記事元:スレを立てるまでに至らない愚痴・ 悩み・相談part63
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1487566346/373

373 名無しさん@おーぷん sage 2017/02/24(金)16:26:44 ID:ks0
彼と出会ったとき、私はヌーブラ2枚を着けていた。

正確に言うならばさらに厚めのパットも仕込んでいた。
最初のデートもヌーブラ2枚であった。
私は彼が好きだった。しかし落胆する彼は見たくなかった。
だから少しずつ理想と現実の合間を埋めていこうと考えた。

「最近ダイエットしてるんだ」

と告げ、パットを抜いてみた。

「少し痩せたね」と

言われた。

「ダイエット頑張ってるの」

とヌーブラを1枚に減らした。

「全然太ってないんだからダイエットはやめようよ。これ以上痩せたら心配だよ」

彼の優しさに涙が出た。

ヌーブラを2枚に戻したら彼が喜んだ。
理想と現実の溝が再び広がっていった。

私は未だ彼と手を繋ぐことしかできない恥じらう乙女である。



ヌーブラ下着革命

Nowest ヌーブラ 天使の羽タイプ

[ A D ]