October 06, 2008

瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ

瀬戸田・手作りジェラートドルチェ週末は、ウォーキング大会に初参加した。

秋晴れの日。
瀬戸内海にかかる九つの橋を渡り、四国(愛媛県今治市)と本州(広島県尾道市)間を歩くウォーキング大会。
その名も「第8回瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ」。
君とゆく、海の碧、空の青

大会は、金曜から日曜3日間開催。
北は北海道、南は九州・沖縄と、全国各地のウォーカーが集まる大会だ。(それは後から知った・・)(笑)
ど素人の私達が選んだのは、健脚コースで3日でしまなみ海道を渡るコースより更に厳しい2日で渡るコース(土曜40繊日曜40)だった。

後で知ったことは、どうやらこれは上級者向けのコースだった・・・・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・

午前7時。
尾道駅前広場に集合。
受付を済ませ、ゼッケンを貰い、全員でウォーミングアップを済ませる。
ゼッケンには県名や、参加回数、メッセージが書かれているので途中それを見るのが楽しかった。
午前8時、スタート。
タイムリミットは17;30。
最初、周りのウォーカーの早さに驚きながらも、「マイペースで行こうよ!海の薫りがいいねぇ〜♪」と、景色を楽しむ余裕もあった。
でも、その後は歩いても歩いても全然距離が減らないことに対する不安感。
少しずつ溜まり始める疲労感。
軽い足の痛みの波が度々襲ってくる。
耐えられないほどの痛みではないのに、気持ちの方が萎える感じ。
時に太腿の表側だったり、裏側だったり・・・。
心の弱さが痛みになって現れている感じ。
橋を渡るにも、橋の下から高低のある道をぐるぐる登って行かなくてはならない。
すぐそこに橋は見えるのに、なかなか辿りつけない。
・・・もどかしさ。

向島から因島大橋を渡って、因島へ。
因島フラワーセンターで昼食。
ここで約15繊
軽い食事を取って休んだら少し元気になった。

生口橋を渡り、生口島へ。
23膳于瓠
後17繊

ずぶの素人の私達は、経験値が全く無い為、時間配分が全くわからず、ただ延々続く道と過ぎ去る時間に惑わされた。
「歩いて一体何になるの?」と、参加した事に後悔と(笑)弱音を吐きあった。
心が折れそうになるが後戻りは出来ない。
多分ふたりだけだったら、とっくに止めていただろう。
前も後ろも歩いている人がいたから、歩き続けるしかなかった。

私は、前日まで仕事で遠方へ車を走らせ、ランニングもした。
睡眠時間3時間足らずだったのに、こんなハードな大会に初参加してしまった。
だけど、辿りつくしかない。
その気持ちでひたすら歩いた。

彼はソフトボールで出来た足の豆が早くに潰れ、その痛みが行く手を阻んだ。

喜寿のお年寄りや、身体の不自由な方も懸命に歩かれていた。
その姿に勇気を沢山いただいた。

画像は、大会途中の楽しみ、瀬戸田の「手作りジェラートドルチェ」のジェラート、バナナミルク。
いちぢくが食べたかったけれど、彼が苦手なのでバナナにした。

私は、ジェラートのおかげで、瀬戸田市民会館まで急にパワーが湧き出た。
瀬戸田市民会館へ、彼を置いて先に向う。
彼は足を引き摺りながら、どんどん遅れていった。
30膳于瓠
後10繊

その時点で15:30。
残りは2時間。

おそらくもう最後尾に近かったと思う。

終点は多々羅しまなみ公園。
瀬戸田市民会館からサンセットビーチを通り、多々羅大橋を渡って1日目の行程終了。
これで40繊
2日目は、多々羅しまなみ公園から今治城吹揚公園を目指す。

同じく40繊

ふたりとも、素人なのによく頑張った。
花まるです(笑)(自己満足)
とにかく半端なくしんどかった。
「今まで生きてきた中でこんなにしんどいのってなかったと思わない?多分もう二度と参加しないと思う。歩いて一体何になるの?」と、途中進まぬ距離と全身の疲労で、腹も立ち(笑)弱音も吐きあった(笑)
走る方が進む距離がぐんと速いので、反対に楽なんじゃないかなと思う位、ウォーキングはまどろこしかった。
毎日走っているけれど、高低差のあるウォーキングの経験がほとんど無かったので、あなどれなかった。
やはりもっと経験をつんでの参加にすれば良かったと思う。

それでも、大会を終えて、なんとなくしんどさや距離感や起伏の状態やら、ウォーキング大会の様子がわかった。
今度はもっと無理のないよう事前準備や情報収集や、その前にやはり日々の積み重ねと、経験を積もう。
そして、また機会あれば参加したいと思っている。

「私はランナーよ。(な〜んてね)だから、二度と参加しない!」なんて豪語していたのは、どこの誰でしょう。
暫くすると、ウォーキングの魅力に取り付かれている私がいた。


尾道土曜夜。
1日目の大会を終えて、足を引き摺りながら(笑)尾道の居酒屋でお疲れさん会をした。
以前訪れて気に入った串かつ屋さんに行きたかったけれど、とてもそこまで歩けそうも無かった。
でも、海の幸を堪能出来た。
ここも、旅行で来た時に訪れたことがあるお店だけれど、今回もお刺身の活きの良さが半端じゃなかった。
頑張った後のビールは、最高に美味しかった(笑)

日曜。
大雨だったので、正直ほっとした・・・。
とても二日目は歩けない。
申し訳ないけれど、参加は棄権して温泉に入った(笑)

そして、月曜。
私は腰を痛めて仕事を休んだ(笑)
調子に乗り過ぎたようです(笑)

雨の中も頑張って歩いた皆様、お疲れ様でした。
素人なのに、侮って参加して・・お見それしましたペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ

illicitlove at 14:51│Comments(4)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ  [ 今治バリバリリンク集 ]   October 07, 2008 19:43
10/3〜5 第8回瀬戸内しまなみ海道 スリ−デ−マ−チ  瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ  PR隊@しまなみ海道スリーデーマーチ 08 瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ 第8回瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチに参加しました プラスα空間 [:NEW!:] 瀬戸...

この記事へのコメント

1. Posted by 阿   August 16, 2013 22:04
福祉車両のファンカーゴが特殊色のイエローで全塗装されて公道を走っていた
低速で島のまちの中の沿線の国道を本四に上がるまで走っていた目的地はどこなのか
車が走っている状況が常に同じなのがはじめてなのは無意識ではないだろうなと
これ来年度から施行される道路交通法の改定の要件か
EVの50対50に対する独断か偏見か
確かに今いちばん割にあわない車種だな
2. Posted by 鼻【はな】   August 20, 2013 15:11
カーナビに目的地から帰路をセット
100キロ四方から50キロ四方へ
復路の場合に目的地から自宅にセット
目的地に連れてきてもらって帰り道は自分たちが…
ひとつの目安と本質
50キロが10キロ
「瀬戸内スリーデイマーチ」
来島をジョギングしている人たちが多いですね
3. Posted by 吸喚   August 20, 2013 15:16
※1 水泳と100キロマラソンのオニですね
4. Posted by COEREENON   November 25, 2013 17:22
5 YTVにと12月(水曜日) <a href=http://www.hanasiki.com/mizuno2.php>ミズノ ゴルフ</a>
レースは確かに私の人生の中で最もnerveracking経験の一つでしたが、ありがたいことに、私は経由して来た <a href=http://www.venere-group.biz/diarypro/data/mizuno1.php?product_id=27>ミズノ ゴルフ</a>
彼らはいつも馬鹿になろうとするドン <a href=http://www.hanasiki.com/mizuno2.php>ミズノ アイアン 難易度</a>
ペプラム、楽しい夏の衣装に最適ですフェミニンなスタイルを満たしています <a href=http://www.venere-group.biz/diarypro/data/mizuno1.php?product_id=57>ミズノ 評判</a>

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
Archives
Recent Comments
PET塚地




ばなー