May 24, 2017

Clip to Evernote
昨日手帳を買った。
なぜ5月の終わりという中途半端な時期に(笑)

最近どうも思考がまとまらないので、脳内から出したほうがいいと思い、それならスマホよりも書くほうがいいかもしれないと思った。
スマホはいままでに、いくつかのメモやtodoリストや1行日記などのいくつかのアプリを試したのだけれど、続かないし、あちこちに分散してしまって、閲覧の時にもよろしくない。

結局はアナログな、ペンとメモを持ち歩いて、思い浮かんだことや、todoや、買い物リストなど、なんでもそこに集約すればいいのではないかと考えたのだった。

実際に文具店に行くと、用途別の機能的なメモはたくさんでていた。同じことを考える人が多いんだなあ。

いくつかパラパラとめくってみたのだけれど、目的が特化しているものは私の用途には沿わない感じがした。
スケジュール管理するほどスケジュールがないので手帳の発想がなかったのだけれど、実際に手帳を見ているうちに、これが一番よさそうだと感じた。

手帳は、短大の2年間だけ持ち歩いた。当時は授業(2年になると全コマでるわけじゃなくなるから、時間割を手帳に書いておいた)と、バイト、サークル、自動車学校などのスケジュール管理をしていた。
いま思い返すと学生というのは多忙な日々だったなあと思う。バイトは2つかけもちしていて、早朝と土日に行ってたし。
個人ロッカーはあったけど、授業によって持ち物も変わったりしたから、やっぱり手帳がないと、毎日のことが管理できなかったと思う。
当時は、革製のバインダー式の手帳を使って、中のリフィルをカスタマイズしていた。
社会人になってからも使うつもりだったのだけれど(実際最初のうちは持ち歩いていたと思う)、基本的にはルーティーンな日々で、週末の遊ぶ予定くらいなら手帳に書く必要がなくなった。
そして自然消滅的にリフィル追加をやめ、持ち歩くこともしなくなった。

いくつかのメーカーのものをざっと触っていて、その中に"ほぼ日手帳"を発見した。
以前から存在は知っていたものの、手帳を持ち歩く習慣はここ25年なかったので、これまでは買ったことがなかった。
好きな表紙デザインがなかったこともあり、これは公式サイトでじっくり見てみようと思い、その場では購入せず。

公式サイトで見てみると、だいたい希望する用途がひとまとめになっていて使い勝手がよさそうだった。
それで、これを買うことにしたのだが、Amazonにもあったのでまずそちらをチェック。公式ではないけど本革カバーが手頃価格であったので、それにしようかと思ったら、手帳本体が公式サイトよりもずいぶんと高かったのでやめた。

公式サイトをよくみたら、LOFTで店頭販売しているとあったので、地元のLOFTに行った。
一番欲しかった色はなかったけれど、ほかの色も実物を見たら悪くなかったので、そこで購入。

ほぼ日手帳 オリジナル 4月始まり です。カスタマイズしたかったので専用ビニールカバーも購入しました。
http://www.1101.com/store/techo/

2017-05-23-21-24-49


2017-05-23-21-31-46


2017-05-23-21-32-26


ステッカーやパッチを両面テープで表紙に固定してからビニールカバーをかけました。
わりといい感じになったなあと自己満足。

普段書きやすくてよく利用しているジェットストリームの0.38を手帳用に合わせて購入したのだけれど、なぜかこの手帳の紙との相性が非常にわるくて、すぐにかすれてしまうし紙にひっかかるしでがっかり。ほかのボールペンに変えるつもり。といっても0.7のジェットストリームにしようかと思ってる(笑)





(14:59)

April 17, 2017

Clip to Evernote
しばらく会っていなかった友達に会いに行ってきた。
ただそれだけが目的の旅。ノープランなのもいい。会ってから考えようということで。

とても久しぶりに下り路線のハイウェイバスを利用。時間より10分遅れで到着したバスに乗ろうとしたら、それは70分遅れで来た1本前のバスだった。
私が乗るバスもそれから70分後に来た。夏のように暑い日で、日陰のベンチで葉桜を眺めつつ、ネット配信されていたTABのライブ中継を聴いて、ぼんやり気持ちよく過ごしていたら待っていた1時間はあっという間だった。
IMG_0531


友達と会ったとたんに、さっきまでの快晴はなんだったのかという豪雨。
雨の中、友達おすすめのお店でランチ。窓から外の景色が見える席で、再会を喜びながら美味しいビーフシチューをいただいた。安いのに内容は豪華でとても満たされたランチだった。
ランチの最中に快晴になった。

柿の恵み
http://kakinomegumi.jp/


行き先は友達におまかせ。結果的には友達のお気に入りの神社めぐりになった。

三河國一之宮砥鹿神社 http://www.togajinja.or.jp/
この父親の鹿、ものすごくこっちを見てくる(笑)。あんまりじっと見てくるからドキドキします。張子だけど。
IMG_0533


今ホームページをみたら、私は一白水星で今年八方ふさがりだった。御祈祷すればよかったかな。
御朱印はいただいてきた。
ここは恵比寿様も祀られていて、恵比寿だるまにとても心惹かれたのだけれど、今の時点で願掛けするような商売ごとはないので、またそういうタイミングの時に来てだるまを買うことにした。今回は買わず。

IMG_0534



賀茂神社
http://honokuni-kamojinja.jp/

入り口に赤い太鼓橋があり、それを渡り菖蒲園を抜けていくと奥に神社がある。菖蒲も見てみたい。
神社では、獅子舞の中の人のテスト?のようなことが行われていて、人がたくさんいたので、早々に退去。
馬屋に5頭ほど馬が入っていた。今日はあの獅子舞と関連して祭事だったようで、馬も装具をつけられていた。もう夕方だったので、馬の役目はすでに終わっていた様子。境内の砂の道に、蹄の跡が残っていた。

ああ、ここも八方除け祈願じゃないか。三河に多いのかしら。


そのあとは、名前のわからない、ひっそりとたたずむ神社に行った。他にだれも人がこなくてとても静かで夕暮れの空気と木々に癒された。

友達の家で少し休憩してから、夕ご飯を食べに行った。
珍しく日本酒を飲んだ。黒龍と奥という日本酒を楽しんだ。友達は私と居酒屋に行きたかったそうで、それが叶って嬉しいと言っていた。私はどこに行ってもお酒を飲んでいるから普段通りだけど、そういってくれると嬉しい。
とても繁盛していたお店だった。美味しかった。

花の庵 http://r.goope.jp/hananoiori

コンビニでも少し日本酒を買い、帰宅して家飲み。
お店で最初の1杯目だけビールを飲んだけれど、あとはずっと日本酒。珍しい日。
翌朝は二日酔いもなくスッキリ目覚めた。

午前中に友達が勉強しているアロマタッチをしてもらった。アロマオイルを使ったハンドマッサージで、心からリラックスできた。アロマの香りが重なっていくのがまた気持ちいい。脳の中の力も抜けてほぐれていくような感覚だった。

IMG_0535


アロマの香りに包まれた状態で、外出。
友達の案内でランチ。ドリアのみのお店。外観や店内の雰囲気がとても私の好みで、入ったとたんにうわぁ!と幸せな気分になった。盛り付けも素敵でお料理もケーキもとても美味しくて、すべてがツボだった。また行けたらいいな。

mig made http://migmade.blog129.fc2.com/

IMG_0536


IMG_0539


IMG_0542


IMG_0543

グレープフルーツとピスタチオのケーキ。抜群。
IMG_0544


今日も友達の隠れ家的神社へ。
よくこんなひっそりとした神社を見つけたな〜と思ってしまうようなひっそり奥まった神社。

鳥居の両脇にかなり大きな木に育った榊が植えられていて、守られているという雰囲気の神社。
参道というか細い山道には湧水が流れていて、境内の地面は苔むしていて、青々とした香りと、わっさり茂った林の隙間から少しだけ日が差し込む、幻想的な神社だった。
元々の社の劣化を防ぐべく、修復ではなく、社まるごとを覆う形でさらに大きな屋根が組まれていた。


石巻神社 

石巻山の途中にある神社。山は、人工ピラミッドともいわれるそうで、きれいな円錐状になっているらしい。
かなり急な坂をというか山道を登って神社に行く。
他に誰もいなかったので、友達としばらくゆっくり過ごす。
椿がとても大きな木に育っていて、ちょうど花が見ごろで日に透ける赤い花びらがきれいだった。
そして参道の楓の黄緑色がまぶしいくらいに美しかった。

山頂に登ってみようかとコノシロ池まで歩き、そこで湧水を飲んだのだけれど、結局ここで引き返して下山。また次回はゆっくり登ってみたい場所。

IMG_0545


IMG_0546


IMG_0548


IMG_0549


最後は、私がもし行けそうなら行きたいと事前に話していたところ。

豊川稲荷 http://www.toyokawainari.jp/

ちょうど先日東京別院に行けたので、本家も行ってみたいと思った。こうしてなんだかいろいろとつながっていくのだなあと。

全体的に大きなつくりで、見上げるような大きさ。圧巻。
夕方だったので、御朱印は終わっていたのでなし。

お参りをして敷地内をぐるりと回ったけれど、千本幟も歩いていて圧倒されたし、奥の狐塚の狐たちもみんな違う顔をしていて興味深かった。

IMG_0551


IMG_0552


IMG_0554


IMG_0555


IMG_0556


IMG_0557


IMG_0558


でも、狐塚のきつねは、東京別院にいた狐たちのほうが、なんだか歴史がある雰囲気で妖艶だったな。

豊川稲荷の目の前に稲荷寿司屋さんが並んでいたので夕飯用に購入。
帰りのバスで食べた。お揚げがとても甘く炊いてあっておいしい。3種詰め合わせで、白ごはんと、五目と、葉わさび醤油漬け。とくに葉わさび醤油漬けのお稲荷さんがとても美味しかった。

おきつね本舗 http://www.okitsune.net/

IMG_0550


IMG_0565


友達の車に貼ってあったステッカーと私のTシャツが同じロゴだったのもまた縁だなあと。
IMG_0563


2日間ずっと一緒にすごして、たくさんのことを話ができたし、連れて行ってもらった場所もとてもリラックスできるところばかりで、のびのび解放されたような2日間だった。
神社やお寺の森のような木々っていいよなあと、いまさらだけどしみじみ身体で感じた。
言葉でうまく説明はできないけど、植物の生きるエネルギーみたいなのって人にも影響するんだと思う。

(17:45)

April 09, 2017

Clip to Evernote
2年前の3月にスポーツジム通いを始めた。そのジムでは月に1回ジョギングのワークショップが開催されたので毎月参加していた。
ここ数年は全く走っていなかったが、このワークショップをきっかけにたまに平日の朝のジョギングをするようになった。

一昨年そのワークショップのコーチが中心となり、地元のリレーマラソン大会に参加。リレーマラソンはちょっと特殊なものだけど、久々の大会は楽しかった。このタイミングでそれまでほとんど話さなかったジムの他の会員とも仲良くなった。
その中の一人は私と同様毎月ワークショップに参加していたので、特に親しくなり連絡先も交換するようになった。

彼女に触発されて、私も久々に大会にエントリー。それが昨年12月の袋井メロンマラソン。距離は10km。久々だったけれど、しっかり完走できてタイムもそんなに悪くなかった。

それで次は思い切って初めてのハーフでエントリー。それがこの焼津マラソン。
初めて出場する大会。各関門の制限時間が厳しめなのは知っていたけれど、家から行きやすい会場なのとコースが平坦で走り易そうということと、4月の2週目なら、まだ暑さも気にならないだろうということで選んだ。
あと、3月の藤枝マラソンのエントリーをしそこねたというのもある(笑)。



静岡駅から電車に乗る時点で乗客のほとんどが焼津マラソンの出場者だった。見た目でわかる。
時間帯的にピークに重なってしまい、駅を降りてから歩道橋を降りて歩道へ出るまでがずいぶん混雑した。予定していたよりもだいぶ時間がかかった。

そこから会場まで1kmほど歩くのだが、両側に歩道のある一本道で、歩道幅も広かったので人の隙間を抜けてすいすいと進んだ。
会場はすでにかなりの人でごった返していたので、更衣室に行かずに、会場の端でささっと着替えた。走るウェアの上にジーンズを上着を着こんだだけなので、着替えるといっても簡単。しかしこのタイミングでサーッと雨が降ってきてそこそこ濡れた。

参加賞の受渡し場所がずいぶんと遠くにあったので、走り終わってから交換に行くことにした。

コイン式の荷物預けしかなかったので、この時点で水筒の水をある程度飲んで、走る状態の荷物だけにしてロッカーに荷物を入れた。
しかしこの後トイレに行ったりストレッチをしているうちに急激に晴れてきて日差しが出てきた。ここでサングラスを荷物に入れてしまったことに気づく。もったいないけどロッカーから荷物を一度出してサングラスを取出しまた荷物を入れた。コインロッカー300円×2回は高すぎる。
袋井は体育館を更衣室と荷物預かりに使っていてどちらも広く無料で快適だった。使わなかったけどシャワーもあったんだよな。
焼津はロッカーは高いし、更衣室のテントもとても小さくて、そのあたりはイマイチ。

スタートまであまり時間がなかったが、落ち着こうと、いつもどおりの手順でストレッチ。これでずいぶん落ち着いた。体調は良い。

同じ大会に参加している友達からメッセージが来た。近いスタート地点にいるらしいのだけど、スタート前に探し回るのもと思い、終わってから会おうと約束した。
IMG_0437


今日のBGMは12/31/2016のPhish。自分が行った一番最新のショウ。しっかり時間をはかってはいないけれど、無事ゴールしたとしたら、ゴールして落ち着いた頃にPetrichorが流れてきて新年がやってくるくらいの流れのはず。

Petrichorの意味は、雨が降ったあとに地面から上がってくる匂いで、まさに今、雨上がりの香りの中でスタートを迎えた。

普段家の近所を走る時には7km走るので、まあそのくらいのペースで行ってみようと思った。

スタートからしばらくは道幅が狭く、人も団子状態で、思ったようには抜けられず。
Don't Bogart That Jointを聴きながら、歩くのと走るのの間くらいでぞろぞろと前に移動。

そのうちに後ろからぽんと肩を叩かれて振り返ると友達だった。私の横をすり抜けて走っていった。

2kmあたりでだいぶ道幅が広くなって自分のペースにできた。
Kill Devil Fallsが心地よいペースを作ってくれる。空は曇天だが、雨はもう降りそうになかった。

快調に飛ばしていたが、思いのほか早くペースダウン。首と肩に力が入りすぎているようでどんどん上半身が重くなる。肩が固まると、呼吸が浅くなり苦しくなる。
そうなると脳内の声はどんどん悪魔化してくる。「もうやめなよー。今日は疲れてるんだよー。もう4km走ったしこれでいいじゃん。やめても誰にも迷惑かけないし怒られることもないよー」って。

これを振り払うために音に意識をもっていく。そうするとTreyが弾いてる姿が浮かんでくるからすごい。「Mamamamamama soul It's my soul」と口ずさんで鼓舞して走る。なんてタイミングの良い曲なんだと思っていた。
歌うと呼吸もだんだん整うから良い(笑)


普段よりペースはよくなかった。右肩がつらくてしょうがない。給水のところであえて足を止めて肩をまわしたり深呼吸をしてから走り出した。

7kmあたりにまた苦しくなってきたけれど、Divided Skyを聴きながら走る田んぼの田舎道もよかったし、Ya Marはまた口ずさみながら走る。

Character Zeroが始まったとき、あ、やばい、1stセットが終わっちゃうと考えた。
マラソンは終わってほしいけど、ショウは終わってほしくないから、なんか不思議な心境になるんだよなぁ。ショウのときは、このままずーっとこれが続けばいいのにって思う。

この後に流れてきたWalls of the Caveがよかった。ああこれジョギング向きだと思った。

身体はずいぶん苦しかったけれど無事に10kmを過ぎて小さくガッツポーズ。このあたりは沿道に応援の人もいて励まされた。

いわゆるコスプレランナーに抜かれされたのだが、それが全身黒タイツで、顔にはカオナシっぽいお面をつけていた。息をするのが大変そうで超走りにくそうなのに、ちゃんと10km過ぎてここまで来てるのでなんかとても励まされた。バカバカしくて笑えた。

2ndはAlso Sprach Zarathustraから。これも気分はあがる。少し上向きの方が呼吸がラクで走りやすいのと、視界にあまり余計なものを入れたくなかったのでかなり顔をあげて空を見ながら走った。たぶん周りの人には超苦しくて息があがってるように見えただろうけど実際はそうでもなかった。

「ハーフ中間地点」の看板を過ぎて、気持ちをリセット。今スタートでこれから10kmを走るんだと考える。人それぞれだろうけど、半分終わったと思うより、私はここから新規で10km走をやると思った方がなんか気持ちがラク。ここが第一関門で65分なのだが、これは無事に通過できたということだ。

空は曇天で日はでそうになかったのでサングラスを外した。ついでに、うっとおしいので腕時計を外した。もう時間を気にしてもしょうがない。このペースでしか今日は走れない。

気持ち的な辛さは完全に超えて、かなり楽しい気持ちで走っていた。目を閉じると気持ちよく音と身体がシンクロして、さらにショウの絵がくっきり出てくるので、目を閉じたままで走れたらいいのに、とバカみたいなことを考えていた。
でも、メガネにバーチャル映像が出せるやつをかけながらマラソンしたら、けっこういい記録出せちゃったりするんじゃないかと真剣に思った。

ただ、相変わらず右肩が重くて、右腕はほとんど振れていなかった。
14km付近で、左ひざに痛みがでた。「ああ、ついに下半身に痛みがきたな」と思った。下半身にくると、あとはなかなか厳しくなってくる。それでもまだ足は前に出せるので歩かずにとにかく前に足を送る。ちょっと音から意識が離れるが、脳内で、いちに、いちにとペースの声掛けをして、あまり他のことは考えず、足を前に送ることに意識を集中。

それでも膝の痛みが強くなってきて、数回立ち止まり、膝を回したりしてまた走るの繰り返し。
ずいぶんと時間を費やしているので、次の制限時間の関門を抜けるのは厳しそうだなと思った。

Cariniを聴いていたら、目の前にたくさんの人のかたまりが見えてきた。脇には軽トラックと15kmの看板。 黄色いジャンパーを着た係員が、「ここが15kmの関門です。時間オーバーです。数分後に回収バスが来るので、計測チップを外してここで待機してくださーい」と拡声器でアナウンスしていた。
ここで今回のマラソンは強制終了。ああ残念。ここの関門が95分。
IMG_0433


軽トラックの上に時計がのっていて、11:15:48だった。9:35:00がスタート時間で、ここは11:10:00までに通過しなければならない地点。約6分のオーバー。全く間に合っていなかった。
やはり中間地点通過後に急速に速度が落ちたのだ。足を止めている時間にだいぶ使ったのが原因。少しずつでも止まらずに走っていればギリギリ間に合ったというところ。

記録が残らず強制的にリタイアになったことは残念だったけれど、自分としては「やめてもいいよ」の悪魔のささやきにものらず、今できる力はすべて出し切ったので、後悔のない結果だった。

それから10分くらいそこで待っていてようやくバスが到着。身体が冷えて寒くなってきていた。
バスは大型観光バスが4台来たけれど、前の関門でリタイア人もすでに乗っていて、私と同じ15kmリタイア組もかなりいて、全然乗り切れない状態だった。
スタッフが大慌てでもろもろ連絡をしているようだったが、バスの増発はできず、これをピストンさせるともう一度ここに戻るのが30分以上後になるというので、通路に立ち乗りしてでもなんとか全員バスに乗ってくださいと押し込まれるような形で乗車。

マラソン距離でゴールまであと6kmなのだからとても近いのだけれど、レースのために車両の進入規制があちこちでかかっているので、このバスもまたマラソンによる渋滞の中を走るというはめになった。ハーフの後に、10kmと5kmのレースもあるので、車両規制はまだ当分続くはずだった。

バスが走り始めてすぐに側道の川沿いに桜並木が見えた。ずいぶんと長い並木で桜は満開でちょうど見ごろだった。ああこの下を走りたかったなと思った。それは本当に残念だった。
同じことを思う人が多いようで、この桜を眺めている間、車内のあちこちで同じ会話が出ていた。

バスの中はとても暑くて、さっき冷えた身体の全身から汗が噴き出た。ああ風邪ひきそう、と思った。

渋滞の中で、ぼんやりとショウを聴き続けた。私より先を走る友達のことを考えたり、別の大会でフルマラソンに挑戦している友達のことを思ったり。この渋滞ならポケモンGOが起動できるわと思ってポケモンGOやったり。しみじみ、疲れたな〜と思った。

車内の時計が11:45をまわった。この時間がゴールの制限時間。友達が完走できていればそろそろ連絡がくるはずだった。
11:49になってもこないので、どちらにしても走り終わっているころあいなので連絡をしたら、返事がきて「もうすぐゴール」と書いてあった。歩きでゴールするのかなと思った。
その少し後に「ゴールしました。いまどこ?」と連絡がきて、車内から景色を確認すると、まもなくスタート地点の脇だったのでそう返信。

バスが停止した時、イヤホンから聴こえてきたのはPetrichor。なんというタイミング(笑)。完走して聴きたかったなー、これは。やっぱりこのくらいの時間だよね。BGMのTTは予定どおりだったなぁ。新年迎えられず(笑)
IMG_0438


その後と友達と合流してどんな状況だったのか聞いた。
走っていてゴールがもう見えるというタイミングで制限時間になり、その途端に一気に警察官がランナーを歩道に寄せて、チップを回収したのだそう。それは切ない。
それでも自分の時計で記録をとるために歩道をゴールゲートまで走ったそう。
次のレースでも同じコースを使うし、当然どこかでバッサリ明確に区切るタイミングがあるのだけれど、ゴールが見えてるのに完走できないのはかなり悔しいだろうな。

でも、私はわかるけど、ここでダッシュができるくらいなら、ちゃんと制限時間内に完走できてるのだ。最後の力を振り絞るなんてものすごく大変なことで、今そこにいるのはすでに全力を出している状態の自分。悔しいけれど、それが自分の力なんだと思うしかない。

もしダッシュできちゃうなら、それはそれでペース配分間違い。もっと早いタイミングでその力を出すべきなのができていなかったということ。

しばらくはこの派手な背中を追って走ったんだけど離されちゃった。
IMG_0440


友達とスタートの看板前でウェア姿で記念写真。お互いよく頑張った。
友達がこの時点ですでにビールを持っていたので一口もらったらおいしかったー。
IMG_0441


更衣室や参加賞引換所や出店のレイアウトの悪さで導線がこんがらがっていて、疲れてるのにうんざりしてしまったけれど、身体の汗を拭いて着替えをしたらようやく落ち着いた。

参加賞のタオルデザインはひどい。でも参加費が安い大会だから許せる範囲。

友達が他にもレースに出ていた仲間と打ち上げでこの近所に飲みに行くというので参加させてもらった。初対面とはいえ、全員レースを走った後なので、ランの話もできたし、とても楽しい打ち上げだった。


もっと鍛えて、この制限時間に間に合う身体を作って来年も参加したい。
そして飛び賞のカツオの切り身をもらうのが目標!

マラソンに合わせてショウの音源を聴くのは楽しいし、身体の疲労感も含めて、ほんとショウの追体験をしている気持ちになります(笑)
ショウではそんなに好みの曲ではないのに、走るのにはちょうど聴きやすい音なんていうのもあって、おもしろい。
Phish.net 12/31/2016

(17:00)

April 07, 2017

Clip to Evernote
以前はこうしたちょこっとした旅のこともブログに書いていたけれど、最近めっきり書かなくなっていたので、新年度から書いてみようかなと思う。

今年の繁忙期は例年以上に仕事が忙しくて2月3月は残業の毎日でぐったりしていた。長いデスクワークで身体もずいぶん弱っていたので、年度末が終わったらリフレッシュの旅をすると決めた。

年度末最終日の金曜日、この日は上司の納品作業のみで、私が関わる仕事は前日3/30まで。だから金曜日に有給休暇をとって金・土で東京に出かけた。

前後するけど、昨日投稿した、七福神巡りをする前に御朱印帳を購入したかった。
このところ、なんだか龍をモチーフにしたものに心を惹かれるので、龍の絵柄を用いた御朱印帳を画像検索。これいいなと思ったデザインを調べたら上野東照宮のものだった。
もう安直にデザインだけで決めて、上野東照宮に行くことにした。

ハイウェイバスで東京へ。このところは渋谷発着をよく利用していたので、東京駅は久しぶり。
そういえば、ハイウェイバスの予約サイトが劇的に使いやすくなっていて嬉しい。

高速バスネット

上野に来たのはとても久しぶり。いつだったか友達の花見に急きょ便乗した時か、あるいは友達母子と動物園に来た時か。どちらにしても7,8年来てなかったかもしれない。

桜を眺めながら東照宮に向かった。地元静岡は今年の桜はかなり遅くて全く咲いていなかったのだけれど、上野は、4部咲?くらいで、花見をするにはこのくらい咲いていればまあまあ楽しめるというくらいは咲いていた。
この日は曇天で、夕方前から雨との予報だったけれど、13時頃の上野公園はびっしりブルーシートで場所取りされていて、その半分くらいはすでに宴会をして盛り上がっている人たちがいた。
IMG_0269


ソメイヨシノじゃない花は満開。きれいだった。
IMG_0271


このあたりはテーブルと椅子のある飲み屋さんの的屋が並んでいて、寒いし焼きイカや焼き鳥の井伊香りがするしで、一人で熱燗飲もうかと真剣に考えちゃったよ。。。でも後の予定もあったので何も飲食せずがまん。
IMG_0276


上野東照宮到着。東照宮の名を掲げているので、家康公を神として祀っているところ。静岡の久能東照宮とか日光東照宮と同じくくり。

唐門。
予想以上に金!ここまでキラキラしちゃってると、風情とか趣とかないな。。。
といっても、数年前に大がかりな補修工事をして、塗装をすべて修復したらしいです。染色は当時の再現?だと思う。昔はこれくらい金色だったらしい。
IMG_0277


狛犬。
IMG_0280


ここは、たくさんの灯籠が有名なんだけど、なぜか灯籠の写真は全然撮ってない。

御朱印帳購入。この時期限定の桜入りの印が押されるというのを事前に確認してきたのだが、それは3月最終と4月頭の土日限定だった。明日ならその限定の日だった。勘違いしていてゲットならず。
でも青色に昇り龍、降り龍のデザインはとても好み。
IMG_0327


唐門にいる昇り龍。
IMG_0282


ここでお参りをして引き返す人がほとんどなのだけど、せっかく来たので500円の拝観料を支払って中に入った。

立派な御神木の大楠。東照宮がここに建つ前からここに生えている。ちょっと木に触りたかったけど、立ち入り禁止になってるので(そりゃそうだ)柵の外から鑑賞。
IMG_0283


写真がないけど、拝殿を囲む塀に掘られている彫刻がとても良い。上側は動物や鳥、下側は水生の生き物たちが彫られている。こちらも塗装が修復されているので鮮やか。

拝殿はさらに金色。
IMG_0287


唐門の内側にも龍がある。
IMG_0288


予想していたよりこじんまりした東照宮だったのであまり所要時間はかからなかった。

この後の予定にはちょっと時間が早いので、思いつきで動物園に寄った。
IMG_0299


遠い昔に友達母子と来たときの記憶があったのだけれど、大幅に改修されていて全然違うレイアウトになっていた。それもすでにそこそこ年季が入っているので、かなり前にリニューアルしたんだろう。(前回訪れたことをブログに書いたはずだと思い出して検索したら2006年の秋だった。レーシックの術後検査で上京したついでだった。11年前。。。)

とりあえずパンダ。
この左側の吐きそうなパンダはなんなんだ。
IMG_0300


IMG_0301


パンダは2頭とも一心不乱に餌をばくばく食べていた。
春休みで幼稚園児がたくさん来園していて「パンダかわいいー!」とあちこちで声があがっていたけれど、かわいいというより、やさぐれたおっさん風で、ちょっとコワイくらいだった。
パンダってよく見ると目とか怖いんだよ。
IMG_0303


IMG_0304


ゴリラやとトラやシロクマなどは一通り姿を見ることができた。どの動物もわりと活発に動いていた日だった。しかしそこそこ広いエリアに放されているのに、その広さの端から端までをのんびり動き回るのではなく、その敷地のわずか3m程度のスパンをひたすら左右に往復しているだけの動物たちを見ると、もはやストレスしか感じず、なんだかせつなくなってしまった。

それにしても改装されてから、どの動物もタイミングがよければガラス越しにかなりの至近距離で鑑賞することができるようになっていた。近くで観察できるのは楽しい。

IMG_0315


折角来たので西園も見た。だいぶ雨が降ってきたのがつらい。東園と西園を結ぶモノレールがけっこうよかったのだけれど、外から見て満足してしまったので乗らなかった。次に行く機会があったら乗るかも。
不忍池は工事中。中州にはたくさんの鳥。
IMG_0316


小型動物や爬虫類など見て楽しんだ。
IMG_0320


IMG_0321


アルマジロの身体のつくりが不思議すぎて、しばらく見入っていた。メカっぽい。
IMG_0322


IMG_0325


キリン、サイ、カバ、オカピは外ではなく飼育舎の中にいて、とても近くで見られて大きさに感動した。
動物園は案外楽しくて、時間調整のつもりがずいぶんと長居していた。
寒いし、疲れたのでコーヒーを飲みたくて検索。千代田線側の出口にいたのでその近くでカフェで調べて駅に近そうなところを選んだ。

ゆうCafe

ケーキが食べたかったのだけれど食べ物はビーフシチューのみのお店だった。
ビーフシチューの写真はおいしそうだったけれど、今食べても半端なのでコーヒーだけオーダー。
ひとりでゆっくりコーヒーを飲むのに良い喫茶店だった。

それから下北沢へ移動。
友達が私物のPhishのTシャツの展示販売をしていたので見に行った。最終日だったらしい。
写真付目録があったので、それを見せてもらいながらお店の方と話した。「女性でこの展示を見に来た人はいなかったんじゃないかな」と言っていた。それで珍しがられて、これまでに行ったPhishのショウについてなど聞かれて話した。とても感じのよい方で、雨で他にお客さんもこなかったので結局1時間くらい話していた。
IMG_0330


その後整体を受けた。
これがメインの目的で、3月の仕事でがちがちになっていた身体がようやくほぐれた。

この日の前日夜に急きょ連絡があって、関東在住の友達とタイミングよく晩御飯を一緒にできることになったので合流。去年も縁あってさし飲みしたのだけれど、この友達とのさし飲みはおもしろい。共通の趣味はPhishなのに、ほとんどそれ以外の話をしていてあっという間に時間がたつ。今回も興味深い話題が多かった。楽しかった。独りさみしく夕飯のつもりだったので本当に嬉しかった。

宿泊はAirbnbでドミトリーを手配してあったのでそこへ。もう一人宿泊者がいると聞いていたけれど、結局私だけだったので気楽でよかった。
駅からのルートを調べるためにGoogle mapを起動したらパックマンができるようになってた。
エイプリルフール企画だったみたい。移動しなきゃいけないのについゲームしてしまった。
IMG_0332


翌朝は、事前にモーニングのある喫茶店を調べておいたので行ってみた。

イトウヤコーヒーショップ

店内すべて喫煙可なのが気になる点だったけれど、この日は土曜の朝で、時間も早めに行ったこともあり空いていて煙草を吸う人もいなかったので個人的にはよかった。
トマトと卵のサンドイッチがおいしかった。他のメニューもおいしそうで結構迷った。
コーヒーもたっぷり出てきて嬉しかった。
IMG_0335


この後は元祖山手七福神巡り。そして葛西駅で友達と合流。
葛西駅に地下鉄博物館があるのを知らなかった。ガラス越しに少し中か見えるようになっているのだけど楽しそうな場所だった。今回は寄らなかったけど機会があれば入館してみたい。
IMG_0360


友達の車でランチへ。友達がよくSNSにのせていて気になっていた印度料理店レカ
私はお腹もすいていたし、4種類のカレー全部食べてみたかったので、ベリー・スペシャル・セット。
友達は私もつまめるようにと、アンダ・ブルジ(だと思う)と、カンダ・ポヘをオーダー。
そちらも味見させてもらいつつ、スペシャルセットも完食。
印度カレーというとたいていナンがついてくるパターンだけど、ここのは違う。
個人的にはかなり好みの味の料理で、近くにあればいいのにと思った。レカに行くために、また葛西まで行くと思う。
IMG_0362
IMG_0363


このあとは友達におまかせでドライブ。
途中コーヒー屋さんで休憩。
The cream of the crop coffee

豆を選ぶときに酸味が少ないものとお願いした。
コーヒーが美味しくて、店の雑然とした倉庫のような雰囲気も居心地がよくて長居してしまった。
IMG_0364


それからなぜか豊川稲荷東京別院。なんでもかんでも詰め込みすぎて、お賽銭箱が1メートルごとにあるような、ちょっとしたカオスみたいな場所だった。それにしても立ち並ぶお稲荷さんは壮観だったし、視覚的には楽しめるものが多くてひととおり見てまわった。
IMG_0369


IMG_0370


それから銀座に移動。友達も付き合ってくれるというので、一緒に「吉田戦車原画展」へ出かけた。
IMG_0374


高校生の時にハマって以来、好きな漫画家。といっても、ここ数年の作品は実は読んでいないのだけれど。そのうち大人買いしたいけれど、ついつい後回しにしてしまっている。

原画は「伝染るんです。」のものと絵本の「赤ちゃんもってる」「走れみかんのかわ」のものがあってかなり見ごたえがあった。
かわうその原画はどれもかなりの値段で販売されていたけれど、すべて売約済。かわうそ人気は今も変わらず。
憶測のTシャツを買おうかかなり悩んだけど、着る機会があまりにも少なさそうだし、値段もけっこうしたのでやめた。火星田マチ子の手ぬぐいと畑中純さんの版画カードを買った。

こうして書くとものすごく予定を詰め込んだような2日間だけど、実際にはそれぞれの場所でけっこうゆっくりとしたし、そんなにあわただしくはなかった。
でも移動距離はなかなか。静岡から行くと都内での移動距離はたいして気にならないから西でも東でも目的地目指して行くのだが、都内の人から見るとびっくりするような移動をしているらしい。
友達とも長くたくさん話せて、本当にリフレッシュできた休日だった。

(16:16)

April 01, 2017

Clip to Evernote
今年の1月に所要で目黒に宿泊した。地図を眺めていたら宿泊先から目黒不動尊が近いことを知った。
ちょうどテレビ番組のモヤさまでも目黒不動尊を見たばかり(地方なので放送日がだいぶ遅れている)だったので、朝散歩がてら行ってみた。
スマホの地図を見ながら歩き、寄生虫館側の道を下っていったら、目黒不動を裏手からぐるりと回るコースで、反対側から回ればよかったと思った。

そちら側から回ると、最初に目に入るのが小さな鳥居。くぐって中に入るとお稲荷さんと恵比寿様が祀ってあった。そこに山手七福神という看板があった。

「へぇ、このあたりで七福神すべてまわれるのかー」とその時に知った。

目黒不動が2017年の最初のお参りだったので、今年は各地の神社や寺院を訪問したら集めたいと思っていた御朱印をお願いした。まだ御朱印帳は作っていないので、半紙のタイプ。そのとき住職に
御朱印は瀧泉寺のものと恵比寿様の両方でいいかと聞かれたので、両方お願いした。ああなるほど、本堂とか、それぞれに御朱印ってあるのね、と基本的なことを今更知る。

御朱印のところに御守りやおみくじも売っていて、そこに恵比寿様の小さな木の人形もあった。
それがとてもよかったので購入。

帰宅して調べると、その木の人形は七福神だるまというもので、底に開けた穴におみくじがつめてあった。そして例の七福神めぐりをすると、各お寺にこのだるまが売っていて、7種類集められることを知った。

次に目黒に行ったらぜひやってみようと思ったのだが、案外早くチャンス到来。



所用時間などは、このサイトを参考にした。→2017年元祖山手七福神巡りをするなら、こちらをチェック!

目黒区のホームページにも情報あり→目黒区 七福神

目黒から白金台に向かう回り方で巡ることにした。ちなみにこの順序に意味があり

目黒スタート: 商売繁盛祈願
白金台スタート: 無病息災・長寿祈願


だそうです。引用元はこちらのサイト→http://fudou.net/shichifuku/

天気はあいにくの雨天。朝には止む予報だったが傘が必要なくらいにしとしと降っていた。

恵比寿尊 (瀧泉寺(りゅうせんじ)目黒区下目黒3-20-26)
9:23 恵比寿尊到着
IMG_0337

IMG_0338

IMG_0339


目黒不動尊にも参拝。
ここは大きな寺院で見どころがいろいろとある。でも2度目なので、前回見なかったところを中心にささっと。御朱印とだるまみくじも1月に購入しているので今回はなし。

独鈷の滝
IMG_0340


大日如来像
IMG_0341


本堂の横に植えられている木の花が満開で美しかった。
IMG_0343


IMG_0344


弁財天 (蟠竜寺(ばんりゅうじ) 東京都目黒区下目黒3丁目4−4)

9:48 弁財天到着
IMG_0345


小さ目の本堂。その脇の奥に弁財天。
岩のほこらのような作りになっていた。屈んで中に入って参拝。お線香があったので供えた。
IMG_0348


本堂の左手に寺務所があったので、そちらを訪問して御朱印とだるまみくじを購入。
住職が御不在とのことで、半紙の御朱印を受け取る。

七福神めぐりというのは、新年の7日間に回るものらしく、今は全く季節外れらしい。しかも雨だし、全く人に合わない。

次に移動している途中に雅叙園の横を通った。テレビでしか見たことがないけれど、ここにあったのか。知らなかった。中も見て見たかったけれど、今回は割愛。

雅叙園を過ぎてものすごく急こう配の坂の途中に大覚寺がある。

大黒天 (大円寺(だいえんじ)目黒区下目黒一丁目8番5号 )

10:07 大円寺到着
IMG_0349


IMG_0350


観光ガイドツアーをしている団体とかぶってしまったので、ささっと参拝してすぐ寺務所へ行き、御朱印とだるまみくじを購入。

ここから白金地区に入るので少し移動します。4月に入ったというのにとても寒い日で、雨も降ったりやんだりで、散策には不向きな日。
あまりにも寒くて、歩いている途中で偶然見つけた雰囲気のよさそうなコーヒー店に立ち寄ろうかと思ったけれど、予定よりも回るペースが遅いのでコーヒーはまたの機会に。

Jubilee Coffee and Roaster
http://jubilee-coffee.jp/
 
福禄寿 寿老人 (妙円寺(みょうえんじ) 港区白金台三丁目17番5号)
10:38 妙円寺到着
IMG_0351


本堂の中にあるのだけれど、中には入れない。
IMG_0352


御朱印はこちらと案内が出ていたので、それにしたがって扉をあけた。
どうもこの日は葬儀が入っているようで、中はとてもバタバタしている様子だった。それでも、快く御朱印を書いてきてくれた。
ここでは2つのだるまみくじを購入。

布袋尊 (瑞聖寺(ずいしょうじ) 港区白金台三丁目2番19号 )
10:56 瑞聖寺到着
境内は大規模工事中。
IMG_0353

工事中の境内案内図に従って、まず寺務所を訪れた。御朱印をお願いして、布袋尊の場所を確認すると本堂の右手側の扉の中とのこと。御朱印を書く間に参拝してきてくださいと言われ、本堂に戻った。

扉を開けて拝めるのかと思って開けようとしたが開かずにじたばたしていたら、通りすがりの工事現場の職人さんが「そこは開かないよー」と教えてくれた。

本堂にかっこいい魚がぶらさがっていた。
IMG_0355


本堂の扉が開けてあったので、本堂をお参りしてから、そこから斜め右を見たら、立派な布袋さまが鎮座していた。
IMG_0354


工事中でなければ、広くて落ち着いたお寺なのだと思う。

毘沙門天 (覚林寺(かくりんじ)清正公  港区白金台一丁目1番47号)

11:12  覚林寺到着
IMG_0356


入ってすぐ左手に毘沙門天があったので参拝。
IMG_0357


その後立派な本堂を参拝。
IMG_0358


寺務所では、とても感じのよい女性の方が応対してくれた。
御朱印を受け取る時に少し話をしたところ、七福神めぐりはやはりお正月にまわる人が多いそう。そして1枚の色紙に7つの御朱印を集めてまわるタイプの御朱印が人気なのだと教えてくれた。
その存在は知っていたものの、だるまも飾りたいので、御朱印は御朱印帳にまとめた。

所用時間はだいたい2時間程度。各寺院をもう少し丁寧に見てまわったり、休憩をはさんで3時間くらいみておくと、余裕があっていいかもしれない。きっと混雑するときには御朱印にも時間がかかると思う。

七福神だるま、コンプリート。とても気に入ってる。しかし、それぞれにおみくじがついてくるので、おみくじとして考えると買いすぎ(笑)。
御朱印帳は、前日に参拝した、上野東照宮で購入。
IMG_0392



ちなみに、半紙で受け取った御朱印をどうやって御朱印帳に貼るのかと検索したら、スプレーのりを使う人が多いらしい。
御朱印帳から御朱印の用紙がはみてでしまう場合に、そこをカットするかどうかは人によって違った。
私が集めた中では、御朱印帳のサイズに入らなかったのは1枚だけだったのだが、縦方向をカットした時点で、カットしない方がいいという文章を思い出し、横方向は切らずに折りたたんで貼った(笑)。結局どっちでもいいと思う。
糊はスプレーのりを使用。それでも半紙に書かれた墨のところですでに紙によりがついているので、なかなかピッタリしわがなく平らには貼れない。そこはあまり神経質にならない方がよいと思う。
でもたぶん糊についてはスプレーのりが良いと思う。他の糊だと、もっと紙が縮んだり糊付けの時によれたりするんじゃないかしら。

(12:30)