朋美が起き上がり、俺を仰向けにさせてチンコを触っている。

「もうこんなに大きいよ」
”朋美のクリを舐めていて、こんなになっちゃったよ”

「フフ 大好き この大きいの 大好きよ」

と言いながら、チンコを握りながら撫でながら、キンタマを揉んでいる

”ああ 朋美 気持ちいいよ”

何度も何度も、チンコの大きさを確かめるように撫でている。

しばらく、竿を撫でながらキンタマを揉んでだ後、口をチンコの先っぽに触れてきた。

先っぽに、朋美の唇が触れた時

”おおっ 気持ちいいよ”

朋美は、舌で先っぽを舐めてくる

さらに快感が増してきた。

「おつゆが出てきたよ」

と言いながら咥えた。

”ううっ 気持ちいいよ!”

さらに快感が走った。

ずるずる音を出しながら、しゃぶっている

その快感がどんどん増してきて

”ああ 朋美 だめだよ 出ちゃうよ”

それでも、朋美はおしゃぶりをやめない。

”朋美 ホント出ちゃう だめ だめ 出ちゃうよ”

最後に思いきりチンポを吸った後、口をはずした。

”ああ 気持ち良かったよ 危ない危ない もう少しで出ちゃうところだったよ”