2008年09月12日

勝ちたい気持ち 〜競技者のメンタリティ

サッカーに限らずスポーツ全般で、最近よく耳にする言葉で、気になる言葉がある。

「相手のほうが勝ちたい気持ちが上だった」とか「勝ちたい気持ちで相手を上回った」とかの「勝ちたい気持ち」という言葉。

これ便利な言葉でいて、危うい言葉ですね。

競技を行ううえで、この「勝ちたい」という気持ちは、全ての競技者の中に存在しているのが前提であると思うし、特に相手がある対戦競技の場合、それがないと競技そのものが成り立たなくなってしまうと思うのだが、ここ最近この「気持ち」の大小について言及されることが多いように感じる。

もちろん試合に臨む双方のモチベーションは、必ずしも同等ではないだろう。
例えば予選リーグで既に勝ち抜けが決まっているチームと、その試合の結果いかんで勝ち抜けが決まるチームとの対戦の場合、当然後者のほうが「勝ちたい気持ち」は強いだろう。
だからと言って必ずしも後者が勝つとは限らないのが勝負事であり、そこにはまず実力差というものがあるし、それ以外にも怪我人やジャッジ、天候などといった不確定要素も存在するから、そういった雌雄を決する要因を客観的に判断できる場合は、「勝ちたい気持ち」云々が言われることも少ない。
往々にして、その力がほぼ同等と思われるチーム同士の対戦であったり、拮抗した試合内容だったりした場合に、この「勝ちたい気持ち」が取り沙汰されるようだが、私はそこに落とし穴が潜むと思う。
勝ったから「気持ちがあった」、負けたから「気持ちが足りなかった」、と言うのは余りに安易でないかと思うのだ。
本質を見誤りかねないし、ともすれば勝因敗因を突き詰める妨げになったりしないだろうか。

そもそも気持ちというやつは目に見えないものだし、もちろん数値化できるものではないだけに、それを結果論として相対化すること自体ナンセンスではないか。
ともすれば感情を表に出すことが苦手なおとなしい選手が多い東京などは、この手の話で槍玉に挙げられる可能性が高い。
最近のように閉塞した状況で、惜しい引き分けや、何かのあやで負けてしまったような試合が続けば、「気持ちが足りない」という批判も出てくる。
しかし「○○が足りないから負けた」「○○の下回ったから負けた」という○○が、安直に「気持ち」に置き換えられてしまうのはどうだろうか。
本当はそれが「運動量」であったり「ポゼッション」であったりしてもだ。

そういう意味でこの「気持ち」というやつは、戦犯を探すのに便利であり、サポーターがやり場のない感情をぶつけるのにはうってつけの言葉ではあるが、それを選手本人や指揮官が口に出すようであれば、それは「ちょっと待てよ」と言いたくなってしまうのである。

確かに選手は機械ではなく、感情を持った人間なので、個々のモチベーションは様々だろう。
これは先日フットサルを観に行って実際に感じた話なのだが、1−7という屈辱的な敗戦を喫した後、私は観戦仲間に付き合って、開場で出待ちというやつをした。
出てくる選手たちは、さすがにそんな試合の直後であるから、一応に悔しそうな表情を浮かべていたのだが、それでも一人ひとりの表情を観察してみると、実は個人差があるのに気づいた。
ある選手は固い表情を崩さず、ファンの問いかけににもうつろな表情で答える。
ある選手は逃げるように会場を一目散に後にする。
そんな中にも早くも気持ちを切り替えたのか、あっからかんと談笑する選手もちらほら見かけるのだ。
一瞬「お前はあんな無様な試合をした後で悔しくないのか」と口をつきそうになったが、そんなことは我々に言われるまでもないわけで、感情表現は十人十色、今笑っている選手も、この後一人になれば、きっと唇を噛んで悔しがるのだろうな、などと思い直した。

このように思い入れが強ければ強いほど、ことの本質を見誤ってしまう危険性が高い。
どうか東京には、我々応援者がそこに踏み込んだ非難をするような状況にならないように、すっきりと勝ち負けして欲しい。
プロフェッショナルがぎりぎりで勝負をするこの世界に足を踏み入れたこともないような傍観者に「気持ちが足りない」などと軽々しく批判されることのないように。
そんなことを考える今日この頃である。



ikuty1104 at 10:52│Comments(1)TrackBack(0) FC東京 | サッカー全般

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by SOCIO13385   2008年09月14日 09:23
5 一瞬の集中力の欠如や一瞬の判断ミスで勝敗が決した場合もソノ言葉で片付けられる可能性がありますね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
いくのしん
FC東京とペスカドーラ町田を応援しています


プロフィールはこちらにて
言っとくけど長いぞ
Recent Comments
QRコード
QRコード