僕はパチスロ依存症でないしニコチン依存症でもないしハゲてもいないつもりでいます。

0000087295



<パチンコは、適度に楽しむ遊びです。>

リカバリーサポート・ネットワーク
(親の顔より見たポスター)

皆様は、このポスターを見たことがあるでしょうか。

いや、やっぱり答えなくても結構です。
パチスロをやっている人で、これを見たことが無い人はいないと信じているから。

出入口やトイレや自販機の横。パチ屋のあらゆる所に出没するこのポスター。
負けている時に見たら神経を逆撫でされて煽られているように感じますし、
勝っている時に見れば勝ち組の自分には一切関係が無いと感じられる、
誠に存在意義を疑うものではあるため、これまで真剣に気にしたことはありませんでした。

しかし、今一度冷静になって考えてみる。
休日は常にホールに通い、生活費以外はほぼパチスロに費やし、
何なら多大な時間をかけて毎週2日欠かさずこんなブログを更新している。

自分では「依存している」という感覚は1ミクロンたりともありませんが、
客観的に見るとどうなるか、ふと気になってしまったのです。

依存症と言えば立派な病気ですからね。
それも精神的なものなので、認定されれば黄色い救急車のご厄介になる日もそう遠く無いでしょう。
品行方正、冷静沈着、生涯童貞を絵に描いたような僕にとっては、まるで関係のない話ですが、
まあこの機会に真面目に受けてみるのも悪くはない。

早速ですが、このポスターの右下にある項目を一つずつ見ていくことにします。


<回答>

☑パチンコをするためにウソをついた
パチンコをするため以外に嘘を付く必要があるのかと言いたいほどに、付きます。
主に飲み会に誘われた時とか、休日に会社の人との集いに誘われた時に、言います。
「あ、これから友達と会うんすよ。(早く帰れるんだからパチスロ打ちに行きます!!)」
「いや~、ちょっと明日は親との用事が・・・。(んほぉ!パチスロ打ちましゅう!!!)」
「その日は実家に戻らないと・・・。(休日にパチスロ打ちに行かねえ訳ねえだろ!!何が悲しくてサバトみたいな会合に参加しないといけねえんだ死ね!!!!)」

☑使ってはいけないお金を、使ってしまった
僕は老後を悠々自適に過ごすために、生活費以外は全て貯蓄及び資産運用に回したいのですが、
気がつけば全て回動遊技機に飲み込まれています。
この高齢化社会において生涯独り身が現実的である以上、無駄に使っていいお金などありません。
よってパチスロを打つ際、常に使ってはいけないお金を使っています。

☑負けを取り返そうとして、途中で止められなくなった
そりゃそうよ。

☑やり始めると、時間や金額が分からなくなってしまう
朝一開店直後から特攻し、気がつけばお昼を食べる時間すら逃し、
夕暮れになっていることはよくあります。
それだけ熱中できる趣味があるということは素敵なことでは無いですかね?(綺麗事)

□パチンコをするために、お金を借りた
流石にそれはちょっと無いわ。
以前の項目に比べていきなりレベルが上がりすぎている。
こんなんこの一つにチェックした時点で人生が終わっているようなもんでしょう。

□パチンコが原因で、大切な人とケンカになった
大切な人とかいません。(無敵)


よって、6項目中4つにチェックが入りました。
おそらくこの全項目にチェックが入れば立派な依存症患者なのでしょう。
4つはギリギリセーフラインかな?僕が依存症である訳がないので、これ以上がアウトでしょう。


<結果>

リカバリーサポート・ネットワーク
は?キレそう。
こんなん全人類が該当するでしょ。

よく分からん団体が勝手に作ったチェックシートで、依存症と認定されるなど許し難い。
失礼である。無礼である。怒髪天である。

とても納得出来ない。
もっとこう、権威ある団体とか、データに裏付けされたテストによる診断を要求する。



<SOGS(South Oaks Gambling Screen)テスト>

sogs
よって、見つけました。
その名もSOGS(South Oaks Gambling Screen)テストと言います。

パチスロに限らず、ギャンブル全般に対応するこの依存症テスト。
パチスロとは賭博に他ならないため、当然この結果が適用可能でしょう。

何かもう名前からして権威に溢れていそう。
その上英語の論文とか見てしまったらば、ひれ伏しその全てを信用せざるを得ない。

まあただ、ぶっちゃけこの内容を全部日本語訳して自分で解くとか面倒臭くてしょうがないので、
何か精神科のサイトとかに同じテストが載っていたので、それを流用して回答しようと思います。


<回答>

◯ギャンブルで負けたとき、負けた分を取り返そうとして別の日にまたギャンブルをしたか。
 ☑しない
 □2回に1回はする
 □たいていそうする
 □いつもそうする

別に負けを取り戻そうとしてパチスロをしている訳ではない。
パチスロ以外に趣味がなく、パチスロが生きがいだから休日の度に打っているのである。
よってこの回答は「しない」が適切。愚問と言うほかない。


◯ギャンブルで負けたときも、勝っていると嘘をついたことがあるか。
 □ない
 □半分はそうする
 ☑たいていそうする

トータルでは勝ってる。(負けてる)


◯ギャンブルのために何か問題が生じたことがあるか。
 ☑ない
 □以前はあったが今はない
 □ある

僕の人生において問題などというものは自身が童貞であることぐらいしかないのですが、
僕が童貞である原因が、パチスロに興じていることと断ずるには因果関係が不明なため、
ここの回答は「ない」が正しい。

まずはそもそも、童貞であることが問題かという議論から始めるべきではないですかね?


◯自分がしようと思った以上にギャンブルにはまったことがあるか。
 ☑ある
 □ない

具体的な例を挙げるのならば、マジハロ5でしょうか。
「こんな台は打ちとうない!」と思うも、気がつけば打っている。ドハマリしている。

パチスロ全般について言えばどうかとなると、僕はパチスロをしようと思えばどこまでもするつもりでいるので、それを超えることはありません。


◯ギャンブルのために人から非難を受けたことがあるか。
 □ある
 ☑ない

こんなブログを書いていますが、リアルではパチスロすること自体を隠しているため、
非難を受けることはありません。

職場の人とかに「休日に何してるの?」と聞かれた時は、主に「パソコンしてます」と答えてます。
(その副作用として、年がら年中youtubeを見ているヤバい奴というレッテルを貼られました。)


◯自分のギャンブル癖やその結果生じた事柄に対して、悪いなと感じたことがあるか。
 □ある
 ☑ない

何に対して、誰に対して悪いと思うのでしょうか?
許可を得て大手を振って営業しているパチ屋に入店することが、そんなに悪いことなのか。
この設問はパチスロ業界に携わる全ての人々に失礼ではないですかね?


◯ギャンブルをやめようと思っても、不可能だと感じたことがあるか
 □ある
 ☑ない

パチスロをやめようと思ったことがありません。(天衣無縫)


◯ギャンブルの証拠となる券などを、家族の目に触れぬように隠したことがあるか。
 ☑ある
 □ない

大学時代、天井エナだけで生活出来るぐらい稼いでいた頃、
仕送りを送り続けて貰うため、新たに口座と通帳を作ってそこに金を貯めていました。

卒業したあたりで親に勝手に通帳見られて普通にバレて、
何かヤバい裏の仕事でもしているのかと疑われた。


◯ギャンブルに使う金に関して、家族と口論になったことがあるか。
 □ある
 ☑ない

パチスロで5万負けても「ちょい負けだった」とか言うので、口論になったことはありません。
多分薄々親も感づいているかと思います。


◯借りた金をギャンブルに使ってしまい、返せなくなったことがあるか。
 □ある
 ☑ない

金を借りてパチスロとか、こんなテストやるまでもなくアウトでは?


◯ギャンブルのために、仕事や学業をさぼったことがあるか。
 □ある
 ☑ない

仕事は欠かさず毎日行っていますし、大学時代は二年目ぐらいでしっかり単位を取っていました。
我ながらちょっと有能過ぎるのでは?


◯ギャンブルに使う金はどのようにして作ったか。またどのようにして借金をしたか。
 ☑生活費を削って
 □配偶者から
 □親類、知人から
 □銀行から
 □定期預金の解約
 □保険の解約
 □家財を売ったり質に入れて
 □消費者金融から
 □ヤミ金融から

金を借りるのにも、こんなに種類があるのだなあ。
全く利用したことがないので分かりませんでした。

まあ僕のパチスロ費は生活費と全く同じ口座及び財布から捻出しているので、
生活費を削ると言うかパチスロが生活費の一部のような扱いになっているんですがね。
ちなみに働き始めてから、僕の銀行残高は増えてません。むしろ減ってます。(半ギレ)



<結果>

無題




yurusareta
「将来ギャンブル依存症になる可能性が高い」という事は、
要は現在依存症ではないと言うことでしょう?

この結果が見たかった。
今の僕のパチスロに対する姿勢は、依存症では無いということが学術的に証明された訳です。

これ以上のめり込むことが無いよう、これまで通りにじゃぶじゃぶ金を注ぎ込もうと思います。
パチスロは、適度に楽しむ賭博です。

~ 完 ~



<バナー>

バナー1
自分で依存症だと自覚出来るのは、自慰行為ぐらいです。(日に2回)(怠ると躁鬱の症状が出る)