記事元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その11
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1451798260/146

146 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)14:45:06 ID:rJ0
この時期になると思い出す。
息子の友達のYくんが、実はものすごい秀才児だったこと。

うちの息子とクラスメイトのYくんは、同じソフトボールチームに
入ってたこともあって、よく一緒に遊んでた。
カードゲームだとか野球だとか河原で秘密基地づくりだとか、
ほんとにふっつーの元気な男の子だった。

ソフトボールチームは12月に引退で、このやんちゃ坊主たちも
そろそろ中学なのね~なんてしみじみしていた2月中旬、
Yくんが超有名私立中学に行くと聞いた。
これが第一の衝撃。

中学受験するという話は聞いていたし、たまにテストで
ソフトの練習に遅れてくることもあったけど、基本的に全然休むことなく
不動のショート1番としてレギュラーで試合も出まくってたから、すごくびっくりした。
そういう子は、スポ少なんてやらないもんだと思い込んでたから。


147 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)14:56:38 ID:rJ0
中学になってからたまたま電車で会ったYくんにその話をしたら、

「○○(当時4年生だったソフトの後輩)のお母さんが、
 受験のため○○をやめさせるかもって話してたから。
 ソフト続けててもちゃんと合格するってところを証明したかったんだ」

と。

小学6年生ながらにそんなことまで考えたのか…というのが第二の衝撃。
子どもってちゃんと親の様子をみてるんだなあ、と。

そしてこのお正月、東大に通うようになったYくんが
うちの息子の所に遊びにきていたところ、
Yくんの噂を聞きつけたソフト部の後輩たちが
「伝説の人物」を見ようとうちへやってきたことが第三の衝撃。

かわいい後輩たちとキャッチボールしてた息子とYくんと小学生たちに
ほっこりしながら、一緒になってありがたがられて居心地悪そうにしている
息子にちょっと笑ってしまった。


[ A D ]