ゲストハウスに帰ってきたら、Wagnerさんが「向かいのお店がやってるスムージーが美味しいよ、毎日飲んでるくらいさ」
というので、2人で買いに行くも既に閉店(つД<)・゚。
しょんぼりしてたら、ゲストハウスのオーナーさんが「うちでつくったやつで良ければ、ラスト一杯だぜ!」とバナナスムージーをご馳走してくれた。
なんて優しさ(*・ω・*)
P_20181112_170429_vHDR_On

タイ最後の夜は、チェンマイナイトバザールへ。
友達は今日1日早くお帰りなので、早めに切り上げることに。
夕飯はがっかりなカオソーイ。
完全にインスタント麺、上の揚げ麺はゴムみたいだし、スープはしょっばいし(つ﹏<)・゚。
P_20181112_183830_vHDR_Auto

したい買い物もぼちぼち終わったところでどしゃ降り。
今までの中で最大級!
ということで、ソンテウで帰ることに。
P_20181112_192340_vHDR_Auto

戻ってきたら、オーナーさんからまたもや神対応。
「これ食べな!」
ダメダメカオソーイでがっかりしてたので、これは嬉しい〜(≧∇≦)b
P_20181112_193647_vHDR_Auto

このあとはゲストハウスから友達をお見送り。
とは言っても、ぼくも明日の朝には出発なので、たいして変わらないけれども。

しばらくしてから、友達から連絡が。
友「ヤバい、バンコクでの乗り継ぎ時、外に出られない。ゲストハウスキャンセルだ」
ざ「どういうこと?」
友「チェンマイの国内線カウンターで手続きしたら、お前はあっちだと国際線側へ連行された
ざ「きみ、バンコクの宿どうすんの?」
友「キャンセル料払ってキャンセル」
ざ「そりゃご愁傷様で…え?あれ?待てよ?それじゃ、ぼくが明日バンコクでタイの友達に会うってことも…
友「無理じゃない?」

エエエエエエーーー!?