記事元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その21
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1514103964/885

885 名無しさん@おーぷん sage 2018/04/12(木)16:33:16 ID:Lw0
ひいおじいちゃんが亡くなった後、一族総出で遺品整理した時に拳銃が出てきた。

敷地内にマイ防空壕があって、そこの一番奥に古い農機具とごたまぜになって
置いてあった。

銃は生キャラメル包む紙みたいのに包まれてて、
銃弾も何発か一緒にあって、ヒエエってなって警察呼んだ。
金庫からもまとまった銃弾が出てきて、まるごと警察に引き取ってもらった。

でもその時以上に衝撃だったのは、防空壕内にあった弾の数を聞いた
本家の親戚が、

「家族の数だな」

って言った時だった。

当時家にいた家族分、よちよち歩きの赤ちゃんまで含めた家族の数と一致するって。

いざとなったら家族を殺すための銃と銃弾を、どんな気持ちで防空壕に
備えたんだろうと思うと、衝撃と共になんだかやりきれなかったよ。



拳銃天使 (手塚治虫漫画全集)

【 A D 】
   



アクセスランキング ブログパーツ