記事元:何を書いても構いませんので@生活板 19
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1454588168/828

828 名無しさん@おーぷん sage 2016/02/18(木)14:32:38 ID:Nur
最近、夕食のメニュー考えるのつらい。
キャベツの大量消費ウンザリ…。


829 名無しさん@おーぷん sage 2016/02/18(木)14:38:00 ID:qbA
広島のお好み焼きを作るのです


831 名無しさん@おーぷん sage 2016/02/18(木)14:50:09 ID:kTH
うち豚しゃぶでキャベツ大量消費してるわ


832 名無しさん@おーぷん sage 2016/02/18(木)15:13:05 ID:9Bn
キャベツ、カレーに入れても意外においしいよ
ちょっと辛めのカレーにすれば、あの甘さも気にならないし
餃子もおすすめ


833 名無しさん@おーぷん sage 2016/02/18(木)15:24:34 ID:Nur
キャベツ愚痴書きこんだ者です。
ちょうど三玉あるので(うち、三人家族…)、いただいたアイディアを
順繰りに使わせていただいて乗りきります。
ありがとうございました!!


834 名無しさん@おーぷん 2016/02/18(木)16:05:04 ID:Vzi
>>833
亀だけど。
コンソメで軽くゆでたキャベツと、豚バラ(塩コショウしながら)を
ミルフィーユにして肉に火が通るまで煮ると美味しいよ。
玉ねぎとキャベツの芯を下茹での段階から一番下にして煮ると出汁が出て美味しい。

これで半玉くらい消費できるよ。
寒い冬に最適さ。
優しい味なので残り汁は翌日別の料理に使っても良い出汁になるよ。
私は翌日肉じゃがにする。


836 名無しさん@おーぷん sage 2016/02/18(木)17:24:33 ID:ozd
学生時代お金なくて、田舎なので無人販売のキャベツ2玉百円を
買ってキャベツとシーチキンの煮込み作って暮らした事を思い出した。

コンソメ味でも煮物の味付けでも両方いけるし、春雨や卵入れれば
お腹にたまる。


837 名無しさん@おーぷん sage 2016/02/18(木)17:58:59 ID:kTH
あっ、あとコンビーフの大きな缶ほぐして
キャベツひと玉全部を荒い千切りにして(もういっそ1cm幅とかでもおk)
でっかいフライパンでバターで炒めて粗挽き胡椒かけるのも好き



キャベツ炒めに捧ぐ


【 A D 】


【 Rakuten 】
 


コメント一覧

    • 1. 名無し板拾い読み
    • 2016年02月19日 19:28
    • 今年はキャベツ安いからありがたみが薄いかもだけど
      価格維持のために捨てられるキャベツの画像とか見るとめっちゃつらいし、
      うんざりなんていわずにどんどんおいしくたべようぜ。
      ゆでれば生で食べるよりたくさん食べれるから、ゆでてなんらかの
      ドレッシングやソースがあればいくらでもたべられそう。
    • 2.  
    • 2016年02月19日 19:47
    • 2リッターの瓶でも買ってきて千切りにしたのを酢漬けにすりゃいい
      冷蔵庫いれときゃ半年くらいは普通に保つ
    • 3. 名無し板拾い読み
    • 2016年02月19日 20:36
    • 鍋にこぼれるくらい入れても、しばらくするとおさまるよね
    • 4. 名無し板拾い読み
    • 2016年02月19日 20:55
    • ひき肉も大量に買い込んでキャベツとひき肉で餃子&ロールキャベツを大量に作り冷凍ストックさせておくと後々便利
    • 5. 名無しの権兵衛
    • 2016年02月19日 20:58
    •  マツコが紹介してたモランボンのトマト鍋の素。
      夫と二人で、どうこうテレビみながらしゃべりながら気がつけば
      一玉丸々、けろっと普通に食べ終わってた!!

       同様にウィンナーソーセージとじゃがいもとタマネギでブイヨンと塩コショウで煮れば普通に一玉が終わります。下手すると足りないくらいです。
    • 6. 名無し板拾い読み
    • 2016年02月19日 22:49
    • 圧力鍋でスープ作るとうまいなあ
      超柔らかくなってるからサラサラ食える
    • 7. 名無し板拾い読み
    • 2016年02月20日 10:43
    • ※5
      トマトいけるならポトフにトマト入れてもおいしいよ
      トマト鍋と被っちゃうから同時には無理だけどw
★コメントは…
- 全て書き込みから適当な期間で消えるかもしれません
- 本ブログの記事になることがあります