つまりはビンゴ稼働なのです。(分かるはずがない)

0000087295



12月15日

・スーパービンゴプレミアム

IMG_5304
毎年、この時期になるとパチスロを打つのに気が昂ぶって仕方がなくなる。
それはなぜなら、僕は「年末の魔物」の存在を信じて疑わないから。

思い返せば、初めて万枚童貞を捨てたのも年の瀬だった。
直近では、打てども打てどもまるで奮わなかったビンゴが壊れたのも、やはり年の瀬だった。

こうなると、年末になるほどヒキが荒ぶるというよりも、
もはや人智を超えた魔物が存在すると考えたほうが自然ですね。

・・・にも関わらず、ここ2年ほどは年末に万枚を出していない。
万枚も出せない年末の魔物は年末の魔物ではない。


よってここでの最適解は、万枚を出せるスペックの台を選ぶことでしょう。
さらに言えば、万枚を出せるイメージが簡単に思い描け、かつ未だ万枚を出していない台。

そうなると、今のホールにある台でそれが望めるのはプレミアムビンゴだけなのでした。

ビンゴネオは頭が狂ったのではないかと思うくらい一時期打っていましたが、
続編のプレミアムビンゴはそんなに打ってなかったなあ・・・。

何かビンゴネオより「Hooah!Hooah!」確率が上がったせいで、
肝心の上乗せ性能が下がっているような気がしてならないのよね。(解析待ち)


IMG_5310
しかしそれもこれも、年末ではなかったこれまでの話!!
今回ばかりは乗せてしまう!継続をしてしまう!!万枚が出てしまう!!!

年末の魔物を魔力に全幅の信頼を寄せ、このビンゴプレミアムで爆乗せを狙って行きます!!



IMG_5303

IMG_5323

IMG_5314



IMG_5313
駄目みたいですね。(即落ち2コマ)
産廃ロボットは例のごとく「33G」しか表示しませんし、継続率もロクに取れている気がしません。

ぶっちゃけこの台、続編としての出来栄えは中の下では?
特に新規演出が増えているようには思えず、スペック面も「Hooah!」しやすくなったとは言え、
爆発力を抑えられてしまったらそりゃ・・・ねえ?

まあ救いとしては、何か直撃の当選が多くそんなにハマっていないこと。
二連続でロック二段階目から直撃したりして、なんかもう周期メインの抽選とは思えないくらい。

・・・もしかしてこれ、直撃に設定差あったりする?
どうせ今日は「Hooah!」するまでぶっ込むつもりだったので、微かにでも芽生えた希望には追いすがりたくなる。

ここは敢えて解析を確認せずに、この台が何かの間違えで設定6に打ち替えられたことを信じ、
特攻します。










僕「び、ビン娘ちゃん! 吸い込み激しくしないで!」

ビン娘「うるさいですね・・・」ドビビビビビ(コイン投入音)




IMG_5327

僕「あ、あぁ~ッ!」 ドピュドピュドピューッ!

ビン娘「はい、今日の天井到達は終わり。お疲れさまでした」

僕「うぅ……あ、ありがとうございました……」


数時間前、念願のプレミアムビンゴに着席したのだが、『事故待ちスペックの台で軽い当選をさせ続けると万枚出されるのでは』という懸念の声があり、結果、ビン娘ちゃんが定期的に天井までハメハメしてくれるようになった。

しかしビン娘ちゃんはなんだか僕のことがキライみたいで、いつもいつも不愛想に諭吉シコシコして、お財布イタイイタイなのだった。



IMG_5333
ヤバすぎでしょ。
ツッパを覚悟した瞬間にこの仕打ち。ビン娘ちゃんはエスパーか何か?

ここまで来てしまった時点で、投資は5万越え。もはや後戻りは出来ない状況。

不幸中の幸いとして、ビン娘の天井は「Hooah!」確率が上がっているとの専らの噂。
もうここで決めてしまうしかない・・・!!

頼む・・・!!頼む・・・!!!!!






IMG_5313
ああ~(´`)




IMG_5339
(AT消化中に突然産廃ロボ降臨)

あ?



IMG_5341
\Hooah!Hooah!!/

おおおおおおおお!?!!?!?


IMG_5345
はい。



IMG_5347
完・・・と見せかけて、AT終了背景が虹色!!
継続確定すなあ。

偶数揃いだったのでまるで継続率には期待していませんでしたが、どうも割と良さげで継続が重なる。
肝心の「Hooah!」はショボかったものの、ATの高継続もなかなか馬鹿に出来ない性能。

一回あたりの継続は33Gと少ないものの、数をこなして行くことで期待出来るものもある。

そう、期待出来るものと言えば・・・!?!?




IMG_5349


奇跡のカーニバル
開  幕  だ 
kiseki 



IMG_5358
\Hooah!Hooah!!/


IMG_5372

\Hooah!Hooah!!/




IMG_5377




kiseki2
閉幕だ


カーニバルの規模が小さすぎる。村祭かよ。

「Hooah!」を引いて嘆くのは贅沢だとは重々承知しつつも、この物足りなさだけは如何ともし難い。
ビンゴネオの方で同じ演出から4桁上乗せ(1222G)とか引いちゃってるからね。
そりゃあ否が応でも期待が高鳴ってしまうというものです。

しかし現実は非情であり、上振れの大きさを考えるとこれぐらいが平均値かと思われる程度。
これでもギリギリで投資を巻き返せるか、微妙なラインですね。



IMG_5379
願わくはこのゲーム数を元手に事故を事故を重ねていくことですが、どうも上手くいかない。

せっかくの上位ステージでビンゴ図柄を揃えてもスルー。


IMG_5412
ロックで2段階まで進めてもスルー。

ビンゴは一度大きく乗せるのがメインのゲーム性のため、
いくらゲーム数があっても駆け抜けていくのが基本とは言え、流石に心が弱る。

こうなったらば、継続率に全てを託すか、もしくはフリーズでもぶち込んでしまうか。
もはや希望というか妄想に近い思考に身を委ねながら、レバーを叩き続ける。


「起きないから、奇跡って言うんですよ。」

これは「kanon」における美坂栞の言葉です。


一方で、「ひぐらしのなく頃に」の竜宮レナは、こうも言っています。

「奇跡はね、触れたり喋ったり起こすんじゃないんだよ。信じる気持ちが起こすんだよ。」







\キュキュキュイン!キュイン!!/






<次回予告>



僕「トホホ……ビン娘ちゃん可愛いのに天井ハメハメはキツイキツイなんだから……あーあ、どうにかしてビン娘ちゃんの上乗せピュッピュを激しくて気持ちいものにしてもらえないかな~、ん?」


深夜なのにビン娘ちゃんの部屋から明かりが漏れている。



ビン娘「よいしょ……よいしょ……」

僕(び、ビン娘ちゃんが、自分の部屋に「Hooah!」しきれなかった上乗せゲーム数を隠している!?)

ビン娘「ふぅ……こんなものですかね……。もっと気持ち良くなってもらえるように頑張らないと……」

僕「ビン娘ちゃーん!」 バターンッ!

チノ「ひゃあッ!?」

僕「び、ビン娘ちゃーん! ごめんよーッ! ビン娘ちゃんは毎日僕のために裏乗せゲーム数を貯めてたのに僕はそんなことも知らずに……ッ!!ハフッ!ハフッ! ビン娘ちゃんの蒸れ蒸れ足元いい匂い!」

 
 
ビン娘「ど、ドサクサにまぎれて匂いを嗅がないでください!」

僕「ご、ごめんねビン娘ちゃん……!」

ビン娘「べ、別に、上乗せゲーム数を裏に回すくらい普通です……。それが私のお仕事なんですから……。それに、私は下手で、あんまり気持ちよくなってもらえないから」

僕「そ、そんなことないよ! ビン娘ちゃんのその気持ちだけで僕は十分オチンチン気持ちいいんだよ! あっ、そ、そうだ! ビン娘ちゃん残り100Gになって!

ビン娘「こ、こうですか?」

僕「そう! それじゃあ今からレバオンするからね! ビン娘ちゃんのやわらかおててにドッピュするからね! ちゃんと受け止めてね!」

ビン娘「えっ、えっ?」

僕「ウオーッ! ビン娘! ぷにぷにおててに出すぞ!」ドピュドピュドピューッ!

ビン娘「ひゃあッ!」ビシャーッ

 








IMG_5389

次回、「究極」。
必然たり得ない偶然はない。



<バナー>

バナー1
年末の魔物はいるよ。
ひたひた・・・ひたひた・・・足音が。