恋するデビー(You Light Up My Life) デビー・ブーンブラザー軒:高田渡

2014年04月13日

ダニエル(Daniel):エルトン・ジョン

ダニエル エルトン・ジョン

ダニエル エルトン・ジョン 1973年

1973年というのは、imagine☆のロック&ポップスの原点です♪
当時は、ラジオで流れてくる新曲を聴いて、良いと思ったシングル盤を買っていました。お小遣い、お年玉の貯金との相談でした(^^♪

“Daniel is travelling tonight on a plane
I can see the red tail lights heading for Spain
Oh and I can see Daniel waving goodbye
God it looks like Daniel, must be the clouds in my eyes
They say Spain is pretty though I've never been
Well Daniel says it's the best place that he's ever seen
Oh and he should know, he's been there enough
Lord I miss Daniel, oh I miss him so much

ダニエルがいってしまう  今夜の飛行機で
赤いテールランプが見える スペイン行きの
ダニエルが さよならの手を振っている
ああ でもそれは ダニエルの形をした雲なのだ
行ったことがないけど スペインはどんなとこ
ダニエルは素敵なところだって言うけど
そうだよね 行きっぱなしはないよね
ダニエルがいなくなった とても寂しい♪”

どこかで、歌詞に、ベトナム戦争が絡んでいるという話がありますが、当時は、「同性愛を歌ったのだろう」と言われていました。しかして、その後の、“エルトン”の展開を見ると、あながち、そういう曲だったのかも知れません('◇')ゞ

この曲は、今聴くと、イントロがとても70年代です。でもなんだか新しいサウンドだった♪ “エルトン・ジョン”はピアニストですから、ピアノの音が基本ですが、後ろに流れているのは、当時に流行っていたムーグ・シンセサイザーだったのでしょうか?

しかしながら、imagine☆は、ポップで聴きやすく、ジェット機で友だちがスペインへ飛んでいく・・、そんな場面を想像しながら、何回も、この曲をターンテーブルに乗せていました。

机の左側にソニーのスカイセンサーを置いていました。勉強しながらチューニングしていました。70年代の自分の勉強部屋のシチュエーションが、まじまじと浮かんでくる名曲ですから、imagine☆には忘れられない曲です(^^♪



imagine59 at 19:40│Comments(0) Male | Pops

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
恋するデビー(You Light Up My Life) デビー・ブーンブラザー軒:高田渡