20180718045825
時は来た。それだけだ。

0000087295



【はじめに】

Screenshot_2020-03-19
(日遊協のホームページから拝借)


今更ご紹介するまでもなく皆様はご存知でしょうが、4月1日からパチ屋は禁煙になります。

このニュースに対する感想は、綺麗に二極化されるのではないでしょうか。
非喫煙者からすれば、この上ない朗報。
喫煙者からすれば、この上ない悲報。

喫煙者と非喫煙者は決して相入れない存在。
水と油の擬人化なのだ。(当然喫煙者は油側)(汚いから)


正直、今だに考えられないのです。
パチ屋の空気は、煙草の煙で燻された饐えた匂いであって然るべき。
あの劣悪な環境を過剰に美化するつもりはありませんが、無くなってしまうことに対しては一抹の寂しさを感じてしまうこともまた確か。
ある意味、日本の古来からの無形文化財が霧消してしまうようなものでは?

それに、パチ屋の禁煙化による実害も考えうる。
クソハマっている最中に精神安定剤としての一服が出来ない。
天井に到達した際の安堵感と期待感を一緒くたにした一服が出来ない!
天井単発で終わったやるせない気持ちを鎮める一服が出来ない!!

何かとストレスフルな昨今のパチ屋で、昂ぶる精神を落ち着かせる唯一の方法が封じられてしまう。
これはニコチン依存症患者による台パン率の爆増が見込まれてしまうのではないか。
どうにか台パンを堪える代わりに、「セックスおまんこ」と叫びだしたり、はたまた突然シコリだしたりする客が現れてもおかしくは無い。
いずれにしても、パチ屋内の風紀の悪化は避けられそうにありませんね。


まあ、健康上はどちらが優れているかなど一目瞭然なのですけれどもね。
いくらニコ中が感情的に喚き立てようが、煙草が百害あって一利も無いことは疑いようの無い事実。

喫煙者の僕としても、他人の煙草の煙の臭いほど忌々しいものはありませんからね。(!)
自分の煙は全く気にならない。他人の煙は反吐が出るほど気に食わない。
これが包み隠さぬ喫煙者の本音というものなのです。基本的に喫煙者は屑なのです。

他人の煙が気になるから、気にならないように自分も吸い始める。
そしたらば他人も僕の煙を気にして、さらに気にしないように吸い続ける。
それが巡り巡って、いつしか店内全てが灰皿となるのです。性悪説の具現化。


・・・こうして考えれば、パチ屋で他人の煙が気にならなくなるのであれば、
もう煙草を吸い続ける意義など存在しないのではないか。

思い返して見れば、吸い始めた切っ掛けだってパチ屋の余りメダルで交換した煙草が勿体なかっただけで、積極的に吸う理由など見つけられない。
その上で身体には悪い。口は臭くなる。ハゲる。
メリットなど存在しないのに、デメリットは幾らでも挙げられる。

よってここに断言します。
パチ屋の全面禁煙化に伴って、禁煙を始めない奴は脳味噌が足りない。
常識的な思考力があれば、今だに煙草を吸い続けるなんて発想には至るはずもない。
2020年4月1日以降、タバコを吸い続ける輩は人間の屑だ。



(アイキャッチ)

wdy2QaOEZawrQZA_e78gv_76



【童貞と始める禁煙方法】

さて、一口に禁煙を始めるとは言ったものの、「辞める!」と言って終わるほど単純ではない。
十年近く毎日一箱吸い続け、こんな記事を書いている今でさえ何本も灰にしている。
僕の鋼の意思を持ってしても、そう簡単に続けられるものでないのは理解している。

長年続けて来た慣習を急に辞めることは不可能である。
パチスロ引退宣言を数え切れないほど繰り返して来た君達には、もはや説明するまでも無いでしょう。


そこで提案します。

4月1日から、僕は下記の3つを人生から禁じることとします。

1.煙草
2.パチスロ
3.オナニー

禁煙・禁スロ・禁オナニーの3禁。
おそらくこれを実施することにより、人生の質は著しく向上するであろう。

・・・しかし、初っ端からネタバレするようで申し訳ありませんが、
僕はこれらを達成出来る気がしません。する気もありません。()

肝心なのは、本当に禁止したいものに加えて、そうでもないものを同時に禁止すること。
これにより、禁欲と欲望の開放のバランスを保つことが出来るはずなのです。


具体的に言いましょうか。

まず、僕は毎日一箱近くの煙草を吸っています。
さらに、休日は間違いなく、平日にも気が向いた時にパチスロに興じています。
その上、僕は毎日朝晩2回のオナニーを欠かしません。

これを一挙に封じた場合、身体に支障をきたすことや精神が崩壊することが容易に想像出来ますね。

だからこそ、その寸前で禁欲の一つを開放する。足りなければ二つ開放する。
そうすることで、禁欲に晒された僕の身体は十二分に充足感を覚えるはずである。
これこそが「ただしどうしてもと言うならば、◯◯しても良いものとする」理論です。

この理論を備えた僕に、禁煙の失敗などあり得ない。
Xデーたる4月1日に向けて、事前の準備など必要があるはずもない。
心置きなく煙を吹かし、パチ屋に通い、シコリまくるのだ。
残り数日の猶予期間を、いつも通りに過ごすのだ。

4月1日以降の僕にご期待ください。

~ 完 ~



<バナー>

バナー1
冷静に見返すと、この記事の内容の無さは酷い。(思った以上に話が膨らまなかった)