※合わせて読んで頂きたい。
9月稼働 ~お嬢様「戦国コレクション2・・・?」主人公「いいから打ってみな」~

自分がお嬢様になったと思い込みながらパチスロを打つと、
打ち込み尽くした台でも新鮮な気持ちで打てるのでとてもオススメです。

0000087295




1月26日

お嬢様「パチスロには設定1から設定6まで、全て違った顔がありますわ。」
お嬢様「設定によって異なるドラマ、それこそがパチスロの醍醐味ですわ。」
お嬢様「だから前回打ったベタピンの台だけで、この台を判断するのは早計と言わざるを得ませんわ。」

お嬢様「よって、朝一から設定6の台を回すことにしましたわ。」
お嬢様「『6』の付く日は熱い。これは地球が滅びようと変わらない唯一の真実ですわ。」


先程から精神異常者のような妄言を言い続けている彼女は、俺のイマジナリーフレンド。
某国の貴族だかの出身の彼女は、「マジハロシリーズではノワールが一番かわいいことを世に知らしめめたい」とか言う馬鹿げた理由で俺の家でホームステイを続けている。

先日ふとマジハロ5を紹介したところ、見事にクソ負けした癖して彼女は寝ても覚めても上記の台詞を繰り返している。
そして今日は待ちに待っていた6の付く日。朝一から開店待ちの列に並ぶのを眺めるのだった。



IMG_6633
お嬢様「並んだ甲斐あって、無事マジハロ5に着席出来ましたわ!!」
お嬢様「そしてオスイチで何か変な出目が出て扉が閉まりましたわ!!何ですのこれ!?!」

主人公「・・・リセ後のART押し順正解だな。設定変更確定だ。」

お嬢様「前日の履歴は・・・余裕で2000枚以上吸い込んでますわね。」
お嬢様「やはり全6ですわね。」

主人公「(設定1から設定1への打ち換えだろうなあ・・・)」


お嬢様「せっかくだから、この台の高設定の挙動をいつもの気持ち悪い早口で教えてくださる?」

主人公「一番大きい設定差としては、やはりボーナス当選時のART抽選だな。」
主人公「設定1なら1.5%とかの確率が、設定6なら12.5%だ。」
主人公「この10倍近い差はやけくそとしか思えないが、まあ設定1が極端に低いだけだな。」
主人公「ちなみにこの時の専用演出として、通常時でも「まじかるちゃんす」が出るぞ。」

お嬢様「通常時に突然まじかるちゃんすとか、勃起してしまいそうですわね。」

主人公「まあ1日打てば、ここだけ見ていても設定1か否かは判別出来るだろうな。」


IMG_6683
お嬢様「これのことですわね?」(勃起)

主人公「そうだ・・・が、銀箱だと逆にちょっと怪しいな。」
主人公「もしかしたら、隠れ超高確で3セット以上獲得してるかもしれないからな。」
主人公「完全に低確率状態でこの演出が出て、かつARTが単発だったら間違いないだろう。」


IMG_6706
お嬢様「これのことですわね?」(射精)

主人公「はい。」



(以下ダイジェスト)


IMG_6661
主人公「ボーナス確率だけだと設定に大した差はないが、リプ重複のバケには3倍くらい差があるぞ」

お嬢様「準備中の青発光はその時点でリプ重複か特リプ重複0確ですわね。」
お嬢様「そしてもちろんリプ重複でのバケでしたわ。6じゃない要素が見つかりませんわね」


IMG_6644
お嬢様「しかし、1500Gだけ回した時点で投資は5万を越えましたわ。」
お嬢様「例のごとくボナが重いのはさておき、その全てがバケなのは見えざる手の意志を感じますわね。」

お嬢様「まあ、設定6ならこの後余裕で取り返せますわね。」
お嬢様「むしろ帳尻合わせの怒涛のKPE連に期待が止まりませんわね。」


IMG_6699
お嬢様「ノワールちゃんはやはり恐ろしく可愛いですわね。しゃぶって頂きたいですわ。」


IMG_6642
お嬢様「可愛い娘は幼少期も当然愛らしいですわね。」
お嬢様「ハイエース大人買いしてきましたわ。」


IMG_6639
IMG_6675 - コピー
お嬢様「もう辛抱堪りませんわ!!」
お嬢様「ノワールちゃんオンリーの薄い本イベントはいつ開催されますの!?!」



IMG_6703
お嬢様「予想通り6000Gも回した頃には、ボナ確率も公称値ぐらいまで(1/171)収束しましたわ。」
お嬢様「最終的には7000Gちょっと回し、閉店お残しの無いように早めの撤退ですわ。」


IMG_6645
IMG_6658
IMG_6681 - コピー
IMG_6695
お嬢様「そしてこれが、この日の一撃一覧ですわ。」
お嬢様「投資52000円、回収16000円の圧倒的敗北ですわね。」

主人公「・・・敗因は?」

お嬢様「上乗せ特化ゾーンがキンカボ1回しか引けなかったことですわね。」
お嬢様「やはりマジハロ5は上乗せ特化に全振りしたマジハロシリーズの面汚しですわ。」

-36000円

~ 完 ~




<超絶おまけ>


11. 名無し 2019年01月31日 09:16
5 パチスロ業界の規制にはできないという理由でホームステイしてるのに主人公が紹介してからパチにハマるというわけわからん設定。
ちなみに前は庶民の生活が知りたいとかいう理由でホームステイしてたはず。
そういう細かいところをちゃんとしないと読者を引き込むことはできないよ




AA
同じ過ちを何度も許す、仏を越えるほどの寛大さと噂される僕の心を持ってしても、
この名無しは許せない。一発NG。

この僕を貶すのは許そう。お嬢様を貶すのもまあ許そう。
しかし、お嬢様の設定の甘さを指摘することだけは許されない。名無しは童貞の逆鱗に触れた。

いいか?
当初「庶民の生活を知りたい」として主人公の家に転がり込んで来たお嬢様は、主人公からパチスロを紹介されてその素晴らしさに魅了された結果、日々キツキツになっていく規制に業を煮やし、「最近のパチスロ業界の規制には我慢ならない」として予定していた滞在の期間を伸ばしホームステイを続けているのです。
ホームステイを”している”から”続けている”に変わっていることから、これが後付設定で無いことは確定的に明らかであり、つまりお嬢様シリーズの設定に矛盾は存在しない。
プロ読者の方ならそこまで汲み取って頂きたかった。


なんなら僕は、お嬢様の姿さえ思い浮かべながらお嬢様シリーズを書いている。

(お嬢様キャラクターデザイン)
ojo

(お嬢様設定)
・お嬢様アイ:青い。ツリ目気味。
・お嬢様ヘアー:金髪と茶髪の中間ぐらい。幅広なおさげ髪が特徴。
・お嬢様おっぱい:すごく大きい。大きければ大きいほど良い。
・お嬢様ファッション:ブカブカな緑色のクソダサパーカー。下はジーンズ。
・お嬢様ふともも:太い。
・お嬢様おまんこ:弱い。何を突っ込まれてもすぐに堕ちる。

(主人公設定)
・主人公アイ:見えない。主人公とは顔が無いものである。
・主人公ヘアー:亀頭ヘアー。主人公とは男根のメタファーである。
・主人公ファッション:無地Tシャツ。主人公には個性など必要ないものである。


これがお嬢様だ。

おそらく低能かつ無知蒙昧なお前らは、この服装から「お嬢様っぽくないのでは?」という懸念を抱くでしょうが、当然それにも理由がある。
お嬢様はお嬢様なので、ドレスコードの存在しない店など考えられない。
よって、パチ屋にいる客がどれもこれも近所のコンビニ用かパジャマみたいな服装だったので、
これがパチンコ屋におけるドレスコードなのだと理解したのです。

しかし、お嬢様はお嬢様なので、そんな貧相なお召し物など持ってはおらず、
仕方なく主人公の服を勝手に着ている訳です。だからブカブカなんですね。

一方で、そんな服を着ていてもなお、お嬢様の育ちの良さと気品は隠しきれない。
パチンコ屋に咲く一輪の花。それがお嬢様。

もし上の画像で「ドンキホーテとかに居そう」という声があれば、それは僕の画力の問題です。
本当のお嬢様はお前らが描くんだよ。早くしろよ。

~ 完 ~


<バナー>

バナー1
パチスロお嬢様シリーズは全てのメディアミックスを歓迎します。
僕を印税で生活させてください。