この台のタイトルを見た時に、
ラスターの「メガミリオネア」を思い出した人は素質がある。(キチガイの)

0000087295



5月2日

・黄門ちゃまV 女神盛(メガモリ)

IMG_9448
お銀ちゃんかわいい。(挨拶)
よって、黄門ちゃまの新台を打ちました。

前作の「黄門ちゃまV」は、実は何だかんだ言って打っていない。
お銀ちゃんがすこぶる可愛いという情報は聞き齧っていたものの、
Twitterで流れてくる画像を見ていれば満足していたと言うか何と言うか・・・。

あの役物が動いてお銀ちゃんの服が透ける演出とか、
実際に自分がホールで見たら射精からの出禁コンボが目に見えていましたしね。
ホールで打たず、家でTwitter眺めてシコる。これが正解。最も賢明な立ち回りと言えましょう。


そんな訳で、前作は知らない僕ですが、
お銀ちゃんがメインになった続編が出てしまったので、ちんぽの赴くままに特攻しました。

オリンピアもようやく、黄門ちゃまを打つ層の顧客分析が出来たようですね。
この版権はお銀ちゃんの存在により成り立っている。お銀ちゃんがいなければこんな台は誰も打たない。

だからこそ、お銀ちゃんを完全に全面に押し出した今作の意義は非常に大きい。
オリンピアが打ち手目線に立って台を作っていることの証明です。神メーカーの証です。


IMG_9451
見てくれこのえっちの概念が服を着て闊歩している通常画面を。
最近のパチスロとは、どれだけシコリティの高い台となっているかによって台の評価は大きく左右されるため、この台のアドバンテージはちょっと凄いぞ。


IMG_9355
ポイント管理性の通常時とか、相変わらず寒い劇画調とか、いつものオリンピア感は否めない。
それでも、常にお銀ちゃんが現れてくれることで安らぎが段違いですね。


IMG_9356
IMG_9358
IMG_9360
IMG_9362


IMG_9365
ポイントが溜まった時の演出も、CZも、全てがお銀ちゃんメイン。
こういうのでいいんだよこういうので。


IMG_9367
そしてこのCZは、ステップアップ3から発展したのでおそらく期待度の高いやつなのでしょう。
リプやベルが成立とルーレットの出目がリンクする、言ってしまえばスゴスロの丸パクリ。

揺りかごから墓場までNET信者の僕が、こんなCZを取りこぼすはずがない。


IMG_9374
上手いことランクアップマスでリプやらベルやらを引き続け、あっさり大当たりです。


IMG_9376
なんか馬鹿みたいな爆音とタイトルコールとともにAT突入。
リアルに周りからの振り返る視線を感じ、まるで万枚を達成したかのようですが、ここが始まり。


IMG_9378
そう言えば、初当たりの1/2で家康降臨が選択出来るんでしたっけ。
しかし、「お銀LOんVE」とか如何にもお銀ちゃんが見れそうな特化ゾーンが0%という無能の極みな采配になってしまっているため、ここは当然左を選択します。


IMG_9384
やったっぽいぜ。


IMG_9385


IMG_9387
IMG_9388
IMG_9389
IMG_9391



blog011803



IMG_9392
IMG_9394
なんかドスケベ度合いに比べてゲーム数が少ない気がする。
こんなもんなんすかね?


IMG_9396
さて、それでは本番のATに突入です。
正直この女神要素は要らなかった感が半端ないですが、ここらで改めてスペックでも確認しておこう。

え~と、純増は3.5枚・・・6号機にしては割と大人しめですね。
ガッツリ高純増で走り抜けさせるよりも、
じっくりお銀ちゃんを見て貰おうというオリンピアの心意気でしょうね。素晴らしい。


IMG_9409
そして数ゲーム回すと、あっさりCZ突入・・・。

あれ、これさっき通常で入ったやつと同じでは?
もしかしてこの台って、もう全てがこれベースで行われるんですかね?
実質スゴスロやん。つまりは神台やん。


IMG_9399
お銀デートです。


IMG_9400
IMG_9410


IMG_9418
前々作である黄門喝も含めて、初めてのお銀デート成功です。
てっきり性交まで行くのかと思っていたのですが、そうではないのですね。
幻滅しました。オリンピアは藤商事の萌え萌え大戦争を参考に、デートの終着点とは何かを理解して頂きたい。


IMG_9427
そして、成功後の特化は安定を選んだのですが、なんか出てきました。

IMG_9441
シコリティが高くないので割愛します。



IMG_9444
そんなこんなで、



IMG_9447

+9000円

~ 完 ~



(感想)

2wjTgpj
救いようのないクソ台だと思います。(唐突な手のひら返し。)

コンセプトは悪くない。お銀ちゃんをメインに据えるのはこのシリーズにおける唯一の正解でしょう。
演出も若干余計な女神要素が強すぎる感は否めませんが、まあ目を瞑れる範囲だとは思う。

しかし、問題はスペックである。
敢えて上の稼働報告では触れておりませんでしたが、この台には完全なる欠陥要素があります。

それは、AT中に突入するルーレット及びCZ。この間は、何とベルナビが出ません。
最初は何かペナでもしたか、それとも打ち方を間違ったかと疑っていましたが、
残念ながらこれが仕様。間違っているのはオリンピアのスロットに対する考え方でした。


ルーレットでは、自分がリプベルを引くまで否が応でも続く。
その後のCZでも、例えばお銀デートでは20G+演出当否の数Gがナビ無しとなる。

繰り返しになりますが、これはAT中に突入するものですよ?
何が悲しくて大当たり中に出玉を減らすゾーンを経由しなければならないのか。

6号機ではHEY!鏡を筆頭に、様々な台で露骨な出玉調整ゾーンが存在する。
それらは大当たり後にCZに突入することで、実質的な減るゾーンを経由している訳ですが、
この仕様では当たり続けることが難しいため、どうしても爽快感が欠けてしまう。

それを解決するため、女神盛ではこれをAT中に持ってくるというサイコパス的な発想に至りました。
一体どんな歪んだ人生を歩んで来たらこんな結論に辿り着くのでしょうか。
オリンピアは「本末転倒」と言う言葉をご存知ないと見た。


結論をお伝えします。

黄門ちゃまV女神盛は、現状の6号機におけるワースト台だと思います。

~ 完 ~
 

<バナー>

バナー1
最近のオリンピアはスロ業界を終焉に向かわせようとしているとしか思えないのです。