記事元:記事元:何を書いても構いませんので@生活板 21
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1457615035/777

777 名無しさん@おーぷん sage 2016/03/22(火)23:46:09 ID:uy4
昔、家庭教師やってたとき全く勉強できない兄弟を引き受けたとき
上の子中2だったけど九九もまともにできなくてびっくりした

2回目からは漢字ドリルと計算ドリルを小1から揃えて持ってってやらせてみた
結局どっちも小2の途中から解けなかったから、そこからやらせた

本人はプライド傷付いたかも知れないけど、漢字も計算も最初からの
積み重ねがものを言うから分からなくなったところから遡ってやるしかなかった

1年で中1レベルくらいまでは追い付いたよ
分かることが増えてくると今まで意味不明だった問題がするする理解できるようになって
それがものすごく新鮮で、勉強するのがワクワクして楽しくなってくんだよね

あとは兄弟でゲーム形式で競争させると2人ともすげー燃えた
計算問題10問(兄小5問題・弟小4問題とか)5分やって正解多かった方が勝ち!とか
さんずい付く漢字を3分でどれだけ思いつく?!とか、2人ともやればやるだけ
正答増えていったよ

小1レベルだろうと小2レベルだろうと「分からなくなったところ」まで
容赦なく戻ってやり直すことと、分かることが楽しい!出来ることが増えると楽しい!って
いうのをいかに実感させるかだと思う



勉強がしたくてたまらなくなる本 [ 広政愁一 ]

[ A D ]