靖子の希望通り、オマンコの中をチンコで”の”の字を描くように腰を回した。

「ああ あそこが掻き回されている」
”どうだ いいか?”

「ああ 素敵よ 気持ちいい」
「そうか もっと大きく回してやろうか」

と言いながら、オマンコの隅々まで大きく”の”の字を描いてやる。

「あああ 素敵 ああ」

と言いながら、シーツをつかみながら体をくねらせている。

”そろそろ イカせてやるからな”

と言いながら、”の”の字からピストンにした。

軽ーいピストン運動から、だんだん速くしてピストンしてやると
のけ反っている体が、さらにのけ反りながら感じ、喘いでいる。

息遣いが荒くなり、そろそろ絶頂を迎えそうになってきたので、ガンガン腰をオマンコに打ちつけた。

「ああ ああ すごい 凄い ああ イクッ」

と言いながら体が跳ねるようにして、
「イクッ」と大きな声を出しながら、イッテしまった。