決まった。眠い

October 28, 2013

もう、会えない

あのときは、友達に
「さよなら」とは言えなかった。
言えば、認めてしまうから。
もう、あえない事を…

最後には「バイバイ」って帰って
来てしまった。
本当の事は、ずーっと、友達と遊んで
居たいけど、そう言うわけにはいかないんだ。

私は友達より彼氏を選んだんだ。
仕方なかった。
あの家に居ると、暴言、暴力で脅されて、私
の心身共にボロボロだったから。

だから、彼の元へ引っ越してきたんだ。
友達に会いたくてももう、同窓会とかいけない
んだ親しい友達にもあう事は無いと思う。

私は、帰り際に涙を我慢して友達に挨拶して
帰ったんだ。
と言うより、涙はもう、枯れ果ててしまったように
流れないんだ。

もう、あえないのは、分っているのは知っているけど
心が繋がっているような気がするんだ。
だから、友達の事は忘れてすぐにではないけど、前
を向いて歩いて行かないといけないと思うんだ。

それにもう、会わないときめたんだ。
あったら、余計に辛いからあわないって決めたんだ。
これからは、鬱を治す方が先決で友達とは会えない。
そうやって、大人になる気がするんだ。 

それにこれからは、彼と一緒に生きて行くんだ。
どんな辛い事があっても乗り越えて行くんだ。
例え、イバラ道としてもそれも乗り越えて行くんだ。
それでいいんだ。
私が決めたことだから…

これからは正直に行きたいと思う。
今までは、偽りの言葉ばかり言っていたけど、
 後悔のない生活して行きたいと思う。

決して、忘れはしない。
友達がしてくれた事を…
振り返ってもいいけど、前も見ようと思う。 

ilovejohntrinity at 20:01│思い•考え 
決まった。眠い