2005年04月30日

クル病について私が知っていること(その2)

 ティッツさんのウチのニホンヤモリさんがクル病になってしまった、とコメントをいただきました。以前にもクル病について少しまとめて見ましたが、私の知っている情報をもう少しご紹介させていただきます。
 なお、もっと他の対処方法もあると思いますので、インターネット等で情報を検索してみてくださいね。

■カルシウム
 ウチのやもり達はカルシウム粉を撒いておいてもあまり舐めようとしない固体もいます。困っていたら「塩土なら舐めるのでは?」と、コブさんに教えていただきました。
 塩土はホームセンターなどで小鳥用に1個100円程度で売っています。ボロボロに崩して小皿にいれ、ケージの中に置いておくだけです。
 最初は食べているのかどうかよく判りませんでしたが、ウ○チに土が混じっていたのでしばらくそのままにしてみました。今では♀やもり達は産卵直前になると塩土を盛んに舐めています。
 塩土にはミネラルとカルシウムが混じっているので効果はあると思います。溜まったカルシウムは、こちらでもご紹介したように耳の後ろに溜まります。
 ティッツさんのところのやもりさんは、カルシウムが溜まった様子はありませんか?

■水分
 ウチのやもたんがクル病になったときには、まず水を飲ませました。ニホンヤモリは体表面からも水分を吸収するそうですので、霧吹きを十分してあげてください。
 特に水分不足は脱皮不全を引き起こします。無理に脱皮をしようとして、弱った骨を痛めてしまうのが心配です。

■食べ物
 やもたんは1週間近く何も食べられませんでした、というか餌虫を捕まえることができませんでした。やっと食べたのは動きが遅いカマキリの子供と死んだクモです。普段は死んだ虫には見向きもしないので、よほどお腹がすいていたのだと思います。
 今の季節であれば、「羽を切って動きを鈍らせた蛾」「足を少し取って弱らせたクモ」などが良いのではないでしょうか。ミルワームやコオロギはリンの割合が高く、リンがカルシウムの吸収を妨げるということなので、なるべく避けた方が良いと思います。
 顎がしっかりしてきたら、ワラジムシや蛾をたくさん食べさせてあげるとよいのではないと思います。ワラジムシはカルシウム豊富だそうですからね。

■ビタミン
 カルシウム+ビタミンD3+若干の紫外線 により、カルシウムが骨になります。ウチではビタミンD3が含まれたカルシウムパウダーを使っています。また、たまにビタミン補給液を水に混ぜます(あまり好きではないらしいです)。

■紫外線 
 以前はレースのカーテン越しの日光を1,2時間当てていました。昨年末からはUVAを出すランプを毎朝2.5時間照射しています。シェルターに隠れてしまうやもりもいますが、気持ちよさそうにランプ浴をするやもりもいますので、やも達の好きにさせています。

■卵
 カルシウムが不足していると卵がふにゃふにゃではないでしょうか?
 やもたんは2月の産卵のとき、通常2個産卵するところを1個だけふにゃふにゃの卵を先に産んで食べてしまいました。もうひとつに栄養を集中させたのだと思います。
 いまだに2,3週間おきに産卵をしているやもたんですが、塩土ペロペロとワラジムシをガンガン食べているので、それなりに元気にしています。

■単独飼育
 喧嘩で骨を傷めてしまわないよう、回復するまでは単独飼育してあげてください。暗くて安心できるシェルターも忘れずに。

 2004年の初め頃、クル病からなんとか立ち直ったやもたん(当時はまだ仔ヤモ)は、大人になった今でも運動が苦手です。ジャンプが出来ませんし、壁チョロも上手にできません。
 でも木の枝は何とか登れるので、ケージの中をなるべく立体的に移動できるように枝を配置しています。そうすることで、クモやら蛾を頑張って捕まえて食べています。ワラジムシは以外と動きが遅いので、喜んで食べています。

 少しでも参考になればよいのですが。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iloveyamori/20494269
この記事へのコメント
くる病の事、取り上げていただき、本当に有難う御座います。カルシウムの袋は以前膨らんでいましたが、今はしわしわになってます。取り合えず今の所、ハニーワームにカルシウムをまぶして、口の中に、半分くらい入れてあげると、ゆっくりですが、自分で飲み込みます。コオロギは、あまり食べないので、10日位前から、ハニーワームだけです。良くないのは分かっているのですが・・・塩土早速買ってきます。後ワラジムシ検討してみます。また報告するので宜しくお願いします。
Posted by ティッツ at 2005年05月01日 19:43
■ティッツさん
 カルシウムの袋がシワシワになっているということは、産卵でカルシウム
を使い切ってしまったのかもしれませんね。今まで6個(3クラッチ)卵を
産んだとのことですが、まだまだ産卵が続く可能性があるので注意してあげ
ないといけないでしょう。
 (ちなみにウチの「まま」は8クラッチ目の卵がお腹に見えています。
  ちょっと産み過ぎ)

 カルシウム粉添加のハニーワームを食べているのなら、体力回復のために
は継続して食べさてあげるのがいいでしょうね。やもたんの時も、口に入る
ものなら何でもいいから食べさせましたから(病気の子供と同じです)。

 ウチはスフィロアクアさんからホソワラジムシを買って少し繁殖もさせて
います。ニホンヤモリの殆どの固体が好んで食べていますので、他の子達
に食べさせてあげるのも良いと思いますよ。
http://www2.wbs.ne.jp/~tamamizu/webshop0.03.html 
Posted by KEIKO at 2005年05月01日 20:14
本当に色々と有難うございました。ホソワラジムシ早速頼んでみます。大切なヤモちゃんたちを少しでも長く見ていられる様に、頑張ります。また相談する事があると思いますが、よろしくお願い致します。
Posted by ティッツ at 2005年05月02日 20:09