2005年02月17日

企業と学生のギャップ

ある調査によると次のように企業と学生との間にギャップが生じていると言う。

企業の採用アピールポイント
1.「責任のある仕事をまかせてもらえる」
2.「社会や地域に貢献している」
3.「企業戦略やビジョンがすぐれている」

学生の会社選択の基準
1.「自分がやりたい仕事ができる」
2.「企業戦略やビジョンがすぐれている」
3.「給与・福利厚生など待遇がよい」

これを知ったとしてもこれまでのやり方をそう簡単に変えられる訳でもない。学生の皆さんにウソを伝えるわけにもいかないので、やっぱりこれまで通り本音でお話するしかないよね、という結論に・・・。

「やりたい仕事ができそうかどうか」は企業が伝えようと努力しても、学生の皆さんが本当かどうかを見極めることは話だけではわからないのでは?とすると若手社員の生の声が聞ける機会を作ったり、実際に会社の雰囲気を感じてもらえる機会を作っていくことぐらいしかなくなってしまう。

もし本気でそう思っていて、そういう機会が欲しいと思っている方はご連絡ください。雰囲気を肌で感じるために好きなだけ本部事務所でも担当リクルーターのいる店舗でも見ていただけるような機会を設けます。それでミスマッチを無くすことできるのであればカンタンなことですから。

これが本社連絡先はこちら
saiyo@imaginet.co.jp


一見すると倉庫のようだが、実は(株)いまじんの本社です。店鋪のイメージとは裏腹に、社屋は至って地味なんです。その対比からは、合理性を追求する姿勢を読み取ってもらえるでしょう。
imagine2006 at 21:31│Comments(0)TrackBack(0)2006年度 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔