2005年02月09日

しっかり呑んでみる...

Riesling le Verre est dans le Fruit 00 E.a.r.l. Gerard Schueller et Fils 3,450円
Alsace 輸入元ル・テロワール

■価格以上の味わいだが、5,000円弱程度が上限か...。
■ウマいには違いナイが、試飲時に思ったほどの複雑性は感じられない。
■ぃゃぃゃ、とはいえ、スゴいワインですょ。ウマいです。

ima_yoshi423 at 20:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ワイン 

再び試飲@mArcohall

Sangiovese di Romagna Superiore 03 Vigneti delle Rosenere 2,250円
Emilia-Romagna 輸入元ヴィントナーズ

■ある程度、還元臭や微発砲はなくなっていた。2,250円という価格はやや割高かもしれないが、エミリア・ロマーニャにこんなウマいワインがあったのか...と。

ima_yoshi423 at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

2005年02月06日

こりゃウマい!!!!!

Pinot Noir L N012 02 E.a.r.l. Gerard Schueller et Fils 2,700円
Alsace 輸入元ル・テロワール

ima_yoshi423 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

試飲@mArcohall

1.Riesling le Verre est dans le Fruit 00 E.a.r.l. Gerard Schueller et Fils ?円
Alsace 輸入元ル・テロワール

2.1515 Carignan 03 Maxime Magnon ?円
VdP de la Vallee du Paradis 輸入元INA

3.Ricupo 02 D'Uva ?円
Molise 輸入元ヴィントナーズ

4.Ch. Lamourou 02 ?円
Graves 輸入元モトックス

5.Bourgogne 99 Domaine Alain Michelot ?円
Bourgogne 輸入元中川プランニング

6.Sangiovese di Romagna Superiore 03 Vigneti delle Rosenere ?円
Emilia-Romagna 輸入元ヴィントナーズ

■ちょうど運よく、先週分残りと抜栓直後の今週分を合わせて試飲することができた。っちゅーワケで、1.〜3.は抜栓後約1週間経過しています。
■1.は1週間経ったとは思えない香りと味わい。スタッフさんによれば抜栓直後はもっとフレッシュな果実味を感じたとか...。コレはとんでもないワインでしょうな。
■2.と3.はさすがに酸化臭が気になる。3.はルカ・ダットーマがコンサルティングしているらすぃが、ただただ濃いだけだった。開けたてならば、違った味わいだったかもしれん。
■4.〜6.では、6.が好印象。自然派系に近いニュアンスを感じた。2〜3日経った状態でもう一度呑んでみたい。

ima_yoshi423 at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

2005年01月25日

戒厳令解除...。

1.Cremant de Bourgogne NV Les Caves du Bois de Langres ?円
Cremant de Bourgogne 輸入元?

2.Sancerre Les Monts Damnes 99 Pascal Cotat ?円
Sancerre 輸入元ル・テロワール

3.Barolo Vigneto Campe' 00 La Spinetta ?円
Piemonte 輸入元モンテ物産

ima_yoshi423 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

2005年01月22日

ふじみ家ワイン会vol.145

1.Soave Classico La Rocca 01 Pieropan ?円
Veneto 輸入元フードライナー

2.Piere Sauvignon 02 Vie di Romans ?円
Friuli-Venezia-Giulia 輸入元モンテ物産

3.Champagne Brut Millesime 90 Henriot ?円
Champagne 輸入元中島董商店

4.Barbera d'Asti Ca' di Pian 02 La Spinetta ?円
Piemonte 輸入元モンテ物産

5.Rosso Piceno Superiore Roggio del Filare 01 Velenosi Ercole ?円
Marche 輸入元稲葉

6.38%Cabernet Sauvignon 34%Cabernet Franc 28%Merlot 00 Blair Estate ?円
Napa 輸入元カリフォルニア・ワイン・トレーディング

7.Cabernet Sauvignon Martinborough 02 Kusuda ?円
NZ 輸入元アサヒヤワインセラー

8.Ch. Petit-Village 74 ?円
Pomerol 輸入元ジャパン・インポート・システム

9.Pinot Noir Martinborough 02 Kusuda ?円
NZ 輸入元アサヒヤワインセラー

10.Gevrey-Chambertin 1er Cru Clos St. Jaques 86 Domaine Armand Rousseau Pere & Fils ?円
Gevrey-Chambertin 1er Cru 輸入元INA

ima_yoshi423 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

2005年01月15日

満寿泉まとぅーり

満寿泉 純米大吟醸 寿プラチナ H16 生 1.8l 参考品
満寿泉 純米大吟醸 H16 生 1.8l 8,400円
満寿泉 純米大吟醸 雄町 H15 生 720ml 2,620円
満寿泉 カメ一号 H15 生 720ml 1,990円
(株)桝田酒造店 富山県富山市東岩瀬町

ima_yoshi423 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本酒 

日本酒の前に...

N'Antia 98 Badia di Morrona ?円
Toscana 輸入元吟奏の会

■97年と99年というグレイト・ヴィンテージに挟まれているせいか、今イチ人気が(´・ω・`)ショボーンな98年。同席者ご提供のワインのため、詳しい価格は知りませんが、以前より少々価格を下げて売っているようです。2,000円台後半くらいだとか...。
■とはいえ98年は決して不良年ではなく、同じトスカーナ内でも生産者や地域によっては97、99年と遜色ないデキのワインも多いのではないかと、個人的には思っております。
■で、このワインですが、ストレートにウマい。サンジョヴェーゼ独特の酸や果実味にCS、Mのタンニンや酒質の厚みが絡みあって、分かり易くも複雑性のある味わいになっていますし、それなりに経年しているので熟成感というほどではないけれど、柔らかな味わいになっています。

ima_yoshi423 at 19:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

2005年01月10日

ウワサに違わぬ素晴らすぃさ

Cornas Sans Soufre 99 Thierry Allemand 9,000円
Cornas 輸入元ル・テロワール

■自然派系の代表的生産者。
■極めてきれいな酒質の上、非常に濃厚で強烈にウマい。傑出した味わいのワイン。軽くため息が出る。現時点でも十分ウマいが、軽く10年以上は熟成していくのではないだろうか。
■とんでもない価格で取り引きされているローヌワインと比べても遜色ナイし、実質的なCPはこちらの方が圧倒的に上でしょうね。

ima_yoshi423 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

2004年12月21日

少々贅沢に...

1.Champagne Cuvee l'Apotre NV David Leclapart ?円
Champagne 輸入元ラシーヌ

2.Alsace Grand Cru Schoenenbourg 01 Marcel Deiss ?円
Alsace Grand Cru 輸入元ジャパン・インポート・システム

3.Hermitage La Chapelle 96 Paul Jaboulet Aine ?円
Hermitage 輸入元レミー・ジャポン

ima_yoshi423 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

2004年12月17日

1口500万ねぇ...。

飲むよりオイシイ!?最高級ワイン投資ファンド(ZAKZAK)

■実際手元にポンと500万円あるなら、投資するより、とりあえず呑みたいワイン買いまくりすてぃでしょうね。
■規模の大きい酒販店ならば、これと似たようなことをやってることになるんじゃないでしょうか、結果的には。

ワインファンド[[VIN-NET]]

ima_yoshi423 at 20:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ワイン 

またしても糞曲なんだが...

モー娘が楽天応援歌!1・19日発売(日刊スポーツ)
境遇似てる!モー娘 楽天応援歌歌う(スポニチ)
二人三脚で国民的チームに⋯モー娘。楽天の公式応援歌(サンスポ)
楽天、モー娘。応援歌 「THE マンパワー!!」(中日スポーツ)
モー娘。が楽天公式応援歌 20日お披露目に選手も出席(スポーツ報知)
楽天応援歌 モー娘。歌う!(デイリースポーツ)
なっちも一緒に再出発?(デイリースポーツ)

■万博にサッカー(フットサル)に野球に...、大がかりにタイアップできそうなものには手当たり次第...って感じですなぁ。
■楽天って、Jリーグの神戸でもそうなんだけど、話題作りの方向性が微妙にズレてて、何かダサい印象を受けてしまう。
■一応、当方いまだにヲタだと自認してるつもりだけど、もっとワクワクするような展開になってくれませんかね...。せめて楽曲だけでも...。

ima_yoshi423 at 12:30|PermalinkComments(2)TrackBack(8) その他 

2004年12月16日

04年12月ミジョテ・ワイン会

1.Premiere Cuvee Brut NV Bruno Paillard ?円
Champagne 輸入元?

2.Ch. Fontenil 95 ?円
Fronsac 輸入元ヴィンテージ

3.Ch. Le Gay 89 ?円
Pomerol 輸入元ヴィンテージ

4.Vieux Chateau Certan 90 ?円
Pomerol 輸入元ジャパン・インポート・システム

5.Ch. Certan de May 86 ?円
Pomerol 輸入元ヴィンテージ

6.Ch. La Fleur de Gay 89 ?円
Pomerol 輸入元ジャパン・インポート・システム

7.Ch. Lafleur 86 ?円
Pomerol 輸入元ヴィンテージ

ミジョテ12/04.jpg

ima_yoshi423 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

2004年12月10日

現ダメージプラン

ima_yoshi423 at 07:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2004年12月09日

元パンテラ

ima_yoshi423 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2004年12月06日

謝罪祭、いつまで続く...

ハロプロ45人が安倍の盗作謝罪(日刊スポーツ)
なっち盗作 ハロプロ45人で謝罪(スポニチ)
公約通り完勝⋯ハロプロスポーツフェスティバル開催(サンスポ)
ファンの皆さんごめんなさい そしてハッスル ハロプロ運動会(中日スポーツ)
なっち盗作問題45人で謝罪 ハロプロ運動会で中澤があいさつ(スポーツ報知)
ハロプロ 申し訳ありません(デイリースポーツ)

■ハロプロにとくに興味ナイ方から見て、今回の騒Doの張本人であるなっちを除いたハロプロ所属メンバーが、揃いも揃ってアタマsageてILLこの謝罪祭はDoんな感じなんでしょうか。
■一応ヲタ側に立つ当方ですが、はっきりいってワケわかんないっちゅーのが正直なところ...。

ima_yoshi423 at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2004年12月05日

ワイン一人祭はヒサブリですな

Crozes-Hermitage 02 Rene-Jean Dard & Francois Ribo 3,000円
Crozes-Hermitage 輸入元INA

■赤。シラー。ビオ。ワイルドさとエレガントさが絶妙に絡み合った味わい。小細工なし、直球的なウマさ。
■この生産者は自然派ワイン界隈では超有名なので、名前だけは知っていたが、呑むのは初めて。ついついグラスが進んでしまうワイン。30分ほどで1本空いてしまいますた(・∀・)
■2,000円〜2,500円くらいであればもっと気軽に呑めるんだけどなぁ。

ima_yoshi423 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

2004年12月04日

結局、間に合わないのか...。

氣志團の星、紅白欠場(スポーツ報知)

■うむむむむぅ...。


[ 2004/12/4 ] 更新情報
●第55回NHK紅白歌合戦について
一部報道にて、第55回NHK紅白歌合戦への星グランマニエ出演の報道がありました が、大阪名古屋の延期公演同様、星グランマニエ不在での出演を予定しております。
氣志團現象 最終章 THE LAST SONG

ima_yoshi423 at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2004年12月03日

たしかに裏表紙には1926年ベルガモ生まれって書いてある。

イタリアのワイン評論家ヴェロネッリ氏が死去(読売新聞)

■59年から、ってことは、40年以上もワイン評論を続けていたのか...。
■『ガンベロロッソ』よりは、こちらの方がしっくりくるんですよね、個人的には。

ima_yoshi423 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

さすがにワロタわ...。

第77回満寿泉きき酒会は、ヒサブリに第3木曜ですか。

■しかし、デカい!!!!!!!!!!!!!!!
■鼻孔の奥まで見えとるがなwww H田氏(*゚∀゚)GJ!!!!!!!!!!w

ima_yoshi423 at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本酒 

紅白間に合うかっ!?!?!

■ランマちゃん退院したんですね。
■11月27日@東京Doームの煮え切らなさは、何だかんだランマちゃん不在が大きかったんだろうなぁ...。

ima_yoshi423 at 19:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

むぅ...

なっちピンチ 新曲発売も延期(スポニチ)
後浦なつみ—なっち=新ユニット!? 紅白歌合戦(中日スポーツ)

■著名ライターの勝谷氏はゴーストがやらかしたと見ている。たしかにタレント本のほとんどがゴースト使っているのだろうし、氏はライターとして出版業界に深く関わっている方でもあるし妥当ともいえる見方。
■さらには、このような陰謀説まで...。
■ヲタ論壇の重鎮ビバ彦♂氏は12月2日付のビバ彦♂日記で、ヲタゆえのアイロニカルな発言...。

ima_yoshi423 at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2004年12月02日

結局

マデイラ・ワインをめぐる訴訟、輸入業者が控訴取り下げ(読売新聞)

■眞相は...。
■とはいえ、ミレジム側が訴えを取り下げたということは、“100年以上前”ってのは言い過ぎですた申し訳(´・ω・`)ナイ!!!!!、ってことなんでしょうなぁ。
■ミレジム側も法人として、一ジャーナリスト個人を訴えれば、腰が引けて訂正記事でも書くだろうと踏んだんでしょうか...。
■ミレジムって、数多くの良質なワイン扱っているのに...。何だかねぇ...。
■ワインを売るために、アノ手コノ手で消費者を煽るのは全然アリだし、むしろその方が商売人としては潔いとさえ思うけど、完全に誤った情報で煽るとさすがに...。
■ネット通販などで小売店が煽り文句に使うセンテンスって、かなりの割合でインポーター資料のコピペだと思われるけど、元々のインポーター資料が誤ってて、その誤った情報を流用して消費者を煽った場合とか、Doなんるんでしょうかねぇ。最終的には、短期的な利益に拘泥する確信犯的なインポーターや小売店は淘汰されるんだろうけど、売り逃げされたらそれまでだしなぁ...。


--------------------------------------------------

百年ワイン「根拠ない」 記事めぐる訴訟で東京地裁

 ワイン輸入販売のミレジム(東京)が「10年物のワインを100年以上前と偽って販売している、との雑誌記事で信用を傷つけられた」として、著者らに1000万円の損害賠償と謝罪広告を求めた訴訟の判決で、東京地裁の宇田川基裁判長は20日、「記事の重要部分は真実」と請求を棄却した。
 問題の記事は雑誌「All Man」(2002年6月5日号)に掲載された、米国業界団体の駐日代表堀賢一さんのコラム。ミレジムが扱うワインの品名を挙げて「100年以上前のものとして販売されているのと同じものがロンドンで『十年物』として売られている」と指摘した。
 判決などによると、ミレジムはボトルのラベルに製造年などを記せず、「醸造年を特定せずに販売している」と主張したが、宇田川裁判長は「販売促進用に『19世紀後半のものであることは間違いありません』とのチラシを配布している」と指摘した。(2004年05月20日 共同)


輸入ワインの年代訴訟、専門家の「舌」に軍配 地裁判決

 100年以上のワインとPRしたところ、雑誌のコラムでそれほど古くないと書かれたとして、輸入販売業者が筆者を相手に1000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が20日、東京地裁であった。宇田川基裁判長は「原告はこのワインが19世紀に醸造されたものだと供述しているが、確たる証拠がない」と述べ、請求を棄却した。

 問題のワインは、ポルトガル領マディラ島産の「テランテス・オールド・リザーヴ」。人気漫画「ソムリエ」の監修などで知られるワイン研究家の堀賢一さんが「同種のものが、ロンドンでは『10年もの』として売られている。私には同じワインにしか感じられなかった」と雑誌に書いた。

 輸入販売する「ミレジム」(東京都千代田区)はこのコラムで名誉を傷つけられたと02年に提訴した。この日の判決は、「上質の古いワインではあるが、生産者は熟成期間について50年前後と説明している」と述べ、「20世紀に醸造された」と認定した。

 堀さんは「業界全般で首をひねるようなワインが流通しており、今後も専門家として告発していきたい」。一方、ミレジムの弁護士は「判決をよく検討した上で対応を考えたい」としている。(2004年05月20日 朝日新聞)

ima_yoshi423 at 12:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ワイン 

2004年12月01日

むむ...

ファンの皆様へ「安倍なつみ」に関する大切なお知らせです←活動自粛コメント@公式HP

安倍なつみ紅白辞退、1月まで活動自粛(日刊スポーツ)
盗作なっち紅白辞退、あややとゴマキ出場(日刊スポーツ)
なっち紅白辞退 1月末まで活動自粛(スポニチ)
安倍なつみが紅白辞退(スポニチ)
盗作なっち紅白辞退、「後浦なつみ」は2人で(サンスポ)
【芸能】安倍なつみ紅白辞退−エッセー集の盗作問題で(サンスポ)
なっち紅白辞退 盗作問題で“謹慎” 「後浦」2人で出場(中日スポーツ)
安倍なつみ盗作で紅白辞退 05年1月末まで活動自粛(スポーツ報知)
紅白は 後藤と松浦の2人で(デイリースポーツ)
なっち紅白辞退 活動2カ月自粛(デイリースポーツ)
盗作問題 安倍なつみ紅白辞退(デイリースポーツ)

安倍なつみさん、紅白出場辞退(時事)
安倍なつみさん紅白辞退 2カ月活動自粛(共同)

盗用問題で安倍なつみさん紅白辞退 芸能活動も自粛(朝日新聞)
安倍なつみさん:紅白を辞退 05年1月末まで活動自粛(毎日新聞)
安倍なつみさんが紅白辞退(日経)
“盗作”騒動、安倍なつみさんが「紅白」出場を辞退(読売新聞)
安倍なつみさんが「紅白」辞退 エッセー集の盗作問題で(産経新聞)

■結局、後浦なつみか...。なっちという緩衝材なしで、ごっちんとぁゃゃが絡むなんて怖くてみてらんねぇょ...。せめて、ごまっとうリユニオンの方向で...(´・ω・`)
■1月末って、1/30の飯田圭織卒業ライヴから復帰orまで活動自粛、どっちなんだろ...。
■しかし、公式HPのアナウンス読むと、何だか、卒業ライヴも出ないような感じだなぁ。何たる事態...。

ima_yoshi423 at 20:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

意外にエラい騒Doになったみたい...

安倍なつみ盗作疑惑←今回の騒動のネタ元と思われる検証サイト

ファンの皆様へ大切なお知らせ←謝罪コメント@公式HP

安倍なつみが盗作、紅白にも影響?(日刊スポーツ)
なっちが自著で盗作「すてきだな」と思い(日刊スポーツ)
安倍なつみ盗作発覚で謝罪(スポニチ)
なっち盗作!!「軽率でした…」 エッセー集の詩など数点転用(中日スポーツ)
安倍なつみ盗作認めた!「軽率だった」(スポーツ報知)
紅白辞退も…なっち 盗作認めた(デイリースポーツ)
安倍なつみが「盗作」を謝罪(デイリースポーツ)

元モー娘の安倍なつみさん、詩を盗作=フォトエッセー集やラジオで発表(時事)
安倍なつみさんが盗作 エッセー集など掲載の詩(共同)

元モー娘安倍なつみさんが盗作 写真集などに収録の詩で(朝日新聞)
安倍なつみさん:ラジオ番組で盗用作品を発表(毎日新聞)
安倍なつみさん、エッセー集など掲載の詩盗作(日経)
歌手・安倍なつみさん、エッセー集で盗作⋯発売中止か(読売新聞)
安倍なつみさんが盗作 エッセー集など掲載の詩(産経新聞)

■こりゃ紅白微妙か...。
■産経には記事が載ったけど、ハロプロと連んでいるサンスポ、フジTV系では、本件にまったく触れず...。

ima_yoshi423 at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(5) その他 

2004年11月29日

すゞ家ワイン会番外編

1.Bourgogne Haut-Cotes de Nuits 99 Lavinia ?円
Bourgogne Haut-Cotes de Nuits 輸入元大榮産業

2.Pinot Noir Santa Ynez Valley 01 Santa Barbara Winery ?円
Santa Ynez Valley 輸入元カリフォルニア・ワイン・トレーディング

3.Ch. Moncets 01 ?円
Lalande-de-Pomerol 輸入元エノテカ

4.Morey-St-Denis 1er Cru Les Chaffots 00 Hubert Lignier ?円
Morey-St-Denis 1er Cru 輸入元INA

5.Nuits-Saint-Georges 1er Cru Clos des Argillieres 02 Domaine de Chassorney ?円
Nuits-Saint-Georges 1er Cru 輸入元コスモ・ジュン

6.Ch. Dalem 88 ?円
Fronsac 輸入元稲葉

7.Cuvee Larmande 01 Le Magel ?円
VdP des Coteaux de l'Ardeche 輸入元ワインプラザマルマタ

8.Methode Oubliee NV l'Hospitalet ?円
? 輸入元ヴィノスやまざき

9.Rutherglen Tokay NV Chambers Rosewood Vineyards ?円
Australia 輸入元ヴィレッジ・セラーズ

10.Der Neue Rheinischer Landwein Halbtrocken 04 ? ?円
Rheinhessen 輸入元カツミ商会

ima_yoshi423 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

2004年11月28日

うむ

氣志團ツアーファイナル公演(日刊スポーツ)
氣志團 東京ドーム公演決行(スポニチ)
氣志團ツアーファイナル⋯星はビデオレター“出演”(サンスポ)
氣志團、5人で熱演 客席にPUFFY・由美の姿も(中日スポーツ)
氣志團の星、入院先から出演(スポーツ報知)
氣志團 初の東京Dライブだぜ(デイリースポーツ)

■完全に客席埋まってた。空席祭が当たり前のハロプロ系を見慣れているだけに、満員のDoームは壮観だった。
■多少間延び気味な感じもあったが、昨年の氣志團万博Do様、お祭り気分で楽しむには無問題だったかな。

ima_yoshi423 at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2004年11月26日

仕込みかっ!?!?!

ima_yoshi423 at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2004年11月25日

04年11月ミジョテ・ワイン会

1.Brut Rose NV Jose Michel et Fils ?円
Champagne 輸入元ラシーヌ

2.Schonenbovrg 01 Marcel Deiss ?円
Alsace Grand Cru 輸入元ジャパン・インポート・システム

3.Chassagne-Montrachet Les Chambres 02 Domaine Darvio−Perrin ?円
Chassagne-Montrachet 輸入元ラシーヌ

4.Pommard Les Noizons 02 Jean Garaudet ?円
Pommard 輸入元ラシーヌ

5.Nuits-Saint-Georges 1er Cru Les Pruliers 00 Philippe et Vincent Lecheneaut ?円
Nuits-Saint-Georges 1er Cru 輸入元AMZ

6.Vosne-Romanee 1er Cru Les Suchots 00 Dominique Laurent ?円
Vosne-Romanee 1er Cru 輸入元INA

7.Bonnes-Mares 93 Domaine Drouhin-Laroze ?円
Bonnes-Mares 輸入元土浦鈴木屋

8.Clos de Vougeot 95 Domaine Prieure Roch ?円
Clos de Vougeot 輸入元?

9.Clos de Vougeot 99 Domaine Denis Mortet ?円
Clos de Vougeot 輸入元ヴィントナーズ

10.Chambertin 01 Domaine Philippe Charlopin-Parizot ?円
Chambertin 輸入元モトックス

11.Musigny 00 Domaine Louis Jadot ?円
Musigny 輸入元ジャパン・インポート・システム

ミジョテ11/04.jpg

ima_yoshi423 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

氣志團ちゃん紅白出場キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!!!

氣志團、白組トップバッター有力(日刊スポーツ)
氣志團「たまのポジション空いていた」(スポニチ)
氣志團、紅白で復活! 入院中の星が順調回復6人そろって初見参(スポーツ報知)

■氣志團ちゃんは過去、NHK『トップランナー』とか、民放系バラエティー番組への出演はあったけど、地上波の音楽番組にバンドとして出演しパフォーマンスするのは、実は初めてでは...。
■ファンサイトでは否定的意見や消極的賛成意見が多いようだけど、音楽番組への出演解禁が紅白ってのは、なかなか粋ではないのかな。
■それにしても團長の「なぜここにいるのか分からない状況ですが99年以来、たま、BBクイーンズのポジションが空いたための出場と思っています。」とのコメントは秀逸すぎるwwwww

■しかしハロプロからは、例によってまた3組か...。こうなると思い起こすのは一昨年ですな。結局、モ娘。、ぁゃゃ、美貴様(当時はソロ)が出たんだけど、たしかその当時、その年の9月23日にモ娘。卒業したばかりでソロデビュー間もない後藤真希(当時は何だかんだ人気絶頂で、他方同じく人気急上昇中の美貴様との兼ね合いが、ヲタ界隈では俄然注目されていた)を何とか紅白に押し込むために“ごまっとう”を企画したんじゃないかと訝る向きもあった(そぅぃゃ当時のヲタ議論の前提は、紅白ハロプロ枠は2組だったんですなぁ...懐かすぃ)。
■要するに、モ娘。はまず出場確定だから、あと1組をDoするのか...と。ぁゃゃは当時すでにモ娘。に比肩しうる人気で、順当ならばモ娘。とぁゃゃで決まりだが、美貴様と後藤も無視はできないな...と。結局、前記のとおり、紅白ハロプロ枠が3組に増枠されたにも関わらず、後藤はあぼーん喰らって、美貴様が、バックダンサーにモ娘。を従えるという、その当時考えうる最高の紅白特別シフトで、堂々と“浮かれモード”を歌い切りトップを飾ったワケですが...。しかもぁゃゃのバックでは、メロン記念日が出て、ボス斉藤さんがありえない存在感を示していたし、何故かその当時、後藤だけが紅白に縁がなかったという...。
■今年はハロプロ全体が下降気味とはいえ、まずモ娘。、その卒業メンバーの後藤真希、安倍なつみのソロ2名、辻加護のWがいて、さらにはすでにモ娘。を凌駕した感のあるぁゃゃがいて...と、タテマエ上は同列に扱いたい所属タレントが5組もおるんですな。そこで“後浦なつみ”だったのか...と。このユニットが発表されたときは、率直なところ、ナニを今さら...ワケわかんねぇ...と思ったワケですが、こうなると合点がいきますわな。しかしモ娘。は、もう7回目なのか...。
■ヒサブリにヲタな思考を巡らせてしまった(´・ω・`)

ima_yoshi423 at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2004年11月21日

ランマちゃん...

氣志團ギターの星、くも膜下出血入院(日刊スポーツ)
氣志團ギタリスト転落でツアー延期(スポニチ)
氣志團・星グランマニエ、転落大けが(サンスポ)
氣志團の名古屋公演延期 「ランマ」こと星が入院(中日スポーツ)
「氣志團」ギタリスト、くも膜下出血で入院(スポーツ報知)
氣志團メンバーがくも膜下出血(デイリースポーツ)

■ランマちゃん、泥酔キャラだけど、さすがに泥酔し杉田か...。ただただ復帰を待つのみ。
■今回のツアーは使用する会場の規模がデカいだけに、かなりの損害発生だろうなぁ。振替公演は年明けかな。
■当方も年に何度かまっすぐ歩けないくらい泥酔モード突入することがあり、翌朝気がつくと、ヒザやらヒジやらデカい内出血ができていることがあるけど、さすがにアタマぶつけたことはナイなぁ...。

氣志團現象 最終章 THE LAST SONG

ima_yoshi423 at 10:00|PermalinkComments(2)TrackBack(3) その他 

2004年11月20日

ふじみ家ワイン会vol.144

Beaujolais Villages Nouveau ふじみ家オリジナル樽小分け 04 J.Drouhin ?円
Beaujolais Villages 輸入元?


1.Puligny-Montrachet 02 Dujac Fils & Pere ?円
Puligny-Montrachet 輸入元ラック・コーポレーション

2.Puligny-Montrachet 02 Domaine Leflaive ?円
Puligny-Montrachet 輸入元ラック・コーポレーション

3.Bourgogne Hautes Cotes de Nuits 02 Domaine Michel Gros ?円
Bourgogne Hautes Cotes de Nuits 輸入元JSRトレーディング

4.Bourgogne Hautes Cotes de Nuits 02 Domaine Gros Frere et Soeur ?円
Bourgogne Hautes Cotes de Nuits 輸入元JSRトレーディング

5.Chianti Classico Riserva Rocca Guicciarda 00 Barone Ricasoli ?円
Toscana 輸入元フードライナー

6.Ch. Duhart-Milon-Rothschiid 79 ?円
Pauillac 輸入元?

7.Ch. Mouton Baronne Philippe 79 ?円
Pauillac 輸入元モトックス

8.Lagunilla Gran Reserva 70 Bodegas Lagunilla S. A. ?円
Rioja 輸入元千商

9.Clos de Vougeot 96 Joseph Drouhin ?円
Clos de Vougeot 輸入元AMZ

10.Bonnes-Mares 84 Domaine G. Roumier ?円
Bonnes-Mares 輸入元ヴィントナーズ

■大曽根の酒販店ふじみ家主催のワイン会。例によってブラインド形式。
■まず最初にBNをいただいた。このお店のPBラベルだが、J.ドルーアンのヌーヴォー。まだヌーヴォーを呑んでいなかったのでちょうどよかった。でもやっぱヌーヴォーはわざわざ個人的に買って呑むワインではナイわなぁ...。グラス1杯で十分。
■まずは白2本。1.は樽香をほとんど感じず、きれいなChという印象。第一印象では、酸がしっかりしているし、シャブリの01年あたりか...。2.は樽香と引き締まった酸から質のよいPM、01年あたりと推測。う〜ん、両方ともPMで02年か...。近年モダンで濃い酒質に変わったといわれるデュジャックだが、ネゴシアン物とはいえ、これは所謂デュジャック的なきれいで滋味溢れる酒質。ルフレーヴの方は、PMのお手本的な樽香と酸。いい経験になった。
■つづいて3.と4.。ブルのPNなのはすぐに分かる。しかし濃い。やっぱこれは02年かな...ということで、ニュイのACブルの02年と推測。正解に近いかな...。
■5.。酸とタンニン、独特の果実味からCCだとすぐに分かる。若そうだが、ワリとこなれており、やや濃いめの酒質なので97年、99年あたりか...。むむ...、00年か。参加された方々のほとんどは、カリフォルニアのCSやMを挙げていたが、この酸が出ていればやはりトスカーナのサンジョヴェーゼである。逆に酸が乏しかったり、バリックで甘みたっぷりに仕上げたサンジョヴェーゼだと、ブラインドでは分かりませんが...。
■つづいて、6.と7.。香りから古いボルドーだというのはすぐに分かるが、いかにもメドック!!!!!という香りが感じられず、サンテミリオンの方かなぁ...と。しかしポイヤックかょ...。著名シャトーだけど、あんまりウマくナイな...。
■8.。古いけどかなりねっとりしている。ポートやシェリーほどではないが、それに近いニュアンスがある。スペインだろうとは思ったが、きれいに熟成したテンプラとは程遠く、個人的にはあまり好ましくない味わい。劣化感はナイが、テンプラの他、ムールヴェードルとグルナッシュを混醸しているからだろうか...。
■9.。多少熟成を感じるが、まだ硬いPN。ブルのGCだということだけは、明かされている。やっぱ畑名までは分かりません。う〜ん、ヴージョなぁ...。やっぱ96年って、酸が強めで硬い酒質が特徴なのか...。
■10.。きれいに熟成したPN。香りや味わいに特筆するほどの複雑性や深みを感じるには至らなかったが、極めて上質なPNには違いない。淡いソースorロティ系のジビエには合うかも...。
■やはりブラインドだと、かなり集中して味わうから勉強にはなる。ワインを楽しむという面では不都合かもしれないが...、個人的にはまだまだ経験の方を重視したいので仕方ナイですな(´・ω・`)

ima_yoshi423 at 21:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ワイン 

2004年11月19日

さすがに...

Bourgogne 02 La Gibryotte 3,150円
Bourgogne 輸入元ミレジム

■02年が初ヴィンテージとなるデュガ一族のネゴシアン物。デュガ・ブランドに肖った平凡なワインだったら...などと後ろ向きな不安もありつつ...。
■結論からいって、価格以上に質の高いワイン。グラスに注ぐとまだまだ若く、あまり勢いよく香りを嗅ぐと噎せそうになるくらい強めの酒質。ヴィンテージのせいか、かなり濃い色調。味わいの方は、果実味はまだ閉じている状態で、やや強めの酸、しっかりたタンニンもあり、なめらかできめが細かい。硬めの酒質であることも考慮すると5年後くらいからウマくなりそう。
■評価が分かれるとすれば、果実が煮詰まったような香りとやや強めの酸だろうか。新世界的な味わいを好む方には、この酸は好ましくないかもしれない。
■個人的な嗜好もあるが、デュガ云々は抜きにして、これはこれで高品質でお値打ちなワインだと思う。

ima_yoshi423 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

2004年11月18日

帝王キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!!!



世界で最も早い04年ボージョレ・ヌーボーのパーティー(読売新聞)

■キョンビニ・ヌーヴォーって、ほぼ100%がデュブッフだという印象なんだけど、29万ケースも輸入されているんだなぁ...。つまり3,480,000本か...。ネガティヴな勘繰りだけど、ホントにきちんと全量消費されてるのか心配になる。捌き切れなくて、人知れず廃棄処分...なんてことになってなきゃいいけど...。
■しかしネットの書き込みをざっと見てると、“ヴォ”ジョレーって書いている方が少なからずILLんだけど、仏語表記はBeaujolaisだから通例“ヴォ”じゃなくて“ボ”ですわな。

ima_yoshi423 at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

さて...

ボージョレ・ヌーボーあす解禁(読売新聞)

■本日はBN解禁日...。近所のキョンビニでさえ、軽く15〜20ケースは入荷しておりますた。記事↑によれば、日本全体で85万ケース、つまり10,200,000本が消費される、と...。ほぼ10人に1本、と...。何となくクレイジーな感じもしなくはナイですなぁ。

ima_yoshi423 at 04:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

2004年11月16日

チリはヒサブリか...。

Santa Ines Reserva Chardonnay Maipo Valley 02 De Martino 1,000円
Chile 輸入元重松貿易

■近所のキョンビニで購入。価格相応か...。少々ケミカルな味わい。

ima_yoshi423 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

2004年11月15日

ほぅ...。

ヌーボーの船便が大阪着 輸入量増え新たな輸送手段(共同通信)

■裏ワザとでも申しましょうか...。
■ここまでしないと間に合わないくらい需要を拡大させてきた営業力には、やはり一目置くべきなのか...う〜ん。

ima_yoshi423 at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

うむ

フランスでビオロジックが浸透(読売新聞)

■ワイン造りの現場をフィールドワークしたわけではないので、しばしば批判されるインダストリアルなワイン造りが実際どういったものなのか、正直、想像の域を出ることはない。とはいえ、ビオロジックというと肯定的な印象を受けるのはたしか。
■ワインは造り手からすれば(中間業者にとっても)、商品でありビジネスとして成り立たなければならないという側面もあり、とどのつまり造る(流通させる)ワインがウマくなければ理念がいくら崇高でも、志半ばで頓挫してしまうだろう。
■多方面においてSustainabilityという概念の浸透が散見される昨今、自然派的なワイン造りが大なり小なりのムーヴメントを展開させてはいるが、現時点では、そういったワイン造り(あるいはそういった点を声高に煽る売り方)があまりにも目的化しすぎているきらいを感じないわけではない、個人的には。
■過渡期においては仕方ないのかもしれないけれど...。

ima_yoshi423 at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

2004年11月11日

04年11月マエストロ田尻ワイン勉強会@丹生庵

1.Vinsobres Cotes du Rhone-Villages 99 Les Hauts de Gramenon ?円 犬島
Cotes du Rhone-Villages 輸入元ミレジム

2.Chateauneuf-du-Pape 95 E.Guigal ?円 高島
Chateauneuf-du-Pape 輸入元ラック・コーポレーション

3.The Struie Barosaa Valley 02 Torbreck 5,229円 今泉
Australia 輸入元ミレジム

4.Barbaresco Asy 95 Ceretto 4,580円 長谷川1
Piemonte 輸入元サントリー

5.Batie 94 Gianni Gagliardo ?円 大竹1
Piemonte 輸入元吟奏の会

6.Barbaresco Riserva Montestefano 83 Alfredo Prunotto ?円 桝田1
Piemonte 輸入元レミー・ジャポン

7.Hermitage La Chapelle 94 Paul Jaboulet Aine ?円 大竹2
Hermitage 輸入元土浦鈴木屋

8.Baloro Preve 93 Gianni Gagliardo ?円 田尻1
Piemonte 輸入元吟奏の会

9.Hermitage La Chapelle 94 Paul Jaboulet Aine ?円 桝田2
Hermitage 輸入元レミー・ジャポン

10.Les Clos des Fees Herve Bizeul 02 Domaine du Clos des Fees 8,100円 長谷川2
Cotes du Roussillon-Villages 輸入元モトックス

11.Saint-Joseph Les Serines 97 Yves Cuilleron ?円 田尻2
Saint-Joseph 輸入元吟奏の会

■例によってブラインド形式。テーマは、ローヌ、ピエモンテ(の赤かな?!?!?)。参加者は、田尻、高島、犬島、桝田、細田、長谷川、大竹、今泉の8名。
■1.は、まさにグルナッシュ!!!!!という確信がもてるほどピンとくる香りや味わいを見つけることができなかったが、シラーでもナイし、ネッビオーロでもナイし...、と消去法的に推測していくと、ローヌ南のグルナッシュかなぁ...と。遠からず。
■2.は、穏やかな酒質で、ローヌ南特有のドライフルーツ系の香りを感じなかったので、ローヌ北、サンジョセフ、クローズ・エルミタージュあたりか。全然ハズレ。
■3.は当方持参のワイン。ローヌスタイルのワインとして紹介されているので、参考になればと思い、テーマ外だが敢えて...。とはいえ、しかし...。ウマみが強く濃厚なワインだが酸が欠如しており、ローヌとは別物だった。グラス1杯でお腹一杯になるワイン。あまりにもモダンすぎて個人的には苦手かなぁ...。PP95らすぃ。
■4.は、褪色気味の色調にもかかわらず、少々タニック。セオリーからいえば、ネッビオーロなんだろうけど、ネッビオーロにしてはタンニンが穏やかなように感じてしまい、ドライフルーツ系の香りもあるし熟成したグルナッシュかなぁとも...。最初の印象の方が正しかった...。
■5.も、色調やタニックな酒質からネッビオーロかなぁとまずは推測するのだが、自分がイメージするネッビオーロのタンニンとは何となくズレている味わいで大いに迷う。これもまた最初の印象が正かった。経験不足を痛感。
■6.は、まさにネッビオーロ。きれいに熟成しており古典的バルバレスコ(あるいはバローロ)の典型である。まだこの先10年以上楽しめそうなくらい香りや味わいの強さを保っている。極めて上質なワイン。
■7.は、色調の濃さからネッビオーロはナイだろうと思うのだが、かなり強めのタンニンを感じ、シラー特有のスパイシーさはそれほど強くなく、さてさて何だろう...と。う〜ん、わからんもんやねぇ。やはりこの独特の動物臭でシラーだと判別できなきゃダメですな。
■8.はまずネッビオーロに違いないだろうという色調とタンニン。10年以上経っているがまだまだ力強い。バリック系の甘い樽香も感じるが、この程度ならば古典的造りと考えてもいいのだろう。
■9.は、この勉強会中、桝田氏がアドリブでセラーが出してきたワイン。氏が、まず当てられないだろうけど、このワインが何か当てればDRCでも何でも開けるょ、などと煽るので参加者一同かなり真剣にテイスティングする...。ハーフボトルだが7.とまったく同じ銘柄。見事にハめられますた...(´・ω・`)
■10.は、3.と似たような超モダンな酒質。ローヌのワインではナイような...。これが話題の...。たしかにウマみたっぷりだし、高評価されるであろうワインなのは理解できるが、やはりこの手のワインは苦手。
■11は、典型的なローヌ北のシラー。個人的には、こういうワインが王道ではないかと思う。
■主宰のマエストロ田尻氏が、つい先日この地域を訪れたらすぃく、思いつきで決まったようなテーマで、ローヌとピエモンテってどういう関連性があるんだ!?!?!とツッコミどころ満載のテーマだったが、実際ブラインドでテイスティングしてみると、ワリと迷うもんだなぁ。
■たまたま古典的な造りと超モダンな造りのワインを比較することもできたが、モダンなワイン造りは、短期間で既存の有名生産者と張り合うようなレベルまでのし上がるための戦略としては、賛否両論あるだろうけど、当事者である生産者としては至極真っ当な造り方なのかもしれない。中長期的にそれでいいのかDoかはわからないけれど...。
■たとえば当方のように、じっくり時間をかけて、場合によっては独りでボトル1本呑んでしまうことも多々ある呑み手にとっては、3.や10.はさすがに1本呑むなんてムリで、こんなワインは云々...と否定的な評価をしてしまいがちだが、グラス1〜2杯で十分という方には、軽く口に含むだけでウマみが爆発する3.や10.のようなワインの方こそ素晴すぃワインなのかもしれないし、なかなか難しいところ...ですな。

ima_yoshi423 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

第77回満寿泉きき酒会

・6点マッチング
1.満寿泉 大吟醸 寿 H16 1.8l 10,500円

2.満寿泉 大吟醸 寿 H12 720ml ?円

3.満寿泉 純米大吟醸 H16 1.8l 8,400円

4.満寿泉 純米大吟醸 H12 720ml ?円

5.満寿泉 限定大吟醸 H16 1.8l 7,350円

6.満寿泉 限定大吟醸 H12 720ml ?円
(株)桝田酒造店 富山県富山市東岩瀬町

■先月は寿、純大、限定のそれぞれH16とH15でマッチングだったが、今月はH16とH12でマッチング。
■醸造年が4年も違うので、H16とH12は容易に区別できる。問題は、そこから3銘柄をそれぞれきき分けられるかどうか。
■先月もH16とH15は区別できたが、寿と限定をそっくり反対にきき間違えてしまったので、その反省を生かし、寿と限定を入念にきき酒した。
■結果、何とか正解。連敗だけは避けたかったので正直ホッとした。


満寿泉 純米大吟醸 寿 プラチナ 生 H16 1.8l 参考品

■夕方、呑ませていただいた。大吟醸ならではのキレイさ以上に、ウマみたっぷりでボディのある酒質が印象的。ただただウマい...。

ima_yoshi423 at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本酒 

2004年11月10日

続報...

ima_yoshi423 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本酒 

2004年11月06日

漏ぃ漏ぃ!!!!!!!!!!

■カウソターがあぼーん喰らっとる...(´・ω・`)

--------------------------------------------------
■Doやら障害が発生していたようで...。正確な数字は分かりませんが、大まかなところで再設定いたしますた(・А・) 無料サービスなので仕方ナイかな...。(11/8追記)

ima_yoshi423 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2004年11月05日

ふじみ家 イタリアワイン勉強会vol.38

1.Glicine 03 Corvo 1,250円
Sicilia 輸入元モンテ物産

2.Villa Bianchi Verdicchio dei Castelli di Jesi Classico Superiore 03 Umani Ronchi 1,150円
Marche 輸入元モンテ物産

3.Col di Luna Cabernet Piave 03 Bellenda 1,450円
Veneto 輸入元モンテ物産

4.Raim Isola dei Nuraghi 01 Sella & Mosca 1,480円
Sardegna 輸入元モンテ物産

5.Serrano Rosso Conero 02 Umani Ronchi 1,350円
Marche 輸入元モンテ物産

6.Eremo Langhe Rosso 02 Fontanafredda 1,850円
Piemonte 輸入元モンテ物産

7.Rubrato Aglianico Irpinia 01 Feudi di San Gregorio 2,700円
Campania 輸入元モンテ物産

■モンテ物産社員の方が講師を担当する勉強会(兼販促イベントか...w)に参加させていただく。
■わざわざこのような会に参加される方々向けだからか、内容はやや高度だったように感じた。
■普段、イタリアワインといえば、トスカーナ、ピエモンテの二大産地に、フリウリ、アルト・アディジェといった北イタリアのワインを呑む機会が多いので、南イタリアのワインも数銘柄試すことができ有意義な機会となった。
■個人的に好印象だったのは、エレガントな酒質で酸のバランスが抜群の3.、いかにも南らしく果実味たっぷり、濃厚な酒質の7.あたり。
■ガイドブックで調べてみると7.は最近話題のセルピコを造っている生産者なんですなぁ。

ima_yoshi423 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

即SOLD OUTか...。

ima_yoshi423 at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

2004年11月03日

カタいのか...。

Pernand-Vergelesses Les Combottes 02 Domaine Rapet Pere & Fils 2,800円
Pernand-Vergelesses 輸入元サントリー

ima_yoshi423 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

2004年11月01日

意外にも...。

Garnacha 03 Nostrada 780円
Campo de Borja - Spain 輸入元リラックス

■近所のスーパーで購入。この価格だし、ガブ呑みできるだろうと...。
■意外や意外(失礼ながら...)、かなりマトモな味わいで、リーデル・ヴィノムのボルドーグラスで呑んでも全然大袈裟ではなかった。
■グルナッシュの特徴が出ているかといえば、微妙なところだけど、ウマいから無問題か...。小売価格1,200〜1,500円程度のポテンシャルはあると思う。

ima_yoshi423 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

2004年10月30日

ウォッチマンってワインも売ってるんだな...。

Chianti Classico Don Tommaso 00 Fattoria Le Corti Principe Corsini 2,450円
Toscana 輸入元モトックス

■かなり投げ売り気味の価格ですが...。呑んで劣化を感じさせるような要素はなかった。
■扱っているワインの輸入元は、サントリーとモトックスがほとんど。輸入元が処分したい在庫を格安で仕入れているのでしょうか...。高価格の銘柄はきちんとセラーに陳列されておりました。
■00年のキャンティクラシコはそれほど経験がナイが、今まで呑んだ印象では、濃くて果実味や甘みが豊富なワリに酸がやや足りないような気がする。この銘柄もそんな感じ。とはいえ生産者次第だろうけど。

ima_yoshi423 at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

2004年10月28日

貴重な機会に恵まれますた(・∀・) vol.5

1.Les Monts Damnes 02 Pascal Cotat ?円
Sancerre 輸入元ミレジム

2.La Grande Cote Cuvee Special 02 Pascal Cotat ?円
Sancerre 輸入元ミレジム

3.Ch. Les Trois Croix 95 ?円
Fronsac 輸入元ヴィンテージ

4.Les Forts de Latour 90 ?円
Pauillac 輸入元ヴィンテージ

5.Ch. Ducru-Beaucaillou 86 ?円
St-Julien 輸入元ヴィンテージ

6.Clos du Val Cabernet Sauvignon Napa Valley 84 Clos du Val ?円
Napa 輸入元加州ワイン

7.Cabernet Sauvignon Napa Valley Stag's Leap Vineyards Cask 23 84 Stag's Leap Wine Cellars ?円
Napa 輸入元カルピス食品

8.Ch. Palmer 83 ?円
Cantenac 輸入元ヴィンテージ

9.Ch. Margaux 83 ?円
Margaux 輸入元ヴィンテージ

■M井氏のコレクションの中から毎回テーマを決めて呑む、ちょっと贅沢なワイン会に参加させていただく。
■今回は20年程度熟成したCSをボルドーとカリフォルニアで比較。6.&7. VS 8.&9.がメインマッチか...。
■個人的には、7.と8.には心底感Doいたしますた(ノ∀`) ここ最近のカリフォルニアのCSが7.のように熟成するのだろうか...。
■で、今回のマルゴーには、パルメを超える何らかは見つけられなかった。

ima_yoshi423 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

2004年10月27日

むぅ...。

La Demoiselle de Sociando-Mallet 01 2,500円
Haut-Medoc 輸入元重松貿易

ima_yoshi423 at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ワイン 

2004年10月26日

やはり...。

ima_yoshi423 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本酒