記事元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その11
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1451798260/101

101 名無しさん@おーぷん sage 2016/01/08(金)17:15:01 ID:7jj
父に私の知らない顔があったこと。

父は強面で、口はへの字で眉間にはシワを寄せていつも不機嫌そうな顔だった。
母に対しても「おい、新聞」だとか「お前、耳掻きどこやった?」だとか
偉そうな口ぶりで指図してた。

娘である私も父の笑った顔なんか見たことないし、物心ついたときから
父が怖くてあまり喋った記憶がない。
対称的に母は穏やかで、どれだけ父が怖い顔してようがニコニコ笑って
父の指図に応えてた。「お父さんはああいう顔なのよ」って言ってたけど
私は常になまはげに見張られてる感じだった。

私が高校生のとき、気分が悪くなって早退したことがある。
ちょうどその日は父が休みだったので、怒られやしないかと
ビクビクして帰ったんだけど、どこか出掛けたみたいだった。

そのまま自室で寝てたら、母が買い物から帰ってきて、
しばらくしたらもう1人帰ってきた音がした。

すると突然「○○ちゃ~ん」と母の名前を呼ぶ声がした。
父なら「おい」とか「お前」としか母のことを呼ばないので
不倫相手か?!とも思ったけど、何とも言えない低音は父のそれだった。

もうびっくりして気分が悪いのも忘れて、気付かれないように
居間を覗くと、母の膝に頭を預けて耳掻きしてもらってる父がいた。
「○○ちゃん、今日の夕飯なに~?」なんて甘えたような声を出してて
衝撃的すぎて「ヒエッ…」みたいな声が出てしまった。

その声に気付いた父が、なんでもないような顔で「帰ってたのか」とか
言ってたけど時既に遅し。母も「あらあら~」って笑ってた。

いつものなまはげが、七福神のうちの1人みたいな顔になっていたのがスレタイです。
その顔に出会えたのはこの1度だけ。



父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。




[ A D ]