2005年04月21日

最終合宿-2日目-

1日目の懇親会は、社員もたくさん参加して学生さんを取り囲んで座談会が始まったり、学生同士で情報交換が始まったり、そんなこんなで3:00まで続きました。
改めて、いまじんにどうして入社したのか?、いまじんに入社して楽しいですか?など最終試験で聞くようなことじゃないかもしれない質問を受けることもありつつ、でもそれが真面目に質問されたりすると学生の本気度が伝わってきます。そういう刺激を学生の皆さんからいただき、期待に応える会社を作っていこうと気持ちを引き締めています。

採用活動の本質ってなんでしょうか?
そもそも、採用計画に則り、求める人材像に適合する学生を採用することは当然ですが、それ以外にも大きな収穫を得ることができます。それは「社員教育」です。理念や価値観などは普段から経営者がじっくり取組んでいかないとなかなか全社に浸透させることができないテーマです。社員が参加する採用活動は、それらのテーマにまっすぐ取組むことができる最適な機会となります。当たり前ですが、学生の皆さんからいただく疑問・質問は私たちにとって不可欠なテーマに真剣に答えるためにはそれなりに勉強が必要なんです。そんな機会を自ら作り出せる人はそういませんからね。

2日間、皆さんがのびのび発言・発表する姿に感動しながら、たくさんの刺激を受けることができました。本当に長時間お疲れ様でした。

imagine2006 at 22:16│Comments(0)TrackBack(0)2006年度 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔