記事元:笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon//1452252732/101

101 名無しさん@おーぷん sage 2016/01/21(木)14:15:29 ID:Oqy
中学の頃、部活動で下校が遅くなり友人2人(AとBとする)と
民家もまばらな田舎道を歩いていた。

そこに現れたのが、お約束の格好をした露出系変質者。
街灯の陰から現れて私達に向き直ると、コートをガバッと開いた。
男と私たちの距離は5mもなかったと思う。

声もあげれずgkbrだった私の横で友人Aが
持っていた傘を剣道の様に構えた。(朝、雨が降っていた)
さらにその横で友人Bも同様に傘を構えたため、私も変質者を睨みつけて傘を構えた。

変質者、私達ともに動かずどれだけ時間が経ったのかはわからなかったが

「貴様何しとんじゃ!!」

と近くの家のおじさんとお兄さんが変質者を取り押さえてくれた。

お兄さんの部屋の窓から私たちが見えたとの事。
警察も来て親にも連絡がついて顔を見た途端、号泣してしまった。

後に逮捕された変質者が「動いたらやられると思った」と供述したと聞いたが、
友人A、Bは美術部、私は放送部で剣道などしたこともない。
それに私の構えは牙突(ググって下さい)

なぜそんな事をしたのかは分からないが、異様な雰囲気だったことは否定しない。
因みに警察から表彰されたのはおじさんとお兄さんでした。


[ A D ]