記事元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その20
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1506413852/607

607 名無しさん@おーぷん sage 2017/11/20(月)22:12:26 ID:UB2
ついさっき祖父の兄の葬式から帰ってきた。
と言っても葬式とは思えないぐらいに衝撃が連発だった。

4日前に母から

「(祖父の兄)さんが亡くなってお通夜が20日にあるからね。
 それと、結婚式に着ていく服装で来てくれってことだから」

という電話にまず衝撃。

どうやら祖父兄がずっと

「自分が死んだときは暗くしないでくれ。親戚は結婚式の服装で来てくれ」

と言っていたそう。

その祖父兄は100歳の誕生日から一週間後に亡くなったのだけど
80歳ぐらいの時から

「俺は100歳になった一週間後に死ぬ」

と言い続けて本当にその日に亡くなったのも衝撃。

通夜の時に隣に座った女性をどこかで見たような気がしたので

「失礼ですかどこかでお会いしましたことありましたか?」

と聞いたら相手は

「……もしかして(俺)さんですか?」

と。

大学時代に下宿先のアパートでお隣だった人で、何度か肉じゃがを
お裾分けしてもらって、こちらも田舎の野菜をお裾分けしたことのある人だった。
残念ながらそれ以上の関係にはなれなかったけど。

聞けば祖父兄の孫の奥さんだそうで、知らぬ間に親戚になっていたことに衝撃。

極めつけの衝撃は叔父が

「みなさん!ここで重大な発表があります!」

と言って注目を集めながら、

「実はわたくし!(スッ)ズラでした!」

とカツラをカミングアウト。
酒の入っている人も多くてみんな大爆笑。

後にも先にも自分が何しに行ったのか分からなくなる葬式は
ないだろうなと思いながら書き込み。



608 名無しさん@おーぷん sage 2017/11/20(月)23:34:28 ID:Xdi
>>607

 |
 |⌒ ミ
 |ω・`) 叔父gj
 ⊂)
 | /
 |´



610 名無しさん@おーぷん sage 2017/11/21(火)04:55:47 ID:d6Y
>>607
地域によっては大往生を迎えた人の葬式はお祝いらしいね。
電報打った事あるけど祝電指定されて戸惑ったよ。

叔父さん頑張ったなあw
祖父兄さんも笑って送り出せてもらえて喜んでるだろうね。



予言ラジオ [ パトリック・リー ]

あなたのとなりにある不思議 ぶるぶる編

【 A D 】



コメント一覧

    • 1. 名無しのILOVEJAPAN
    • 2017年11月23日 21:28
    • 幸せな人生だね
      こういう一族は素晴らしい
    • 2. 名無し板拾い読み
    • 2017年11月23日 22:22
    • ウチの方は、長寿で亡くなった人の香典返しに赤い水引の「お食事代」って封筒付いてくるな。500円とか1000円入ってる
      もちろん大往生でお祝いって意味