渚の想い出(Tous Les Bateaux, Tous Les Oiseaux)ミシェル・ポルナレフ 秋風の恋(I'd Really Love To See You Tonight)イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー

2014年08月21日

線香花火 NSP 天野滋

線香花火 NSP 

線香花火 NSP 1976年

叙情派フォーク、「叙情的」であるとは、いろんな感情が入り乱れて胸に迫ってくる、そんな感覚を旋律に乗せて歌うフォークソング♪

“はじっこつまむと 線香花火
ペタンと しゃがんで パチパチ燃やす
このごろの花火はすぐに落ちる
そうぼやいて きみは火をつける
浴衣なんか着たら 気分がでるのにね
湯上がりで うちわを片手だったらね
はじっこつまむと 線香花火
僕は燃えかす拾う係りでも”  作詞:天野滋


この曲は1976年8月10日のリリース。夏も盛りを通り過ぎる頃、ちょうど今ごろの、そこはかとなく季節の変わり目を感じ始める・・、そんな季節の頃の歌でしょうか。

「はじっこつまむ」とか「ペタンとしゃがんで」とか「パチパチ燃やす」「ぼやいて」「燃えかす拾う係りでも」とか・・、なんだか妙に心に残る言葉がちりばめられている。とくに、このごろの花火はすぐに落ちる」というフレーズがなぜか心に残るのであって、今聴いてもそう思う。

彼女が浴衣だったら、もっと雰囲気だったのでしょう。なんとなく切なく哀しい雰囲気の曲ではあるが、詩は「来年も二人でできるといいのにね♪」で終わる。気持ちをつないでいるのだ、未来への可能性を秘めていると思います。

NSPのグループ名は“ニュー・サディスティック・ピンク”という、とてもロック的な感じがしますが、名付けの経緯は分かりません。“NSP”は活動休止の後、再結成していましたが、リーダーの“天野滋”が、2005年に闘病を経て病気で亡くなり活動停止しました。とても残念なニュースでした。

“NSP”には、他にも叙情的ないい曲がたくさんある。とくに季節の変わり目に聴きたくなる曲が多いと思うのはimagine☆だけでしょうか(^^♪


imagine59 at 19:05│Comments(2) Groupe | Japanease Folk

この記事へのコメント

1. Posted by ローリングウエスト   2014年08月31日 08:26
初めまして、ローリングウエストと申します。新潟県柏崎生れ川崎市在住の56歳・中年オヤジ(旅好き・歴史好き・洋楽好き・山好き)でございます。懐かしい名曲がオンパレードの素晴らしいブログですね!小生も70年代洋楽が大好きでジャンルを問わずダボハゼ的に何でも聴きます。また覗かせて頂きますので今後ともよろしくお願いいたします。
(PS):今はグレンキャンベル「ラインストーンカウボーイ」を紹介しておりますので是非とも遊びに来てください。
2. Posted by imagine☆   2014年09月01日 18:48
ローリングウエストさん、コメントありがとうございます(^^♪

カッコいいハンドルネームですねぇ、同世代ですので、これまで聴いてきた曲は似通っているかも。

昔は、メディア媒体が少なかった分、ラジオから聴きたくない曲でも流れていました。それがかえって今、思い出の曲の幅の広さにつながっているのではないかと感じる今日この頃です。現代は、ウォークマンなどで聴きたい曲だけ選んで聞く時代ですが。

書き込み回数が極めて少なく申し訳ありませんが、また読んでください。

これからもよろしくね(^^;

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
渚の想い出(Tous Les Bateaux, Tous Les Oiseaux)ミシェル・ポルナレフ 秋風の恋(I'd Really Love To See You Tonight)イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー