記事元:何を書いても構いませんので@生活全般板 918
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1518966645/

63 おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2018/02/20(火) 01:42:23.59 ID:9Y5g8PXT
子供の頃冬休みになると雪が降るのが待ち遠しかった。

当時、家の裏手は広い空き地で、雪の積もった日はまっさらの雪原を
好きかってに 踏み痕をつけたり、小便で字を書いたり、雪の上に仰向けに
寝転がってボタン雪が 降ってくるのを眺めてたりした。
灰色の空の奥底から雪が湧き上がってくるように見えて
時間をわすれてた。

髪も服も靴もずぶ濡れで家に帰ると、
母親が怒りもせずに着替えさせてくれて濡れた
頭や顔を拭いて真っ赤に凍えた手をストーブで温めてくれた。

あの薪ストーブは体の芯まで暖まったっけ。

腹の底から雪が大嫌いなのに今年は雪かきばかりのオッサンが
ふと思い出して書いてみた。



102 おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2018/02/20(火) 14:25:46.02 ID:yball/PV
>>63
まさに『サウダージ』やね
日本語でこの単語の微妙な加減は表現しづらい

幼い頃に人間形成のための経験を色々と重ねられて良かったと
自分も経験して思うわ

でもオッサンオバサンになってからなんよね
そういう経験が財産だと知るのは



190 おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2018/02/21(水) 01:08:49.29 ID:626zf6mj
>>102
年のせいか最近昔のことをよく思い出しますね
幸い、俺の昔話に嫁ものってきてくれるので夫婦の会話の時間が増えてます。

思いかえすと当時は、楽しいことはうちの外に、幸せなことはうちの中に
あったような気がします



サウダージ (文春文庫)

「SSSS.GRIDMAN」Art Fan Book 2018冬

【 A D 】
   


アクセスランキング ブログパーツ