記事元:■□■ チラ婆のチラシの裏 ■□■ part.26
https://ikura.open2ch.net/test/read.cgi/ms/1580509568/135

135 名無しさん@おーぷん 20/02/07(金)16:04:17 ID:???
婆は還暦の本物の婆

風邪気味で食欲がないので、昼食はレトルトのお粥をあっためた
便利な時代よねえ……婆の子供の頃のお粥は面倒で……と思い返していたら

「おとっつあん、お粥ができたわよ」

「いつもすまないねえ、お母さんが生きていてくれたら(or兄さんがいてくれたら)」

「おとっつあん、それは言わない約束よ」

という大昔のコントが頭に浮かんだ


子供の婆が風邪で寝込んでいると、婆の母親がお粥を作って
必ず「おとっつあん、お粥ができたわよ」と言いながら運んできてくれた

38度の発熱でうなっていたとしても、婆も必ず
「いつもすまないねえ、お父さんがいてくれたら」と返すのが鉄のお約束だった

母親が「おとっつあん、それは言わない約束よ」と返して二人でひと笑い
してから、お粥をいただいたものだった

婆の父親は、当時、女作って金持ってどっかに逃げてたもんでね
そんなしょうもない思い出よ



137 名無しさん@おーぷん sage 20/02/07(金)16:21:12 ID:???
>>135
お母様との素敵な思い出よ

お大事になさってね



136 名無しさん@おーぷん sage 20/02/07(金)16:19:18 ID:???
婆も還暦婆だからシャボン玉ホリデーはよく覚えてるわよ
小さい頃からご苦労なさったんでしょうね

婆も貧乏育ちだけどたいていのことはもう笑い話になってるわ
無理なさらないでお風邪早く治してくださいね
どうぞお大事に



思い出が消えないうちに

君が思い出になる前に




 

アクセスランキング ブログパーツ