4色型知覚



 「絶対音感」や「共感覚(シナスタジア)」のような一部の人間にしか備わっていない特殊な能力が存在していますが、「色の知覚能力」にもそういった特殊な能力が存在しているようです。

それが「4色型色覚」です。
4色型色覚(4しょくがたしきかく)とは、情報を伝えるために4つの独立したチャンネルを持つことをいう。4色型色覚を備えた生物については、任意のに対して同じ知覚影響を与える4つの異なる純粋なスペクトルの光の混合色を作ることができる。4色型色覚の通常の説明は、生物の網膜が異なる吸収スペクトルを備えた4種類の錐体細胞を含むということである。

4色型知覚



Q.どれだけの数の色が見えますか?








20色未満・・・「2色型色覚」です。本来持つべき三種類の視細胞の1つが欠けています。人口の25%が相当。



20色以上~32色未満・・・「3色型色覚」です。一般の方がこちらに相当します。 人口の50%が相当。



32色以上~39色・・・すごいです。「4色型色覚」の可能性があります。女性に存在することが多く、人口の2~3%が相当。

 

 


続きはこちら。


4色型色覚チェック



普通に見て、どれだけの数の色が見えますか?



大半の方は3色と答えるはずです。しかし、他にも色が見えるのであれば「4色型色覚」なのだそうです。


色見分けの天才能力「4色型色覚」、皆様は備わっていますか?