◇◇チラシの裏 175枚目◇◇
toki.2ch.net/test/read.cgi/baby/1320310965/536

536 名無しの心子知らず sage 2011/11/09(水) 10:50:43.58 ID:ah1ICeuf
イマジネーションフレンド来た! 
3歳ちょっとの娘の友達は、頭にリボンがついた「みほちゃん」だそうだ。 
例によってみほという名前の知り合いは周りにいない。 
いそうな名前なのに、本当にいない。 
テレビで見たとか?でもテレビは殆ど見ないんだよね。 
不思議だなぁ。 


538 名無しの心子知らず sage 2011/11/09(水) 11:12:17.44 ID:g5Sb22Wv
イマジネーションフレンドって何? 
と思ってググったら、 

「イマジナリーフレンド」(または「イマジナリーコンパニオン」) 
小さい子どもによく見られる自我確立のための症状で、所謂、想像上の友達 
例えば、現実には存在しないアニメのキャラクターや、 
本来しゃべるはずのないぬいぐるみとお話をした、といったものがこれにあたる。 
自分という人格が形成されたころ(凡そ6~7歳)には自然と消える。 
※病気や障害ではないので“症状”という表現には語弊があるという記載あり 

そういえばうちの娘も3、4歳の頃に 
「ともちゃん」とかいう架空のキャラと遊んでいたことがあった。 

うちの場合はウサギのぬいぐるみなんだけど、話し掛けるとちゃんと
返事をするみたいで一人二役で会話をしているのではなく、 

娘「今日は何して遊ぶ?」 
ウサ「・・・」 
娘「いいねー、積み木ね!持ってくる!」 
娘「え?一緒にくる?いいよ、行こう」 

みたいに、想像で言っているのか、本当に娘にはぬいぐるみの声が
聞こえているかのような会話が続くみたいな事が結構あった。 

娘に聞いてみると本当に、ともちゃんと喋ってるよと言っていたし。 
その時は、想像力豊かな子!と思っていたけど、 
イマジネーションフレンドってやつだったのかも。 
今は6歳で、もうそういう存在はいないようだ。 



DVD いばらの王 -King of Thorn- 

   
 


アクセスランキング ブログパーツ