記事元:□□□チラシの裏4枚目□□□
http://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1472184550/191

191 名無しさん@おーぷん sage 2016/10/18(火)22:09:03 ID:9pI
中学時代に仲の良かった子(と言ってももうお互い40代w)と
偶然にも地元を離れた現在地で再会。

遊びに来て!って住所教えてくれて素直に遊びにいったら豪邸でお手伝いさんもいた。
帰りに有名なお店のホールケーキを持たせてくれたんだけど、なんか無性に惨めな気分
だった。


いや、うちも決して生活に困ってるわけじゃないんだけど
すごく卑屈な気持ちになってしまった。

こんなことならストリートビューで事前にチェックして
豪邸を気付いた時点でパスすれば良かった。

・・・などと思ってしまうことにも凹む。


192 名無しさん@おーぷん sage 2016/10/19(水)07:12:54 ID:6CW
お手伝いさんとか凄すぎる。
そこまで生活レベルが違うと圧倒されて自分と比較しなそうだけどそうでもないんだね。

191さんも何気に裕福な方なんだろうな。


194 191 sage 2016/10/19(水)08:11:13 ID:fbg
>>192
うーん、上手く言えないんだけど・・・

うちは裕福とまではとても言えない。
とりあえず借金はないし、生活には困ってない程度。

育休で休んだ以外はずっと働き続けてきて、働くことは嫌いじゃないから
辛いと思ったこともないけど、ずっと走り続けて来て努力が実ったレベルの
生活をしてると思ってた。

だけど同い年の人がこんなにもレベルの違う生活をしてると人生って努力だけじゃ
限界あるんだなーとか持って生まれた運とかあるんだなーとか
まあ当り前のことにいい年してショック受けたというか。

ちょっとしたお菓子を持たされたのならそうでもなかったけど
たぶん7000円とか8000円とかしそうな有名店の“ホール”ケーキ持たされて
余計にそんな思いに拍車がかかったんだよなぁ。

ま、気持ち切り替えて今日も働いてくるわw



金持ち君と貧乏君 (gateauコミックス)


【 A D 】




★コメントは…
- 全て書き込みから適当な期間で消えるかもしれません
- 本ブログの記事になることがあります