記事元:日本びいきの外人を見るとなんか和むスレ part003
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon//1447419131/342

342 名無しさん@おーぷん sage 2016/01/23(土)07:53:26 ID:Iyb
昨日、サングラスを掛け白い杖を突いたお爺さんが広い交差点に
差し掛かるところだったので声を掛けたんだ。

「何かお手伝いしましょうか?」

と言ったつもりだったんだが、俺の口から出たのは

「らにふぁおれうらいひやえやえぇぇ!?」(後半は自分の声に驚いている)

親知らずを抜く時に麻酔の効きが悪かったんだが、追加の麻酔が後になって効いてきていた。
鼻から下の感覚が全く無し。発声に口の動きが付いていかなくて思った以上に喋れない。

「ちらうんれすぅ、まういがっ、まぁすいがっ、きいてんまぁしてぇ……」

みっともないことこの上ないが今更になって後には引けない。
阿呆のような口の利きようのまま、ゆっくり喋らせてもらって、どうにかお爺さんを案内した。

「こぉれはまた、むぃっともんなぁいとっころを……」

もーだめだわ、これ。喋るのは止した方がいいな……と思っていたら、お爺さんが言った。

「どうもありがとう。
 日本語にも随分慣れたつもりだったが、流石に少し難しかったなぁ。
 でも苦労したあなたには申し訳ないのだけれど、言葉が通じにくいのが面白かった。
 日本に来たばかりの頃を思い出したよ。
 五十年前から変わらず、あなた方には親切にして貰ってばかりだ。
 本当にありがたいですよ」

「うわ、おじいっさん、んにぃふぉんご、じょおずぅ!」

奥歯を抜いたばかりの日本人が流暢な日本語を喋る中国人と
ふたりで笑い合った話でした。



日本人が知らない中国人の不思議な生活




[ A D ]