しばらくは、手で隠しているオマンコの周りを舐めたり
オッパイを揉んだり、舐めたりしていると靖子は、手で隠しているマンコそのものも感じてきているのか、いい声を出しながら感じている。

俺は、オマンコの前にチンコを向け、オマンコを隠している靖子の指に亀頭をあてた。

「ああっ」

チンポの先っぽで、マンコを隠している指を一本一本そっとなぞっていく。

「ああん」

指がすこーし開いた、その間からマンコ汁が見える。

もう充分に濡れているようだ。

さらに、マンコを隠している指にチンコの先をなぞるように触れてやると

「ああ もう駄目」

と言いながら、マンコを隠している指がチンコをつかみ、マンコの中に入れようとしている。

俺は、靖子のするがままにしていた。

完全にマンコから指が離れ、オマンコがきれいなマンコが丸見えだ。

”オマンコが丸見えだぞ!靖子のオマンコはきれいだけど、いやらしいマンコだな。 おつゆがいっぱいだぞ”

「イやん 恥ずかしい見ないで」

と言いながら、開いたマンコを隠すように、マンコに、指で握ったチンポを挿し込もうとしている。

「ああ 入ってきた」

と言いながら、のけ反る靖子だった。
のけ反りながらも、チンポをオマンコの奥に入るように腰をずらすようにして、大きく勃起したチンポを全部、マンコが飲み込んでしまった。

「ああ 気持ちいい ああ」

と言いながら、体をくねくねする靖子だった。

「ああ お願い 動いて? 私をめちゃめちゃにして」