記事元:何を書いても構いませんので@生活板66
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1536208757/564

564 名無しさん@おーぷん sage 2018/09/21(金)15:15:29 ID:0xy
我が家には家訓(?)があって、その内容が

『故人のことを3つのエピソードで語り継ぐこと』

並びに

『生きている間に子孫に語り継ぐエピソードを築くこと』

というもの。

まあハッキリと明文化されてないから、勝手に言葉で補完しているけど
体内容はこんな感じ。

元から、我が家は代々続く田舎百姓の家で、大した家柄でもなく地主でもないけど
300年くらい続いてる。

そこで先祖の人の話がずーっと口伝えで伝えられてきた。

例えば先祖のおミツさんは、参勤交代中のお侍さんに
「これこれそこの百姓や。今何時じゃ」と声をかけられた。
そこでおミツさんは突然のことに驚いて「はい、飯時でございます」って答えた。
そうするとお侍さんが笑って「確かにその通りだ」と笑った…という話とか。

まあご先祖様各々色んな話があるけれど、3つと決めたのは曽祖父だった。

その理由が、長男を幼少期に水難事故で亡くし、三男は戦争で亡くした。(次男は私の祖父)
親より先に子供を見送って、誰かに覚えておいてもらいたかったらしい。
『人は二度死ぬ』っていうあれを信じてたみたい。(宗派は違うけど)

それから家訓になった。

それまでが前提で、
つい最近父が亡くなって、家族みんなで何を語り継ぐか考えた。
そして週末、父の3つの話を代々の語り草を綴った帳に記す。

寂しいことだけれど、内容は面白おかしいものにしてみた。

自分が死ぬ時に子どもたちはなんと書いてくれるだろうか、
自分は人生の中で何を残せるか。

変わった家訓だけれど、3つしか残せないのはなんだか切ない。





アクセスランキング ブログパーツ