ゲーム来訪者

マジコン、3DS、xbox360、DSTT関係最新情報、第一時間で分かち合いましょう!

M3izero

M3i zero マジコン

ここ暫くはM3関連のレポートを書いていませんでした。
M3iZeroが出てからは大きなニュースも無くカーネルも時折更新されるだけです。
しかし、その裏で静かに大きな変化が起きていたようです。

前回のレポートで書いたように現行のM3iZeroはGMP-Z003基盤です。
しかも従来基盤との互換性は有りません。
どちらの基盤のM3iZeroでも同じカーネルが使用できるのは、
それぞれの基盤用のカーネルが混在した複合カーネルになっているからです。

GMP-Z003基盤のM3iZeroが静かに市場に出始めた時、
当研究所でも何回か入手を試みたのですが届いたのは全て従来基盤のものでした。
それ故、GMP-Z003基盤のM3iZeroの検証は全く行って来ませんでした。
前回のレポートでは新旧のハードウェアを比較しみましたが、
今回はその他の気になる事を比較検証してみました。

■M3SAKURA
前回のレポートではTouchPodカーネルの起動時間を計測して、
GMP-Z003基盤の方が飛躍的に速くなっている事を確認しました。
M3iZeroのもう一つのカーネルM3SAKURAではどうでしょうか。

テストに使用したのはDS Liteでカーネルはv4.9xです。
先ずはDSメニューからカーネルのメニューが表示されるまでを計測しました。
結果は従来タイプが約8秒で新タイプが約5秒でした。
これは前回のTouchPodカーネルの時と同じ結果です。

次にゲームの起動時間を計測してみました。
新旧の比較が目的ですのでゲームは任意です。
結果は従来タイプが約12秒で新タイプが約27秒でした。
暫くの間プログレス・バーが表示されてとても実用的とは思えません。

意外な結果のようですが実は当然の結果かも知れません。
M3SAKURAはmoonlightさんが手を引いた後は事実上大きな開発は行われておらず、
TouchPod用のローダを利用する事で便乗更新されて来ました。
GMP-Z003基盤には直接的な対応ではなく間接的に対応しているようです。

■起動プロセス
M3iZeroのカーネルは全てSYSTEMフォルダに格納されていて、
ルートには何も有りません。
従来版では g6dsload.eng → menu.eng といった起動プロセスを辿りましたが、
GMP-Z003版では _M3_MENU.DAT → G003menu.eng となったようです。

従来版ではmenu.engを他ファイルと摩り替える事により、
任意のプログラムを起動する事が可能でした。
GMP-Z003版でも一応この手法は有効ですが、
G003menu.engを走らせた後でないと何等かの環境が整わないようです。

■定番Homebrewの対応
YSMenuは少し手を加える事で殆どのアダプタで起動可能です。
問題はそのアダプタで使用可能なローダをどうするかです。
TTローダ等を解析してアダプタ毎にローカライズして使用するのも一方法ですが、
非常に高度な技術力が要求されます。

YSMenuで選択したROMのパス名をアダプタ固有のローダに引き渡す方法も有ります。
起動プロセスが少々冗長になりますが応用が楽な方法です。
直接にローダを呼び出したりExtLinkを利用する方法が有ります。

今回、GMP-Z003の検証を始めるに当たってネットで情報を収集したのですが、
GMP-Z003に関するものは殆ど見付かりませんでした。
GMP-Z003で使用可能なYSMenuやWood等は公開されていないようです。
それどころかGMP-Z003用のreset.mseさえ見当たりませんでした。

http://ndslaboratory.blog42.fc2.com/page-2.htmlから転載

 

M3i zero マジコン【正規品】3DS V4.5.0-10J/ DSi1.45J対応


M3i zero マジコン
M3i Zero公式サイトからのニュース:

M3i Zero GMP-Z003 Firmware Download for 3DS v4.5.0-10&DSi v1.4.5 has been released. 12-1-2013 

Update the firmware of the M3i Zero GMP-Z003 card to support running in new 3DS (Ver. 4.5.0-10E, Ver. 4.5.0-10J, Ver. 4.5.0-10U) and DSi (Ver 1.4.5E, Ver 1.4.5J, Ver 1.4.5U) system version.
 

やっとM3i Zeroも3DS Ver.4.5.0-10J&DSiVer1.4.5Jに対応しました。

必要な物
1.マジコン「M3IZERO
2.DS/DSL、DSi/DSiLL(1.45以下)、3DS/3DSLL(4.5.0-10以下)
3.MSDカード

ダウンロード
M3GUpdaterPlus_450HW
F_CORE_v4.5.0

改造方法


1.「M3GUpdaterPlus_450HW」をダンロードし、解凍し

2.パッチとカーネルはMSDカードのルートにコピーし

3.マジコン起動できるDS/3DSに差し込んで、マジコン起動

4.「M3GUpdaterPlus_450HW.nds」を起動し、「SLOT-1」を選択し

5.「START」ボタンを押すと、改造開始

6.「Updating success」のメッセージが出たら、設定完了

7.電源オフ、M3IZEROを抜き

8.「F_CORE_v4.5.0」をDLし、解凍し

9.ファイル「F_CORE.DAT」はMSDのルートに導入し

10.MSDはマジコンに挿し込み

11.ファームアップケーブルとマジコン本体を連結し

12.連結したファームアップケーブルはPCのUSBスロットに挿すと、マジコン本体の中のLEDが赤になって点滅し

13.LEDが滅灯すると、アップデート完了

M3i Zero販売

M3IZEROの公式サイトより3DS v4.1.0-8&DSi v1.4.4 専用パッチをリリースした

M3i zero マジコン 
必要な物
1.マジコン「M3IZERO」
2.M3IZERO専用ファームウェアケーブル
3.MSDカード

ダウンロード
F_CORE_v4.1.0

改造方法
1.「F_CORE_v4.1.0」をDLし、解凍し
2.ファイル「F_CORE.DAT」と最新カーネルはMSDのルートに導入し
3.MSDはマジコンに挿し込み
4.ファームアップケーブルとマジコン本体を連結し
5.連結したファームアップケーブルはPCのUSBスロットに挿すと、マジコン本体の中のLEDが赤になって点滅し
6.LEDが滅灯すると、アップデート完了

M3i zero マジコン【正規品】販売店「gamezway.net

 ご購入はこちらへ

 
M3i zero マジコン【正規品】 3DS対応

M3i zero マジコン【正規品】 3DS対応 - ウインドウを閉じる


M3の公式サイトはM3i ZEROに対し、ようやくFW1.43/FW2.1.0-3のパッチをリリースしてきた

現在、マジコンM3i ZERO(GMP-Z003)は完璧にFW1.43/FW2.1.0-3に対応できた

今回のアップデート方法は以前と違ってケーブルには関係ない必要な物
1.マジコン「M3i ZERO」(GMP-Z003)
2.DS/DSL/DSI/DSILL/3DS本体(FW1.43以下のDSI/DSILL本体、FW2.1.0-3以下の3DS本体)
3.MSDカード

ダウンロード
パッチ「M3i_Zero_G003_Update_SH2.zip


改造方法
1.ファイル「M3i_Zero_G003_Update_SH2.zip」はDLし、解凍し
2.ゲットのファイル「M3GUpdaterPlus_143.nds」と最新カーネルはMSDカードに導入し
3.「MSDカード>マジコン>DS本体」のようにセットし
4.DS本体でマジコンの中のファイル「M3GUpdaterPlus_143.nds」を起動し
5.ソフトの案内に沿って「START」ボタンを押すと、アップデート開始
6.「SUCCESS」が現すと、電源OFF
7.改造完了

注意
1.このパッチはM3i ZERO(GMP-Z003)だけに対応でき
2.改造済みのマジコンはDS本体に挿して「ハローキティ」のアイコンになり

M3i ZERO」格安販売サイト




M3i Zero


M3i Zeroで最新のROMやHomeBrewアプリが起動可能になる最新コア「M3i Zero Core V1.7.2」がリリースされました。

更新

■3DSサポート

導入方法
1.ダウンロードしたファイルを解凍しましょう。


2.解凍したフォルダ内をMicroSDルートディレクトリ上へ移動しましょう。

sd0:/SYSTEM
sd0:/F_CORE.DAT



3.下記画像と同じ向きで"カチッ"と鳴るまでMicroSDを入れましょう。


4.同梱されていたケーブルを下記画像と同じ向きで入れましょう。


5.PCのUSBポートにUSBケーブルを接続した状態の「M3i Zero」を接続しましょう

4.ライトの点滅が終わったら書き込みは完了です。

R4i gold 3DSマジコン R4i_Gold_3DSは全機種対応です。http://www.gamezway.netへようこそ。   全力に最適な価格を提供致します

↑このページのトップヘ