前からいかした後、四つん這いにさせ、後ろから入れてやると

「ああん もう入れちゃうの?」
”いやか?”

「ううん 嬉しい 思いきりやって 」

その声に、俺はチンコを四つん這いになっている朋美のマンコに、ガンガン送り込んだ。

バーン ばーん

と肌と肌とがぶつかる音が、大きくなり

チンコをマンコに、何度も何度も貫いた。

「ああ すごい 凄い ああ また また イッチャウ」

と言いながら、顔をシーツに埋めながらイッテしまった。