IMGP0638
2014年の夏に北海道を自転車で時計回りに一周+横断した時に宿泊した場所をまとめていきます。
この記事では網走→札幌間、そして釧路→網走間の寝床をまとめています。


最初に注意点ですが、北海道に限らず道の駅などで野宿する場合、ゴミや騒音などで施設のスタッフの方や地元の方に迷惑をかける事が絶対に無いようにしましょう。

今回北海道を自転車で走り実感したのは私達が気持ち良くツーリングや旅ができているのは、地元の方々のご理解ご協力の上に成り立っているのだと言う事です。
どうか自分だけではなく後に続く旅人の事も考えマナーを守り気持ち良く楽しんでもらえればと思います。

記事内の日付部分はその日の記事へのリンクとなっています。
また私が利用した時の料金も記載していますが、時期によって変わる場合や料金自体の変更の可能性もありますので、その辺りをご了承の上で参考にしてもらえればと思います。

下記の画像は宿泊した場所をマップ上に表示しています。
実際に走行したルートとは若干異なりますのでご注意下さい。
網走駅(北海道) から 東横INN札幌駅南口
網走~札幌間
釧路駅(北海道) から 網走駅(北海道)
釧路~網走間

北海道17日目 つつじ公園キャンプ場

この日から急遽札幌まで向かわないといけなくなったので北海道一周を一時中断して網走から西に向かって走っています。 

北見市にある「おんねゆ温泉」という道の駅の裏手に位置するキャンプ場です。
道の駅おんねゆ温泉はかなり大きな道の駅で売店やおみやげ屋さんも充実していました。
キャンプ時の買い出しはセブンイレブンがほんの少し離れた場所にあります。 

キャンプ場自体綺麗で施設も整っているんですが料金は有難いことに無料です。
また近くに温泉付きの宿泊施設が何軒かありましたので、そうした施設で日帰り入浴も可能かもしれません。

利用料金 無料
北見観光協会公式サイト→http://www.kitamikanko.jp/kanko/play/play16.html 

北海道18日目 旭川健康ランド

旭川市内にある健康ランド。
周囲にはスーパーオートバックスやメガ・ドンキホーテ等あり完全に都会です。
施設内には食事処や漫画コーナー等があり、一般的な健康ランドといった感じです。
私は地元の方に無料入浴券を頂いたので格安で宿泊する事ができました。

宿泊する場合の利用料金 入浴料2,000円+深夜料金880円=2,880円
公式サイト→http://www.asahikawa-kenkoland.co.jp/

北海道19日目  蜂の宿

美瑛町にある居酒屋が併設されたライダーハウス。
宿泊料は500円なのですが併設された居酒屋で1,500円以上飲食すれば宿泊料が無料になるというシステムのライダーハウスです。

かなり昔からあるライダーハウスのようですがオーナーが最近変わったようです。
ちなみに居酒屋のご飯はボリューム満点でしかもかなり美味しいです。
ただこの日の記事にも書いていますが1,000円で飲み放題という格安システムがあるので、その日の宿泊者によっては悲惨な事になる場合があるというのは頭の片隅に入れておいても良いかもしれません。

宿泊料 500円 併設の居酒屋で1,500円以上飲食した場合は宿泊料無料
蜂の宿ブログ→http://busyourbp.blog96.fc2.com/

北海道20日目 ふくだめろん

中富良野周辺にあるメロン直売所が運営している500円で泊まれる格安ライダーハウス。
少し離れた場所にスーパーやセイコーマート有り、日帰り入浴可能な施設も近くにあります。

このライダーハウスのおすすめポイントはなんと言っても宿泊すれば美味しい富良野メロン半玉がサービスされるという点!
500円でメロン半玉食べれてしかも宿泊もできます、完全にお得です。
ちなみに宿泊関係なく一般客向けには半玉400円で販売しています。

施設内はテレビや電気ポッドが用意されていました。
当日の宿泊締め切りは18時までです。
注意点としてはライダーハウスの内外問わず煮炊禁止となっていますので、食事はどこかで食べてくるか弁当などを買ってくる必要があります。 

宿泊料 500円(メロン半玉サービス)
ライダーハウス情報サイトはちの巣→http://www.hatinosu.net/house/archives/367/

北海道21日目 ログ由縁

富良野市内にあるライダーハウスが併設された宿泊施設です。
ファミリー向けのログハウスや個室の部屋も用意されています。
ここはWi-Fi・シャワー・洗濯機・乾燥機の使用が無料です。
炊事場も用意されていて電子レンジも使えます。

さらに自転車やバイクはしっかり屋根付きのスペースに停めておけます。
場所が少し分かりにくいのと、直前がダート道になっているので少し注意が必要です。
また来る途中にセブンイレブンがあると思うので、そこで買い出しは事前に済ませておくと良いと思います。
事前予約・当日予約どちらも可能ですので、シーズン中は予約していく事をオススメします。

宿泊料 1,000円
ライダーハウス情報サイトはちの巣→http://www.hatinosu.net/house/archives/369/

北海道22日目 東横イン札幌駅南口

札幌にて友人と合流するために宿泊しました。
当然ですが札幌市内には数多くの宿泊施設がありますので、自分の目的にあった宿泊施設を探しましょう。
ネットカフェ等も多数ありますが、そうした場所ですと自転車を安心して置く場所が無い場合もありますので注意が必要です。

宿泊料金 シングル5,800円 (時期によって変動あり)
公式サイト→http://www.toyoko-inn.com/hotel/00059/

北海道23日目 釧路ロイヤルイン

前日合流した友人とレンタカーに自転車を積んで釧路まで走り宿泊しました。
本来北海道一周の再開地点である網走駅までレンタカーで送ってもらうはずだったのですが、なぜかここで友人は札幌に向けて帰って行ってしまったので、ここから網走までは自走で行く羽目になりました。
釧路も札幌同様、多くの宿泊施設が有りますので良い感じの所を探しましょう。
 
宿泊料金 シングル7,000円~8,000円程度だったと思います
公式サイト→http://www.royalinn.jp/

北海道24日目  桜ヶ丘森林公園キャンプ場
 
屈斜路湖や摩周湖といった有名な湖がある弟子屈町にあるキャンプ場です。
札幌で合流した友人と別れてツーリングを再開した日に利用しました。
かなり広めのキャンプ場となっており、オートキャンプサイトもありました。
炊事場・コインランドリーも用意されており、サイトもしっかり整備されている綺麗なキャンプ場でした。
 
コンビニはセイコーマートが1km程度離れた場所にあり、サイクルステーションを兼ねた道の駅「摩周温泉」も近所にありますので空気入れが借りたい方は道の駅まで寄り道してみても良いでしょう。

利用料金 フリーサイト540円
弟子屈町公式サイト→http://www.masyuko.or.jp/pc/park_camp/sakuragaoka.html

北海道25日目 網走北海ホテル

釧路湿原を自転車で散策した際に往復20km程度のダート道を走り、全身砂だらけになったからという理由で泊まった網走駅近くのビジネスホテルです。
この辺りはホテル泊が多く、ただの旅行みたいになっていて申し訳ないです…

ここのホテルは自転車乗りに優しく、自転車を倉庫に置かせてもらえました。
今までもロビーやエントランスに置かせてもらったりした事はありましたが、わざわざ倉庫にまで入れさせてもらったのは初めてです。

宿泊料金 素泊まり3,500円
公式サイト→http://www5.ocn.ne.jp/~hokkai/


北海道一周中寝床まとめパート2は以上になります。
小樽~網走(時計回り)の寝床まとめはコチラ→北海道一周中の寝床まとめパート1 小樽~網走(時計回り)