今夜はブギ・ウギ(Boogie Oogie Oogie) テイスト・オブ・ハニータイム・イン・ア・ボトル(Time In A Bottle):ジム・クロウチ

2014年06月08日

雨のケンタッキー(Kentucky Rain) :エルヴィス・プレスリー

雨のケンタッキー

雨のケンタッキー(Kentucky Rain) エルヴィス 1960年代

雨の季節になりました。ときに気分が沈むこともあるけど、“エルヴィス”の歌を聴くと、元気もでてくるものです。

“エルヴィス”は「キング・オブ・ロックンロール」と言われるが、imagine☆は、実は、70年代の、偉大、かつ稀有な、バラード・シンガーだったと思う。

“Seven lonely days And a dozen towns ago
I reached out one night And you were gone
Don't know why you'd run, What you're running to or from
All I know is I want to bring you home
So I'm walking in the rain, Thumbing for a ride
On this lonely Kentucky backroad
I've loved you much too long And my love's too strong
To let you go, never knowing What went wrong
Kentucky rain keeps pouring down
And up ahead's another town
That I'll go walking thru With the rain in my shoes,
Searchin for you In the cold Kentucky rain,

7日もの孤独な日々を いくつも街を探し歩いた
ある夜 手を伸ばしたら きみはいなくなっていた
なぜきみが去ったのか どこへ行こうとしたのか
ぼくの望みは きみを連れ戻したいことだけ
だから雨の中を歩く 車を拾えるだろうか
この寂しいケンタッキーの裏通りで
きみを長く愛した 強く愛した
それできみは出ていったのか ぼくが間違っていたのか
ケンタッキーの雨が しとしと降りつづいている
目をあげれば そこには別の街
歩きつづける 靴には雨が入ってくる
きみを探し求める 冷たいケンタッキーの雨にうたれて♪”

今日は、歌詞が長くなりました。感傷的な詩です、この曲でimagine☆が、いちばん感じるのは、
“That I'll go walking thru With the rain in my shoes,
Searchin for you In the cold Kentucky rain,” 
というセンテンスです!!

ヒット・ナンバーではなく、知っている人も少ないかも知れませんが、“エルヴィス”ファンにとっては、外せない名曲・名唱でしょう。

ケンタッキー州、行ったことありません。でもイントロは、雨がポツポツと降ってきている、そんなクールな雰囲気を醸しだしているのでしょう。ケンタッキーに行かれた方は分かるでしょうか?

それと、imagine☆はベースマンなので、この曲のベースラインは、メロディアスで、よく考えられていて、とても勉強になりました。

“エルヴィス”の優しさが心底伝わってくるような、静かに聴いているとウルッとくる。こういったミドルテンポのバラードを歌わせたら、“エルヴィス”は最高のシンガーだったなと思います。

ほんとうに、一度、彼のライブを聴いてみたかったなあと、今さらながらに残念です(^^♪


imagine59 at 19:23│Comments(0)TrackBack(0) Male | Pops

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今夜はブギ・ウギ(Boogie Oogie Oogie) テイスト・オブ・ハニータイム・イン・ア・ボトル(Time In A Bottle):ジム・クロウチ