記事元:戦時中に兵役に就いてたジッジ、成人してたバッバがまだ存命なやつおるか?
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1497850002/

1名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:26:42ID:PsR
ワイのジッジやバッバがそうやったけど、だいぶ前に亡くなってしもうた
もっと戦時中の話を聞いておけばよかったと後悔しているンゴ



2名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:27:34ID:3T1
99のヒーバーさん存命だけど戦争の事口に出すの嫌がるわ



4名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:30:58ID:T07
大正一桁生まれくらいかな
招集されたけど戦地に行かずに終戦迎えた世代で昭和一桁くらい?


5名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:32:11ID:6Ga
ワイのジッジは死んだけど戦争の話沢山聞かせてもらったわ
小さい頃聞いたから結構忘れてもしまったけど



6名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:32:19ID:Wr9
ワイのマッマが介護職してたが龍驤の搭乗員の世話してたで



名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:33:06ID:OJT
もうあの頃のこと調べるには文献だよりやなあ



8名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:33:26ID:JqL
じいさんが昭和2年生まれやけどそういう話はあんまり聞いてないな



9【35】2017/06/19(月)14:35:55ID:Y2R
いるけどボケてしもてるわ
進学で地元離れるって挨拶に行ったら徴兵と勘違いしとった



11名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:38:15ID:zWh
ワイのバッバは子供のころに経験したらしい
たぶん今85歳くらい



14名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:40:01ID:r37
ワイのジッジはシベリア抑留から帰ってきて賞状貰ってた



16名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:41:32ID:T07
>>14
すごいな
抑留中に亡くなった人も多いからなあ

三波春夫もシベリア抑留からの生還者の一人らしい



18名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:43:30ID:6Ga
>>14
よう助かったな
ワイのジッジは満州におったけど終戦直前に帰って難を逃れたわ



15名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:41:11ID:PFD
兄が戦争で亡くなったって言うてるバッバならおるで
笑顔がメッチャ可愛い



19名無しさん@おーぷんsage2017/06/19(月)14:46:20ID:GLG
ワイのジッジはグラマンの掃射食らった経験有るらしい
終戦時は今の厨房くらいだったから兵役経験は無し



20名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:47:48ID:PsR
ワイのジッジは支那大陸のどこかで兵役に就いとったらしいけど
足を怪我して内地に帰って来て、そして原爆で被爆したんや

バッバも南方におったんやが開戦前に帰国、そして原爆で被爆や



21名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:50:12ID:T07
兵役経験ない戦時中経験者のジッジ世代も、もうかなりの年やなあ



22名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:50:31ID:Sh9
ワイのジッジは中国に行ったけど終戦になって戦わず帰ってきたらしい
出兵のとき昭和天皇に会ったって言ってた



24名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:51:43ID:T07
>>22
それすごいな
よっぽどの人やないと陛下に会えないやろ当時は



30名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:55:30ID:Sh9
>>24
まぁ会ったっていうか生で見たって感じやと思う
出兵するとき兵がどっかに集められて陛下が前に出てくるらしい



32名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)15:04:04ID:T07
>>30
陛下は言葉は出さなかったんやろか
終戦の玉音放送で初めて陛下の声を聞いたという国民が多かったというからなあ



23名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:51:32ID:5nA
おるで

なおたまにあってもわいの名前を思い出すのに少しかかる模様
顔はわかるみたいなんやがなあ



25名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:52:05ID:EzI
ワイのバッバは開拓で満州行っとったけどまだ生きとるで



34名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)15:06:09ID:OJT
>>25
田舎の次男坊や三男坊をまとめて送り込んだんだっけ
よく助かったなあ



37名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)15:07:52ID:T07
>>34
満州とかブラジルとかやろか



40名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)15:09:05ID:EzI
>>34
バッバは髪の毛坊主にして男装して逃げたし、ジッジは開拓団の機銃で
支那人殺したって言ってたから壮絶やったんやろな



26名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:52:36ID:5MJ
ワイのジッジは昭和2年生まれで兵隊には行ってないけど
戦時中は第8陸軍技術研究所ってとこで働いてたみたいや



27名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:53:33ID:75u
ワイのバッバは集団疎開でド田舎に行ったって言ってたわ
やんちゃな小娘(当時)で路上に落ちてる馬糞を馬車が踏んでいくたびに
仲間とキャッキャキャッキャ笑ってたんやと



28名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:53:59ID:IcT
一昨年亡くなった母方のジッジは兄弟全員戦死やわ
1人だけ台湾が任地で助かったそうや



31名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)14:58:33ID:T07
ワイはジッジもバッバも明治生まれやったで
子供の頃お年玉を正月にもらった思い出くらいしかないわ
何の話も聞けんかったで



35名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)15:06:56ID:PsR
ワイ、ジッジやバッバと同じ世代やったとしたら、
どう生きてたか分からんわ
死んでたかもしれん
赤紙来て、醤油一気飲みしてたかもしれん



41名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)15:09:43ID:6Ga
ちなワイのジッジ

 彡(´)(`)「地方鉄道に就職したけど徴兵されるんやろなぁ・・・」
 彡(゚)(゚)「せや!電信兵なら前線いかんでええやろ!」

  ↓

 必死で勉強して電信の免許?をとり、更に県内で初めて地方鉄道から国鉄職員になる
 彡(^)(^)「よっしゃこれで徴兵されても安心や!」

  ↓

 徴兵され無事満州の前線へ
 彡()()「」



43名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)15:10:41ID:OJT
>>41
南 満 州 鉄 道



46名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)15:12:46ID:PsR

>>41
同じ戦地に行ってた人でも
「ワイ死ぬかもしれん・・・怖いンゴ・・・」ってなってた人と
そんなん考える暇もなく戦ってた人とおるみたいやね

支那大陸に行って、現地の人によくしてもらって、たらふく毎日食って、
内地に帰る頃には太ってたっていうジッジもおるみたいやで



51名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)15:16:51ID:6Ga
>>46
ジッジの隣で空爆か銃撃で上官の頭吹っ飛んだらしいわ
もしそれが数メートルズレてたらワイの親父は生まれとらん



53名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)15:18:35ID:PsR
>>51
そういう怖い体験しとるジッジは多いやろなあ
たまたま会話の途中で頭傾けて銃弾逸れたとかいう話はよくあるみたいやな
恐過ぎるで



45名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)15:12:04ID:WXj
ジッジはロシアとか中国行ってたからロシア語喋れたらしい

なお聞いたことは無い模様



49名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)15:15:57ID:FCw
ワイのジッジは駆逐艦宵月の乗組員やったで
ワイ子供の頃軍艦にはまってたのにほとんど詳しい話聞けんかったわ
呉沖でキノコ雲見たらしいやで



59名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)15:20:54ID:3VK
ひぃじいちゃんが斧で指切って戦争行けんわってやったんやでっていう話は
幾度となく聞いた



61名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)15:22:46ID:WXj
ジッジは撤退の時お腹痛くなって置いていかれかけたけど
道端に生えてた薬草を煎じて飲んでことなきを得たって聞いた



62名無しさん@おーぷんsage2017/06/19(月)15:23:00ID:MiE
わいは結構祖父母から聞いたわ

祖父は海軍にいたらしいな祖母の兄は特攻隊志願で訓練して待機やったけど
ちょうど終戦で運良く生き残ったらしいで



68名無しさん@おーぷん2017/06/19(月)15:26:41ID:jWu
広島やが
ワイの祖父母は原爆落とす前に戦闘機が飛んでいったのを見たらしいわ
その後とんでもない爆発音を聞いたらしい
広島の田舎だから運が良かったと

【 A D 】




★コメントは…
- 全て書き込みから適当な期間で消えるかもしれません
- 本ブログの記事になることがあります