大豆

昨年は大豆を作りませんでした。
一昨年は作りました。
それが残っていましたので炊いておきました。
電気釜の古いのを友人にもらいましたのでそれで炊いてみました。
よく煮えました。
しかし水がふきこぼれ後始末が大変でした。

まだ大豆は残っていましたので
今回は鍋で沸騰させそれを電気釜に入れ保温で炊いてみることにしました。
今、電気釜には昨夜から保温の状態にした大豆があります。
1日か2日この状態にして炊いてみます。
うまく煮えたら喝采をお願いいたします。

PAP_0089


8月24日に3個の柿をいただきました。
1個食べました。
渋は全然なくおいしかったです。
もう柿が食べられると驚いています。

まだ小さくて見た目はきれいでないですし、固いです。

我が家の柿はまだ全然こねりが入っていません

蜂の巣

PAP_0086

我が家にはミツバチの巣が2つあります。
この頃蜂を見ないので中を見てみましたら1つには蜂はいなくなっていました。
写真はいなくなった箱をひっくり返して写しました。

もう一つには蜂は少しいました。
こちらも写真と同じような状態でした。

どうしてこうなったのかわかりません。
悲しいなあ。

薬莢

豪雨が一段落したので田んぼの水回りに行きました。
水が引いてしまっていたので水を入れるべく取り入れ口をせき止めていますと写真のものが出てきました。
戦後見た薬莢のようです。
主人にも見せますとやはり薬莢だと言います。

PAP_0087


戦後はかなりこれを見ましたが現在はほとんど見ることがありません。
若い男の人がこれを細く切って指輪に細工していたのを思い出しました。

西南戦争の田原坂の西南戦争記念館でその時つかわれた薬莢を買ってきたのも思い増しました。
それは我が家のどこかにあるはずです。

今日見つかった薬莢も大事に保管しておきます。

裏山から竹が

PAP_0045

昨日、裏山でざざざーと音がしました。
竹が山の中で倒れたなあと思っていました。

今朝裏へ行って見たら竹が我が家のラッキョウ畑とサルスベリの間に落ちてきているではありませんか。
もうびっくり。

山の持ち主に断わって危ない竹や落っこちそうな竹は切って落としているのですけれど
見落としもあるのですね。

我が家のボイラーや屋根でなくてよかったあという感想です。
ボイラーの上の波板屋根は竹が落っこちでぼろぼろになってはいるのですが

もうはらかいた

今日は下品な言葉の連続でごめんなさい。

くそ ハトめ。
もうお前のために大豆の種はまかなぞ。
もう大豆なんか金輪際播いてやるもんか。

大豆を1週間ばかり前に播きました。
芽が出ないのでよくよく見ると芽が全部食べられています。
人があまり来ない畑なのでひとつ残らずハトが食べているのです。
もうハトとの競争に疲れました。

もう大豆はまきません。

今年は仕方がないのでサツマイモを植えます。

ラッキョウ


24日は豪雨で農作業はできませんでした。
23日 東の畑ラッキョウの一部を収穫してこしらえました。
2,5kgありました。
昨夜のうちに軽い塩を振りかけておきました。
そこで24日の朝そのラッキョウを軽く湯につけて消毒し瓶に砂糖と酢と唐辛子を入れて漬けました。

6月12日に1,4kg
6月13日に1kg
6月14日に850g
6月15日に1.4kg
合計5,65kgを漬けました。
これはもう食べられます。

15日迄に漬けたラッキョウは日陰に植えてありましたので収量は少ないです。

まだ東の畑と西の畑と屋敷にラッキョウはあります。
ここは日当たりがいいので収量が多いと思いますがまだつけることが出来ません。
酢と砂糖と瓶が不足しているからです。

なにぶんにもド田舎なので買いに行けないのです。
準備が出来たら収穫し漬けます。
1kgのラッキョウをこしらえるのに1時間かかりますから少しずつするつもりです。

「なぜ韓国はパチンコを廃止できたのか。」 NO3

「なぜ韓国はパチンコを廃止できたのか。」 キムさんは韓国の個人タクシー運転者だそうす。この人もパチンコにはまり4年間で日本円で1500万円分も負けたそうだ。やばかったけれどそのころパチンコが禁止になりパチンコ依存症から抜け出せほっとしたそうです。

「なぜ韓国はパチンコを廃止できたのか。」NO2

「なぜ韓国はパチンコを廃止できたのか。」 副題は「韓国にできてなぜ日本にはできないのか。」読んでわかったことはドラッグよりも大麻よりもパチンコ依存症危険であるらしいです。パチンコにはまりすぎて財産をすべてなくした人は知っています。

なぜ韓国はパチンコを廃止できたのか。

友人から本をもらいました。若宮健 著「なぜ韓国はパチンコを廃止できたのか。」です。 これについて毎日書いていきたいと思います。 副題は「韓国にできてなぜ日本にはできないのか。」です。
QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ