記事元:【チラシ】雑談・相談・質問・ひとり言【もどき】 36
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1515518463/787

787 :名無しさん@おーぷん :2018/03/08(木)21:41:51 ID:bXN
昔からわりとリアリスト?というか子供の幻想的な思考が物心ついたときからない。

保育園の年少組の時点でイベント事に来るサンタクロース鬼その他もろもろは
本当は人間なこと分かってたし遊園地などでの着ぐるみも分かっていた。
ごっこ遊びとかも現実とかけ離れていて苦手だった。
こんな感じの子供は他にも沢山いると思うんだけど、わたしの場合は
分かっているのに分かっている振る舞いをすることが出来ない。

例えば昔からぬいぐるみをほっとくことができない。今も……。
寒くないかな?と不安になって冬から三月下旬くらいまで毛布をかけてあげる。
一年通して敷布団の上に夜は寝かせてる。
ただの綿のかたまりってことは今はもちろん小さい時も理解していた。

他にもサンタクロースがプレゼントをくれるわけではなく親がくれると分かっていたのに
小学校のころ他の子が「サンタは親だよ!」と言うのを聞いて泣いた。
今も泣きはしないけどもやもやする。

一個一個のことは成長していくうちに周りに合わせることができて
とくに不自由はしてないからいいんだけど(ぬいぐるみも余計に毛布を
用意する手間とお金がかかるだけ)

このことはどんなことからきているんだろうなぁ?と疑問。



791 :名無しさん@おーぷん :2018/03/08(木)23:45:35 ID:7fW
>>787
日本にはつくも神っていう存在がいてね、
物品に魂が宿るなんて信じてる人はもちろんいないんだけど
「物品にも意思があるかのように大切にする文化」は日本人なら
誰でも少なからず持っていると思う

勿体ないは、今や世界でも通じる言葉であり概念だし
どんな形であれ物を大切にするのはいいことだよ



794 :名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)02:51:36 ID:hAT
>>791
なるほど!中学生のころはアニミズム?なんてもやもやしたりもしましたけれど
つくも神信仰が土台と考えると違和感ありませんね。

昔から自分がなりきるのではなく、絵本の中のこの動物の境遇や
日常生活はどんなのだろう?と妄想することは好きなのでその延長線かもしれません。



八百万の神オラクルカード

猫神やおよろず 全6巻セット

【 A D 】
   



アクセスランキング ブログパーツ