っているようには感じません。


だからこそからだの使い方が習得できて、わかりやすい道具と方法が必要になってきます。


ゴルフ界には色んな矯正グッズが存在します。


たとえばこんなの。


photo1_800



どう使うかというと、


cpt_01cpt_02



こう使うんだそうです。


こういった道具を使うと、邪道だとか、センスがないとか、騙されるなと言われます。



しかし、こんな道具ってちょっとしたひらめきから生まれるんです。



私が少年野球の選手だったとき、


「お前はすぐ脇が開くから紐でくくってやる」

「前の脇に帽子を挟んで素振りをしてみろ」


とか言われたりて矯正されました。


0750000503_3



でも結局これって一緒でしょ。


0750000403_3



トライアングルトレーナー。


.謄ぅバックが深く大きく、トップハンド側の脇が開いてしまう選手の矯正

▲侫ローが大きすぎて、グリップの位置、軸が安定しない選手の矯正


に使います。


バシーッと打球が行くようになります。






br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
本日は大阪泉南へ遠征。


今日も寒かったですが、昨日の寒さに比べたら風もなく12月らしい一日でした。


image



泉南に切り拓かれた住宅地にあるグラウンド。


image



そこには専属のNPB公認アンパイアもいるという贅沢。


image



管理人を勤めながらプロ野球の審判を夢みておられるらしくこの日も自主トレ明けでした。


image



この日はよゐこの有野が偶然にも試合会場に来てくれていました。


image



差し入れの豚汁までいただきありがとうございました。


image




試合はまずはハッチと。



image



メッツを彷彿させるセカンドユニフォームが格好よかった。


image



昼食には好物のパプリカまで用意してくださり、至れり尽くせり。


image



「今日は春に向けての課題をどんどん出そう」


といった自主的ミーティングを選手たちで話しあい、まずは安定した下半身を軸を作るためのからだづくり。


image



試合では機動力や小技にしろ、かたちづくり。


image



バッティングも安定した軸をつくるために全て崩して原点から。


image



下半身と軸を安定させるために。


image



夏には目指せ全中と豪語できるように。


image



運命はどんな風を吹かせるのかわからない。


image





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
image



徳島は雪だと徳島の徳ちゃんから。


徳島といえば徳島ラーメン東大。


image



あらたえの湯も最高。


image



そんなことより、日本をかなりの寒波が縦断しているようで、地面もカッチカチやぞ。


image



今日はこちらも氷点下。


カッチカチのグラウンドで市内4チームが集まり交流大会。


image



部活野球人口が激減している中でうち以外は安定した野球人数を保っています。



一番多いチームは40人近くいるのに…。


うちは14人…。



それでもこうやってみると少しですがいい腰周りになってきました。


image



ウインターリーグは、春からの成長を期待し、冬場の課題や練習を考えていく絶好の場。


今日も沢山の課題を発見。


image



まず軸がブレない安定した下半身を強化すること。


朝練、午後練プラス冬場は休日もしっかり練習が出来ますから走って走ってのオフトレに。


それからバットを振ること。


バットを振りきれるだけのからだと体力をつけること。


でも、やはり一番は折れそうなときに折れない心の体力をつけることですね。


image



夕方からはだんぢり岸和田にてスタディマッチの学習会&トレカレの打ち合わせ。


image



KZ先生や浪花のイチローほか、ドロップアウトしたアウトドアなみなさんにお出会いすると元気が出ます。



もう少し頑張ろうって。



そしてとんぼ返りで明日は泉南へ遠征。



今シーズンもあと少し。


image






br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
「今年のチームは足が遅くて…」

ってよく耳にしますが、何を基準にしているかというと昨日も書いたように、だいたいの場合が50m走のタイム。


これは体育の授業でもスポーツテストで記録を測り、速い遅いの目安としては非常に分かりやすい。


今年のチームは7.3秒から8.9秒まで前代未聞の歴史的走力。


しかし盗塁は8割〜9割方成功しています。



それは無理だと思ったら走らないから!


…それと、50mの走り方をしないことです。


塁間は27m。


1次、2次リードをうまくとっていけば20m走るだけでいい。


だから20mの速さと、スタートのタイミングを求めていきます。



image




そうすると50m走の記録は1塁までの打者走者の走力には当てはまっても、盗塁にはあまり関係ない場合が出てくるのです。


陸上の記録保持者が走ってもセーフになるとは限らないのが盗塁。



image



20mといった超短距離を徹底して走り込む。



image




小さく、速く、強く、最後まで蹴る。



image




超短距離用走法取得。



image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
そのチームに合った勝ちパターンというものがあって、最近はようやくそういった勝ちパターンが少し見えてきました。


image



今年の場合、投手が最小失点に抑え、何とかして1点をもぎ取り、我慢して踏ん張るしかありません。


image



そのためには走塁だけではなく、小技を絡めた機動破壊といきたいところですが…。

  
【50m走破TIME】

<1年生>
8.6 9.0 7.5 8.5 7.5 8.8 9.0

<2年生>
7.2 7.4 7.2 8.7 8.0 7.3 7.8

《平均TIMES》
8.00

50m走の平均タイムが8.0秒のチームは初めて。
6秒台がいないのも初。


image



それでも機動力は駆使できると思います。


image



機動力とは相手のバッテリーを含めたディフェンスをかく乱させていき、相手チームの野球をさせないことが重要な訳です。


「次の塁を狙う気持ち」

「狙う勇気のないものは試合に出ない」

「第2リードからのプレッシャー」

を常に持つこと。


それだけで野球は変わります。


image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
第4回 Gamusyara Cup〜東日本大震災復興支援大会〜


image



日 程 ; 平成27年 3月7日(土)〜8日(日)



会 場 ; 加西市近隣野球場および中学校グラウンド



参加チーム ; 60〜70チーム予定




年々、球場の関係で規模縮小をせざるを得ない状況で、また、トレーニングカレッジに参加のチームからは既に参加申し込みを頂いております。



大変お手数ですが、参加希望チームは、メールにてお申し込みください。



その際には、


‥堝刺楔
▲繊璽猝
B緝充垰疚
FAX番号
シ搬單渡暖峭
Ε僖愁灰鵐瓠璽襯▲疋譽
Щ臆担望日(3月7日、8日)




を記入して、

gamusyara2014@yahoo.co.jp

までお申し込みください。




折り返し大会要項と申し込み用紙を返信致します。

(携帯メールでは届かない場合があります。
できるだけPCメールでお願い致します。)



申し込み締め切りは12月27日です。




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
今日は淡麗中学校に負けるもんかパワースポット、ZENBOにて。


image



素晴らしい青空。


image



石山の絶景。


image



最高の野球日より。


image



水捌けは良くないけど、


image



自家制ベンチもあるし、


image



監督、保護者ハウスもあるし、


image



サブグラウンドまであって


image



LEDのBSOや手作りスコアボードもあります。


image



「全国一の学校をつくろう」を目標に掲げ、


image



夢は大きく、目標は高く、


image



プロ顔負けの8人同時投げブルペンや、


image



リリーフカー、いや、グラウンド整備カー、


image



バックネット裏にはギャラリーも。


image



でも淡麗中学校に比べて何が見劣りするのかなと周りを見渡すと、


image



威圧感ないバックネットの高さと、


image



ベンチの人工芝と、


image



マスコットキャラクターが描かれていないこと。


image



うちのシンタローをモデルにするワン!


image



よろしくロドリゲス2号!


image



すみません、こんなネタで。


image





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
兵庫県にはたまねぎとらっきょとお魚の美味しい島がありまして。


image



美しい橋を渡ると、そこにはシンガポールより少し小さくて、人口14万3000人の淡路島と書いて" ぶかつしま "と読む島(ウソ)があります。


image



とにかく昔から部活が強い!


image



今年もお友達の津名中学校が兵庫県を制し、近畿大会でも勝利して全日本少年春季軟式野球大会出場決定!


image



私が中3の時には淡路島の一宮中学校が札幌で日本一になるなど、昔から淡路の学校は環境と施設設備がスバラシイ!


image



照明設備もバッチリ!


image



さりげに表札まで。


image



夏休みにも暴露しましたが、今日は更にこの手作りベースボールパークについてレポります。


image



学校は高台にあって周りは海といった環境。


image



野球部専用倉庫。


image



保護者専用ルームには今回新しくデザインされたマスコットキャラクター、弁当泥棒とんび君が。


image



これ、監督のCONチャンの作品。


image



バックネットの訓辞は昨年まで部長の名将田中師匠。


image



しかし書くね、描くね。


image



コンクリート部分も手描き。


image



フォレストグリーンが映えます。


image



ベンチはもちろん屋根つき。


image



足下の人工芝はCONチャンオリジナル。


image



CONチャンは数学科。


image



3塁側アイビーシートならぬ、近所のおじいちゃんたち専用観戦席からはこんな感じ。


image



たくさんのおじいちゃんたちがいつも応援に来てくださる地域密着型野球場なんです。


image




素晴らしいHOHOHOスタジアム。


image



HOHoHO〜!


image



全てが愛を込めての手作り感満載。


image



高台にあるのでバックネットが高くてデカイからカッコいい。


image



こんな素晴らしい環境で試合をやらせていただき感謝の座礼。


image



がんばれ、ロドリゲス。


image




ありがとうございました。




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
バントを軽視してはいけない理由に「目線の高さ」があります。


image



今日ノックをしていてもやはり目線が高いのが難点。


image



「ボールの起動と目の高さ」


を徹底していくにはバント練習の中で目線を下げないことが大切です。


image



「一番難しいインハイの構えから入って」


とバントでは指導するものの、外角中心の配球ではボールを捉えにいくとやはり目線は下がってしまいます。


image



それならばここに投げてくると場所(番号)を決めてバントに入れば目線は下がらないはず。


image




目線を変えない、軌道を確認していくバッティングと守備においても基本となるために目線を下げない練習を。





image



守りの形作りのためのバントを軽視してはなりません。



br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
image



中学野球、学童野球のバイブル、Hit&Run 1月号が発売です。


今月は日本一の仙台育英秀光中さんとレッドコード特集。


情報はどこからでも入手でき、ネットで何でも検索できる時代に、野球小僧たちにとって憧れでもあり、知識や技術を高められる最高の雑誌。


電子書籍、タブレットの普及で、 紙媒体がなくなる!? とトップニュースを飾っていました。


いよいよ、公立小中学校でもタブレットが一人一台の時代に突入。


ますます厳しい時代になると思われますが、雑誌や新聞、書籍など紙媒体の良さを生かして野球少年や指導者に夢を与え続けてください。


今月号で、
トレーニングカレッジ
を告知していただいてました。


image



大久保編集長、ありがとうございます。


全国を知り尽くした我喜屋監督、平中監督の講演会にぜひお越しください。


image



講演会への聴講希望は、
gamusyara2014@yahoo.co.jp
までメールしてください。



br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
季節が流れるのは早いものでもう12月。


今日も気温は17℃と半袖で練習している選手がいるほど。


しかし日暮れが早いのであっという間にボールは見えなくなります。


いまはとりあえずノックを中心にディフェンスの見直しを。


塁間を3m縮めてスピーディに連携。


バント処理をしっかりと投内連携。


バッティングは自主練習に任せる部分が多くなりますが、今は守りの野球に徹するべきですね。


image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
image



我喜屋先生が、指導者として常に掲げている言葉が、「魂知和〜こんちわ〜」。



何事にも信念を持って取り組む【魂】

たくさんの知恵や知識を身につける【知】

仲間の信頼や協力を得る【和】




何事においても、非常に大切なこととされています。


(本書の言葉から)

ハンデをハンデと思わなくなったとき、人は大きく成長できる。

そして、新しい自分に出会える。

ハンデや逆境は、知恵を絞り工夫をこらせば、かならず順境(⇔逆境)に変わる。

「こうすればできるかもしれない」
「次はあの方法を試してみよう」
という知恵を生みだすチャンスでもある。


嫌なことから逃げてばかりいたら、いつまでも逆境のまま。

つらいことや嫌なこと、苦しいことを乗り越えて手にするものこそ、本当の幸せなのだと思う。

つらければつらいほど、苦しければ苦しいほど、乗り越えた先にはきっと大きな幸せが待っている。

つらいことや苦しいことは「幸せの源」なのだ。


「嫌なものほど噛みしめて味わえ。噛んでいるうちに、だんだん甘くなる。それが自分の力になる」


「目指します」
「一生懸命やります」
では成しとげられない。



我喜屋先生にお出会いできる日が楽しみです。

いつも「逆境」を感じる自分ですが、こういう言葉を読んで、自分を励ましています(笑)。




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
私はgoing-my-wayを貫く人間ですが、この人を師と仰ぐ先輩や後輩がたくさんいます。


そんな影響を受けた指導者のひとり、先生にお越しいただきました。


image



15年ほど前、「元気のいいチーム、声を出すチームを作りたいなら西宮の先生のところにいきなさい」
と紹介していただき、まぁその感動が衝撃的。


グラウンド一杯に響き渡る声が、いや、言葉が普通じゃない。


先生じゃないですよ、生徒が発する言葉です。



「お前がいま持っている最大限の力を使いきれ!」

とか、

「いいよいいよ、思いきってやれよ、その勇気が大事やねん!」


先生は物静かに見ているだけ。


私は終始ポカーンと。


こんな言葉を全身を使って全力で選手全員が声を出している。


もうその時の衝撃は忘れられません。


こんな中学生がいるんだ、

こんな中学生になるんだって。


それから毎年、冬場には合同練習にも参加させていただき、試合する度に全力のW-upを考えさせられました。


先生の転勤の関係でこの日は久しぶりの試合。



image




内容はともかく、半年しか経っていないのに、
自分の持つ最大限の力を使いきろうとするチームができつつありました。


image



本当にすごい。


「どうやってあんな声を全員が出すようになるんですか?」

試合後にうちのエース君が質問に行ってました。


収穫です。


image



ありがとうございました。



br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
MLBとの親善試合も終わり、いよいよストーブリーグに突入。


image



高校野球には12月1日から3月7日までの間、練習試合禁止期間がありますが、中学校にはありません。


寒くなければ毎年12月3週目くらいまでは試合をやります。


あまり1月には試合をしたことはありませんが、そもそも高校野球が練習試合禁止なのは地域的な気候のハンディをなくすため。


だったら暖かい時にはどんどん試合をしていくべきだと思います。


image



来年からついにアンダーアーマー社がMLBのユニフォームを供給することになりました。


MLBは日本のようにチーム契約とは違い、MLB機構が契約を結ぶため、今年までのユニフォームはマジェスティック・アスレチック社が独占契約を結んでいました。


image



そこに乗っかる読売巨人軍。


ジャイアンツも日本初、来年はアディダスからアーマーですって。


image



これはすごい。


image





br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
第5回トレーニングカレッジ講師の先生、我喜屋優氏といえば、甲子園で春夏連覇をした沖縄興南高校の監督。


社会人野球の大昭和製紙北海道で選手、監督として活躍をしていた方で、北海道で結婚して家も買い、永住するつもりでいたようですが、縁あって興南高校の監督に就任し、現在は校長、理事長として学校の責任者、リーダーを務められています。


image



「日々生まれ変わる」

この本は野球の本ではなく、指導者、リーダーとして必要なことについて書かれた本。


社会人野球の選手、監督、企業の管理職、高校野球の監督、校長、理事長などの経験を生かし、指導者とはどうあるべきかについて、我喜屋氏の考え方がまとめられています。


我喜屋監督は、甲子園でタイムリーを打ってもガッツポーズはするな、負けたからといって泣くな、という「喜怒哀楽を表に出すな」といった指導をされています。


悔しい気持ちはわかるが、負けたという事実をどう受け止めるかということや、「負け」も財産なんだということはなかなか高校生では理解できません。
勝つことでも負けることでも人は変われない。
「何があったのか」を考えることで変わるきっかけをつかむことができる。



ゴミ拾い、散歩から学ぶ『カバーリング』の大切さについて。

ゴミ=誰かが捨てた物、誰かのミス(人的エラー)

ゴミ拾い=誰かのミスをカバーする事。
誰かに感謝されることを期待し、手柄を褒めてもらおうとするのではなく、自分の心から動く。

野球の技術としてカバーリングを教えても、心がついてこなければ負けないチームは育たない。

なぜならば、技術としてのカバーリングしか知らない選手は、自らもミスを起こすからだ。



「指示がなくても自分で働ける人に育てる」
これは甲子園でも伝令を出さない我喜屋監督の信念。
自分たちで考え、自分たちで行動することを日頃のきつい練習の中でやっていれば、やらなければならないことは決まっているからという理由からです。



野球バカを育てるのではなくて、野球を通して社会人としてのあるべき姿勢を教育しているということがよくわかる、もう一度基本に戻って頑張ろうと思った一冊。
人としての「根っこ」を鍛えることで大きな花を咲かせる、そのためにすべきことがたくさん書かれた一冊でした。


image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
「今日から下校時刻が17時なんですよ〜!」

あるチームの監督さんとの話の中でありました。


image



うちも17時です。


完全下校とか、最終下校とかいろんな言い方はありますが、とにかく17時に学校から出て暗くなるまでにお家に帰そうという、ごもっともな話で。


しかしこれでも全国レベルのチームもたくさんあります。


方法は簡単。


image



一旦下校させて近くのグラウンドに17時半に集める…。


image



なんて方法では上手くはなっても強くはなれません。



なぜなら正攻法ではないから。


練習は気持ちが左右します。


こそこそ練習して上達は望めない。



じゃあ時間を守って全国レベルにもっていく方法はというと…。


image



家での練習、自主練習を本気でやれるチームにすることです。


クラブチームなんかは平日の練習はなしで、週末だけで強化していくチームが多いですが、やっぱり意識の差は大きいみたいです。


全員の意識が高ければ当然強くなる。


選手たちのせいにするのではなく、そういった意識を持った選手に指導者が育てていく。


そんなチームづくりをしていきたいですね。


がんばります。


image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.


5
image



パワースポット善防は、昨日も今日も絶好の野球日より。


image



立冬というのに秋のような澄んだ景色。


image



というより、ここまできたら一度は行ってみたい絶景100選に選んでもらおうか。


image



本当に綺麗な景色で、田舎で空気もいいし、まさに field of Dreams。


image



昨日は京都のがむしゃらさん、勝つぞ山中さんと。

久しぶりに1チームなんで3試合。


image



とはいうものの、あまりの内容の悪さに驚愕。


image



「練習は嘘をつかない」

の言葉通り、毎日のだらしない練習、日々の取り組みのいい加減さが出てしまった。


image



そして日曜日の今日は三重県より3試合。


image



いつもどこでも研究熱心な笹監督ももうすぐパパ。


image



2日で6試合。


野球はやっぱり機動力かな。


足が遅くてもとにかく走れ。


image



機動破壊とまでいかなくても、積極的に次の塁を狙え、狙わぬ者は出るべからず。


image



「ノーヒットで1点を盗(と)る野球」

をめざしていこう。


image



jr.の美術作品ありがとう。




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.






やったぜ!津名中学校!

全国大会出場決定!

おめでとう!


image



弟子の白橿中は残念無念(>_<)!



淡路市立津名中学校(兵庫県)5―0 三井ヤンキース(大阪府)


西京ビッグスターズ(京都府) 3―1橿原市立白橿中学校(奈良県)


びわこクラブ(滋賀県) 1―0 御坊市立名田中学校(和歌山県)


西京ビッグスターズ 5―2 津名中学校



全日本少年春季軟式野球大会出場決定!

淡路市立津名中学校(兵庫県)
西京ビッグスターズ(京都府)
びわこクラブ(滋賀県)


image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

5
会 期 ; 11月15日(土)〜16日(日)

会 場 ; 水口スポーツの森甲賀市民スタジアム



淡路市立津名中学校(兵庫県)― 三井ヤンキース(大阪府)


橿原市立白橿中学校(奈良県)― 西京ビッグスターズ(京都府)


びわこクラブ(滋賀県) ― 御坊市立名田中学校(和歌山県)


の勝者 ― の勝者


全国への枠は3つ!


image




br_decobanner_20091126090738[1]
↑中学野球ブログランキング

Copyright (C) 2008-2014 我武者羅 Ltd all rights reserved.

このページのトップヘ