2005年02月23日

自分たちが楽しまないと、人を楽しませることできないでしょ。

酒井

酒井雅浩 95年入社 2005年新業態店店長に着任予定

いまじんのルールは「やりたい人がやる」。
誰も楽しくないことやりたいとは思わない。せっかく自由にやれるのなら、楽しいことをやりたい。つまり大切なのは「自分が楽しむこと」。自分が楽しんで店づくりをしていけば、自然と楽しませることもできる。
という訳でボクも相当楽しんで店づくりをさせてもらっています。店を任されるというのは「経営者」になる同じこと。お客様にどんなアイデアを駆使して、楽しんでもらおうか。そう考えながら働く毎日は、かなり楽しいです。

彼も昨日の川崎同様、入社10年目を迎え、今年、新業態店店長に着任する予定。これまで卸部門の営業担当として長崎営業所を一人任されるなど異色の経歴を持つ、その後、スーパーバイザー、店長とさまざまな仕事を経験し、パート・アルバイトの自主性に任せた店舗運営を実践し、好業績をおさめてきました。「自分たちが楽しまないと、人を楽しませることもできないでしょ」。彼の言葉にもあるように会社の考え方として「心はベストコンディション」というキーワードがあります。あなたのベストコンディションはどんな状態ですか。仕事に臨むときもそんな気持ちでいられたら幸せですよね。一緒に仕事している仲間やお店をご利用いただくお客様までそんな気持ちを伝えることができたら最高でしょ。


imagine2006 at 21:23│Comments(0)TrackBack(0)2006年度 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔