記事元:笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】3
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1471866304/746

746 名無しさん@おーぷん sage 2018/01/16(火)15:54:08 ID:s99
個人的な衝撃話。

義父はナイスミドル、ロマンスグレー、紳士といった言葉の似合う方。
物腰柔らかで誰に対しても丁寧。
義母も穏やかで優しいけど義父に対してだけツンデレ。
旦那はその二人の血を色濃く受け継いだのか優しい。

数年前の話だけど、結婚式の着物を選びに義父、義母、旦那、私の4人で行ってきた。
義母は着物の知識が豊富なのでこちらからお願いした。
義母伝いに義父が一緒に行きたがっていると聞き、快くOKした。

何点か試着していく中で、最終的に決まった着物を義父が見たときに

「お姫様みたいだねぇ」

ってにこにこと嬉しそうに微笑んだ。

まさかこの年になってそんなことを言われるなんて思っていなくて
恥ずかしいやら着物に申し訳ないやらで固まっていると、義父は続けて

「〇〇さん(義母)もね、お姫様のように綺麗だったんだよ」

と自分たちの結婚式の話をしだして、義母が

「お父さん!やめて!」

と終始照れて怒りながら義父の背中を叩いていた。

旦那は慣れているのか「父さんの言う通り綺麗だよ」と笑っていた。
私は恥ずかしさといたたまれなさでどうしようもなかった。

「お姫様みたい」なんて言われたことがなくて驚いたのと、義父の紳士っぷりと
義母の可愛さに衝撃を受けた。旦那はいつも通り口から砂糖吐いてた。

数年経つけどあの日のことは忘れられない……。



お姫様になれる本

贄姫と獣の王 6 (花とゆめCOMICS)

【 A D 】
   



アクセスランキング ブログパーツ