b251


slot88_31     slot_diary88_31


(前置き)

某月某日

IMG_5026
ミークさんの奢りによる焼肉屋にて)

ミークさん「・・・そう言えば、明日も秋葉原でオフ会やるんだよね。来る?」

あ、そうなんすか。
誰が来るんですかね?

ミークさん「え~と、みずにん君と・・・」


seitokai
そうなんだ。じゃあ私、北海道帰るね。

~ 完 ~



(翌日の早朝)

IMG_0283
アイランドよ、私は帰って来た。

オフ会の集会時間が9時とのことでしたので、
僕は社会人として常識である3時間前行動の精神に則り、午前6時には到着。
しかし誰もいない!!人っ子一人いない!!他の参加者は何を考えてるんでしょうか!?!(当然)


正直、当日まで参加しようかどうか迷い続けていましたが、
個室ビデオでの寝心地が尋常でなく悪く、起きるしか選択肢が無かったからね。

そのまま秋葉原に直行して店を拝んだ後は、適当にマクドナルドで時間を潰した後、
今東京で最もホットでディープな観光スポットで待機。


IMG_0285
それがここ。アイランド裏口が見える喫茶店タリーズのテラス席です。

ここでアイランドに客が並んで行く姿を見ながら、優雅にコーヒーで一服するのが堪らない。
今どき外でタバコが吸えるのもありがたい。上流階級の気分が味わえます。


IMG_0286
道路を越えなおを増え続けるアイランドの並びは、遂に危険な領域へと突入する。

・・・いや、並び過ぎでは?
別にこの日ってイベントデーとかでもなんでもない、ただの通常営業ですよね?
ど田舎のお上りさんが東京のクレイジーさを体感するには、
アイランド裏口のタリーズがベストプレイスなのだと思います。


そんなこんなで、優雅な休日を満喫しているところに、クソ野郎ことみずにんが襲来。

そして人間の屑ことみずにんの後ろには、オフ会の参加者の方々が3名。
どうやら彼らは全員、既に顔見知りのよう。
それならば僕は、今日は借りてきて猫みたいに大人しくしておいた方が無難ですね。


参加者A「じゃあ・・・どうします?」

僕「とりあえずアイランドの抽選受けてみますか。」


IMG_0289
(600~700人ぐらいの並びの中から掴み取った僕の番号)
(これでも抽選受けた中で僕が一番良番だった。)


参加者B「この番号だとキツイんで、エスパスにでも行きますか。」

僕「そうなんだ。じゃあ私、哀怨(仮)行って絶対衝激Ⅱ打つね。」

参加者B「・・・。(絶句)」




哀怨秋葉原店

・絶対衝激Ⅱ

d0d8ea0a
哀怨よ、私は帰って来た。

いやあこの店も懐かしいなあ。
素人には秋葉原と言えばアイランドとかエスパスとか、そういった店しか選択肢に上がりませんが、
玄人の僕は秋葉原に来たら専ら哀怨で打ってましたね。

なぜならこの店は、秋葉原駅すぐの好立地にあるとは思えないほど客が少ないから。(!)
東京の店はどこもすし詰め状態で台間隔も狭く、正直人間が快適に過ごせる環境じゃないのよね。
その点哀怨秋葉原には、そもそも客がいないからその心配はご無用!!!
レアなキモオタ台もかなり残してくれているんで、僕にとっては哀怨は秋葉原イチの神店。

いやあ思い出すなあ・・・。
初代天空のシンフォニアを打ちたくなった時、哀怨に行けば間違いなく座れたなあ・・・。
シークレットプリンセスを打ちたくなった時も、哀怨に行けばこと足りたなあ・・・。
最後にビキニパイを打てたのも、確かこの店だったよなあ・・・。

そんな感慨深い思い出に浸りながら、今日僕は絶対衝激2を打つのである。
いざ特攻である!!!!



・・・と、その前に、今回の参加書をロクに紹介しておりませんでしたね。

いつもならば一人一人名前を挙げて、どんなキチガイかを根堀葉掘り書いて行くのですが、
今回は諸般の事情により、参加者の名前を伏せて紹介したいと思います。


◯参加者A
人間の屑にして、北海道出身者の恥。ぷりぷり。みずにん。
僕のリアル中学校の時の同級生であり、ともに黒歴史を握り合う一触触発の関係。

IMG_0342
ちなみにこの日は、僕の左隣のクソ台で乗せまくっていて死ぬほど鬱陶しかったです。
死ねばいいのにと思いました。



◯参加者B
おそらくこのオフ会において唯一の既婚者。(だよね?)
末代が保証された男(みずにん)が主催っぽい雰囲気のオフ会だったんで、
童貞の会なんだろうなあと思って参加した僕にとっては、あまりに衝撃的な出来事でした。

ちなみにこの日は、僕の右隣の初代スカイガールズでほどほどに出していました。
「ソニックモードぶち込んでやりますよ^^」とか意気揚々として打ち始めた割には、
何度もARTにはぶち込むけど、デルタロックばかりの消化不良稼働を見せつけてくれました。

おそらく今日1,2を争うヒキ弱でしたね^^
もっと哀怨に貢いで、あの店の存続に協力してくれよな^^^^



◯参加者C
このオフ会の参加者は全員東京近辺在住なんだろうなあと思っていたので、気軽に
「アイランドとかよく来るんですか?」と聞いたところ、
「いや、広島に住んでるんで」とか答えられて、驚きのあまり僕は脱糞した。

それを知っていれば、観光を兼ねて無理にでもアイランド実践とかの方が良かったかもしれない。
結果的に、「広島からわざわざアキバに来て哀怨に特攻する男」みたいなキチガイを産んでしまった。


IMG_0339
(彼のツイッターより転載)

しかし、彼はビビオペでフリーズ引いて普通に事故らせる豪腕の持ち主でもありました。
広島県民は新幹線に乗って哀怨に行こう!!



◯参加者D
ガチのニートだそうです。
繰り返します。学生でもなく、社会人でもなく、ガチのニートだそうです。

今回参加者の名前を伏せて紹介しているのは、主にこの方のせいです。
過去にオフ会をやった時にも一人ニートがいましたが、当時僕は学生でしたからね。
ながたさんが「ニートってwwwニートってwwwww」みたいに過剰な反応をしているのを見て、
何がそこまでツボにハマるのか分かっていませんでした。

が、働き始めて数年経った今、改めてニートの方と出会ってしまうと、それに等しい反応になる。
笑っても良いものか?ディスっても良いものか?ブログでネタにしても良いものか?

そのさじ加減が分からなくなってしまったので、
特定出来ないように参加者名を伏せるようにしたのです。
ニートさんは働いた方が良いと思います。


IMG_0341
(ニートさんのツイッターより転載)

ちなみにニートさんは、ギアスラやらぶち込んでギアス2で普通に事故らせていました。
以前の岐阜で出会ったニートもオフ会で事故らせていたので、世のニートはオフ会での事故で生活しているのではないかと推測します。



◯参加者E
途中から合流した、僕も知っているブロガーでした。(もう更新停止して久しいけど)
もう最後自分が帰る時に一言二言交わしただけですが、
ブログの更新が途絶えていたので生存確認が出来ただけでも何よりです。
(ヒント:UPUPファミリー)


IMG_0340
(ツイッターより以下略)

で、この方も到着して30分もしない内に、まこまこでフリーズ引いていました。

・・・いや、君たちヒキ強過ぎでは?哀怨を潰すおつもりか?


これは負けてられない。
哀怨を勧めた者としての意地がある。哀怨を守護るべき者としての誇りがある。

哀怨プロとしての矜持を見せつけるべく、ようやく自らの稼働を晒します。



IMG_0295
(初当たり)


IMG_0301
(RUSH打ち込むも単発)


→そして次の当たりは500G超え

この時点で投資はジャスト30kです。そうか、アカンか。



IMG_0305
しかしまだ諦める時ではない!!!
この次の当たりというのが、中段チェリーの降臨です!!!(演出途中だったから画面はクソ地味)


IMG_0308
ここでW揃いをぶち込み、反撃の狼煙を上げる!!!
さあ、哀怨を潰すぐらい出すぞオラアアアアアアア!!!!!!



IMG_0310
ああ~(´`)



IMG_0306
・・・いや、まだ中段チェリーで天国が残っている・・・!!
ここでどうにか・・・!!どうにか・・・!!



66104e93
8aff8808
7c3e18af
(ブレッブレだったから画面は過去の使い回し)

キター( ;∀;)
ちゅっちゅラッシュ突入です!!
ここは島男さんをリスペクトし、ボタン押下と同時に画面に接吻します!!(出禁)


IMG_0314
さらに七揃いも止まらない!!!!
一回、二回、三回・・・四回!!!もいっちょ五回!!!!


IMG_0326
ちゅっちゅラッシュの終了だけでこの獲得枚数である。

後は衝撃ラッシュもストックが5セット以上だし、実質フリーズぐらいの恩恵ですわ。
これはもう万枚待ったなしです!!!
グッバイ哀怨!!!!!我がヒキに恐れを為して閉店しろ!!!!!!!













IMG_0335
ほぼ駆け抜けで天国抜けを確認し、流して北海道帰宅です。

投資30kの回収30kで、ジャストプラマイゼロでフィニッシュにゃす。

サンキュー哀怨。フォーエヴァー哀怨。

±0円

~ 完 ~



<バナー>

バナー1
次に東京に行くのはまた4年後ぐらいでしょうか。(日暮熟睡男かな?)