マサオカ創建&moss
〒745-0882 山口県周南市東一の井手4476-1
tel 0834-39-0805 fax 0834-29-7335
Mail:info@masaoka-souken.com
HP:http://www.masaoka-souken.net/

October 2010

kitchen がきましたよ。

2010/05/27

キッチンが完成したので、現場納品したいと工場から連絡!

搬入をお手伝いする事になっていたので、
仕事を抜け出し現場へ。

天板/本体とも組立て式にしたので、搬入は思ったより
楽でした。天板は80kgぐらいあったので大変でしたが
問題なかったです。
工場でトラックに載せるのが大変だったと後で聞きました。
PA0_0254

いい感じです。
早くここでビールを飲みたい!!

PA0_0255

工場で見たときは大きく感じたのですが、
現場にくるとそれほど大きく見えず、ちょうどいい大きさです。
キッチンとダイニングテーブルが一緒になっていると
考えればベストサイズです。

この後、設備屋さんに、クックトップやオーブン、水栓金具を
取り付けてもらってから、ステンレス#400磨きの腰板パネルを
ビス固定すれば完成です。
PA0_0252


あははは。

2010/05/27

入りました。
夜中、脚外してチャレンジしたら余裕で。
PA0_0250

次の日、フツウの顔して入りましたよ。と言いました。


洗濯機は終盤に来るので、気が抜けない・・・

あわわわ。

2010/05

気になる事がこの時あったんですよ。
バスタブと洗濯機が扉取り付け予定の開口から入るのだろうか・・・・

図面上では両方とも入るんです。
バスタブはネコ脚タイプをチョイスしてまして、
脚が外れれば。脚が組立て式になっていれば大丈夫だと。

洗濯機はW600×D600。
2ヶ所開口があり、1つは扉、もう1つはFIXガラスにしようと
してましてFIXガラス側から、クリアランス15mmで
入る予定なんです。

現場監督さんが「入るかなぁ??」「大丈夫かなぁ?」って
見るたんびに言うんですよ。
心配になってきてたんですが、どうしようもないんで。
死ぬわけじゃないし。壁ぶち壊せばいい訳だし。
軽く言うと職人さんがイヤな顔しそうだったなぁ。

以前にも仕事で近いシチュエーションあったなぁ。

モノが届いたら、夜中一人で入るかやってみよう。
KC3A0676

KC3A0677

洗濯機分解するかなぁ。
出来るかなぁ。







まっちろ。

2010/05

風呂が生まれ変わりました。
ここなら裸になれる。
当初の陰鬱としたトイレと給湯室が合体して化学反応を
起こしたようです!感激でした。
塗装中は目の前白色ばっかりなので、目がおかしくなりました。
揮発した塗料のせいだったかも。
KC3A0673


これが
KC3A0668

これに
KC3A0674

色白は七難隠すとは。

なんだか。

2010/05

なんだかショップみたくなってきてる。
スタジオタイプ?ロフト風?
夏は猛暑、冬は極寒が予想されます。
KC3A0666

これはクローゼット。
KC3A0662


KC3A0663

この穴はこやつ↓の通り道。
KC3A0541

塗装中は・・・・

2010/05

塗装中はキレイになっていく壁を見て
プチ興奮気味だったのと、ケイタイを
出すと塗料で汚れる可能性大だったので
画像を撮っていません!!

割愛させていただき、急ですがこんな感じになりました。
KC3A0669


KC3A0668

寝室からのクローゼット。
KC3A0680

トイレ。
KC3A0661

これは昼間。
PA0_0263

黒い壁は黒板塗料のブラックを塗るつもりだったのですが、
下塗りでツヤありのコゲ茶を塗ったら、チョコレートの
壁みたくなったんですよ。なんだか面白いので、
このままチョコ壁にしてます。
玄関ヨコの壁は床から天井まで黒板塗料を塗りました。
今では子供達の落書きコーナーです。

夜は長い。

2010/05

仕事が終わっての、夜作業もだいぶ体が慣れてきたのか
麻痺してきたのか疲れをそれほど感じないです。
PA0_0286


後がコワイですが・・・・

KC3A0669

風呂のシーラー塗りも2回目。ようやくこの薄気味悪い風呂場が
変身しますよ。
この段階では床タイルも貼り終ってます。養生で見えませんが。

ガマンできず・・・・

2010/05/01

パテがあらかた終わりましたが
気になるところがまだまだあります。

しかし、ガマンできず塗装開始しました。
凝ってたらキリがなくて。
PA0_0276

外装用塗料の白色は1色しかなく、太陽光での色味も
確認したかったこともあり、塗りました。
白すぎるという意見もありましたが、
コンクリート壁と白壁の対比を出したかったので、
少々白すぎてもOKとして進めました。

当初、天井も白に塗装して清潔感のある空間に
する予定だったのですが、なんだかカワイイ空間になるような
気がして、梁したまで塗る事にしました。
あとで、天井も塗装したほうがいいと思ったなら、塗ればいいやと。

バスルーム着手。

2010/04/28

少し時間さかのぼりますが、風呂の防水工事も
終わり、(名古屋モザイクで見つけたヘンテコな)タイル張りも完了。

これから、壁天井の塗装開始です。
KC3A0679


















KC3A0678

外装用の塗料を塗る予定ですが、
その前にシーラーをたっぷり塗ります。
お世話になっている塗装屋さんに分けてもらいました。

気持ち的には・・・・

2010/5/6

・・・・折り返し地点。

工程的には、まだまだなんですよ。
実は、今現在も仕事から帰って作業してたりします。

夜にパテ作業をしつつ、昼間は仕事の合間にキッチン図面を
描いて、スケジュールを調整しながら、工場打合せ・検品と
平行してやっとりました。
システムキッチンは機能性が高く、便利なんですが、
なんだか性に合わず、今までの経験を生かして冒険しております。

KC3A06551

キッチンはこのプランのメインでもあります。
生活の中心に設置したかったので、図面的に一番日当たりがよく
風通しといいところに据付予定です。
上画像は工場検品中。デカイ・・・・

KC3A06573

W3200×D1500×H720(850)

無題-15

工場さんへの説明図。
解り易くするため色分けしてます。この色で塗装なんてことはないですよ。
現場組立てなので、天板2分割(1枚で作りたかった・・・)
下台もプラモデルのような感じで製作してもらいました。

キッチンとしては大きいのですが、キッチンとダイニングテーブルが
一緒になったと考えれば適当なサイズ。
仕様は天板スチール黒皮皮膜・下台はステンレスです。



昭和の日。

2010/4/29

今日は朝から作業してます。
天気が良かったから、皆さんはどこかに遊びに行ってたんでしょうね。

自分達は粉マミレの塗料マミレに突入ですよ。

本日はキッチン床のタイル貼り、ならびに玄関土間の
タイル貼りに職人さんに来ていただきました。

いつも外構工事でお世話になっている方です。
最初はイモ突き?イモ貼り?と考えていたんですが
急遽変更!職人さんが「りゃんこにすれば高級感でるよ」と
教えてくださいまして、仮置きしてみたらこれまたいい感じで
「りゃんこで!」とお願いしました。
KC3A0687


KC3A0686
玄関。

天気がほんと良くって作業するにはいい気温で職人さんと
楽しく作業してましたが、イタリア製のタイル、硬かったみたいです。
KC3A0685
キッチン。

目地ナシで貼っていただき、外床のような感じに
なって満足しております。
ここにキッチンが来ると思うとワクワクです。











黙々と、淡々と。

2010/04/28

やるしかないんです。進めるしかないんです。
仕事が終わってから夜中の1〜2時ぐらいまで
パテを入れて、昨日やって乾いたところをペーパー掛け。
ひたすらこの繰り返し・・・
12時近くなると段々テンションが上がってくるんですよ。
2時ぐらいになると副作用がきますが。

KC3A0657


KC3A0663

クローゼット。

KC3A0667

夜中作業になるんで照明器具を先にセットしてもらいました。
ホントは粉々になるのでクリーニング後がベストなんですが。

KC3A0672


KC3A0653

その日の終盤。死んでます。
粉まみれなので、汚れた床なんか気にしてません。
髪がバシバシ、手は荒れる、鼻の中ガビガビの3拍子。

ついに・・・・

2010/04/18

ついに壁のパテ処理開始ですよ。
地獄の始まりです。
PA0_0293

ツナギ着て、マスク2重の、頭にはタオルを巻いてはじまり。はじまり。

KC3A0642


KC3A0640


KC3A0644

なんだか、PBビス打ちが多いような気がしました。
大工さんがしっかり留めてくださった証拠としたい・・・・。手首が・・・。

1週間後。

2010/04/04

バスルームが激変してます。
PA0_0204

モルタルコテ押さえしてもらい、タイルも完了。
壁のモルタル、天井は外装用塗料を自分達で塗る予定。

バスルームはまだまだです。

2010/03/22

防水工事・モルタル下地が完了した感じです。
KC3A0632


KC3A0633


KC3A0630

この左隅に洗濯機が来る予定。
先は長い・・・・。
  • ライブドアブログ