ハーモニー

2011年08月03日

恋のときめき(I Just Want to Be Your Everything):アンディ・ギブ

アンディ・ギブ ベスト・ヒッツアンディ・ギブ ベスト・ヒッツ アンディ・ギブ 1977年

前回とまた違いまして、爽やか系、涼し系な曲を・・。

“ビー・ジーズ”の弟分としてデビューした。といって、4番目の弟なのだった。

70年代のコンピ・アルバムには収録されるけど、二番手とういうか、アナザー・サイド的な位置に甘んじているのは仕方がないとしても。実際、70年代末には、彼の歌が、ラジオから流れない日はなかった。

歯が白アンディ・ギブいです!!
このルックスに、兄弟譲りの上手くて優しいボーカルなんだから、「“ビー・ジーズ”なんて知らない」っていうクラスの女子(はじめに、そっちを聴け(imagine☆)!)にも、大人気だったのは事実である。ほかに、「愛の面影((Love Is) Thicker Than Water)」という、なんかこう、崇高な感じもする名曲、あと「シャドー・ダンシング(Shadow Dancing)」かな、よく聴きました。

“ビー・ジーズ”に追加で参加して活動することが予定されていたようだが、その矢先に、ウィルス感染により、30歳の若さで夭折してしまった。報道を聞いたときは、とても残念でした。

はたして、4人のブラザーなる“ビー・ジーズ”のハーモニーは、どんなに素晴らしかったことでしょうか(^^♪


imagine59 at 19:54|PermalinkComments(0)

2011年01月17日

冬のファンタジー:カズン

ラブ&スマイルラブ&スマイル カズン 1995年

冬になると聴きたくなる曲、逆に言えば、冬に聴けば入り込める曲・・、やっぱり“カズン”の「冬のファンタジー」は外せないでしょう。透明感のある、綺麗な曲ですねえ。

“カズン”って英語で「いとこ」でしょ。たしか、そのまんまの従姉弟のデュオですね。親戚だからかなあ、ハーモニーがとても綺麗です。

この曲「冬のファンタジー」は、カラオケでいつも挑戦しています。しかも、詩のうまい女性を相手に選んで。だけど、いつも失敗するんです。

男性パートのハモリがトッテモ難しいんですヨ。でも、youtube観てたら、男パートだけも載ってるので、それで練習して・・、いつかぜったい成功ざせるぞっと(^^♪


imagine59 at 20:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月25日

ウィ・ジャスト・ディスアグリー(We Just Disagree):デイヴ・メイスン

流れるままに(紙ジャケット仕様)

流れるままに(紙ジャケット仕様) デイヴ・メイスン 1977年

ギターおじさんって感じだったよね、その風貌が。70年代は、いったい何歳くらいだったのだろうか?

しかし、流れるような、そして泣きのギターはサイコーでした。imagine☆は、“デイヴ・メイスン”のメロディアスなギター・フレーズと、枯れたボーカルが、とても好きでした。

「ウィ・ジャスト・ディスアグリー(We Just Disagree)」は、日本のミュージシャンも、たくさんコピーしている名曲です。12弦のアコースティック・ギターの音色とハーモニーがとても美しいロック・バラードなんです。

こういう曲をライヴで聴いたら・・、たぶん少しの時間、立ち上がれなくなるだろうな、美しい曲です。いいよねえ、身を投げだして浸りたくなるよね、こういう曲を聴くと(^^♪


imagine59 at 19:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月03日

イフ(If):ブレッド

アンソロジー・オブ・ブレッド(完全生産限定スペシャル・プライス)アンソロジー・オブ・ブレッド(完全生産限定スペシャル・プライス)
アーティスト:ブレッド
1971年

もし、そうだったら、どうだろう・・、こういう歌は世に溢れているが、極めつけはこの曲、“ブレッド”の「イフ(If)」だろう。もう、そのまんまのタイトル。そして、彼らの魅力は、美しいハーモニーだ。

“If a picture paints a thousand words
Then why can't I paint you?
The words will never show
the you I've come to know.”

“もし一枚の絵で千の言葉を描けるとしても
なぜボクは君の絵が描けないんだろうか
言葉では表せない
ボクが知ってる君のことを”

メロディが美しい、生ギターの響きが美しい、そしてボーカルが美しい。
“ブレッド”のような曲は、概してイージー・リスニング的な世界で、あまり評価されないところがあるが、フッとこういう曲が流れてくると、とても癒される。
まあ、ベスト盤で最初から最後まで通して聴くのは確かにつらい部分があるものの、パンクやプログレ、ハード・ロックをランダムで聴いている通勤電車の中で、こういう曲が流れてくるとホッとするし、今日も1日、いい日になるだろうという感覚に陥るのである(^^♪


imagine59 at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)