リンダ・ロンシュタット

2014年02月02日

Aint No Way To Treat A Lady ヘレン・レディ 

Aint No Way To Treat A Lady ヘレン・レディ 1975

70年代を代表する女性シンガーである!“ヘレン・レディ”の歌を聴くと・・・、imagine☆は、すぐ懐かしい時代に連れ戻されてしまう。 

60年代はブルース・ロックとビートルズで終焉し、70年代に入るとロックフェスティバル、大型商業主義の限界から、ロックはグループからパーソナルな世界に入って行ったのです。

ヘレン・レディ

そんな流れのなか、70年代初頭から中盤までは(ディスコ・ミュージックに代表されるリズム重視のサウンドが表立ってくる前までは)、女性ボーカルがポップス界を席巻していた。

ちょっと思いつくだけでも、“ジョニ・ミッチェル”“リンダ・ロンシュタット”“リタ・クーリッジ”“キャロル・キング”“カーリー・サイモン”“ロバータ・フラック”“バーブラ・ストライサンド”“メアリー・マクレガー”などでしょうか。なかでも、“ヘレン・レディ”は、日本でも歌声がよく響いていた。70年代、洋楽女性ボーカルの代表格でしょう♪

“I guess it was yourself you were involved with
I would have sworn it was me
I might have found out sooner if
You'd only let me close enough to see
That ain't no way to treat a lady
No way to treat your baby
Your woman, your friend
That ain't no way to treat a lady, no way
But maybe it's a way for us to end

あなたのこと あたなのせいだと思うわ
でも私のせいだったかも知れない
もう少し早くなら分かったかもしれないわ
お互いを知るには そばにおいてほしかった
それは女を扱う方法よ
ほかに方法はないわ
ほかの女だって 友だちだって
女を扱う方法はほかにはないわ
たぶん 二人はそれで終わるのです♪”

当時は、大きな口を開けて、存在感大きく歌う彼女のボーカルが鼻につくことがあった。彼女の歌は強さを備えているが、それと同時に繊細な面も兼ね備えている。imagine☆は、詩情豊かな彼女の詩に秘かに込められている、力強さに共感しているのかも知れない。

あんなに日本で流行った人なのに、オリジナル音源を聴くことができないのは、ちょっと寂しい(^^♪


imagine59 at 19:54|PermalinkComments(0)

2012年11月11日

クラッシュ・オン・ユー(I've Got A Crush On You):リンダ・ロンシュタット

ホワッツ・ニュー(SACD/CDハイブリッド盤)

ホワッツ・ニュー(SACD/ハイブリッド盤) リンダ・ロンシュタット 1983年

自分では作曲はしない、生粋のボーカリストなのであり。
“ビートルズ”の「ゲット・バック」の・・「ツーソン アリゾナ」の・・、アリゾナ州ツーソン出身。

“リンダ・ロンシュタット”は、60年代終わりのウエストコーストにおけるカントリー&フォーク・シーン、そして70年代に入ってのポップ&ロックにおける可憐な歌姫として、その人気はすさまじかった(けど、意外に、日本での人気はいま一つだったかな?)。

リンダ・ロンシュタット プログラムimagine☆は、1979年の初日本公演に行った。1曲目はたしか、「またひとりぼっち(Lose Again)」だったかな。艶があり、セーヴしない伸びのあるボーカルが、日本武道館に響きわたっていた。

80年代に入り、しばらく音沙汰がなかったが、83年に、ジャズのスタンダードを歌うことで復活した。もともと、隠れた名曲を探し出して歌いこむことを得意としていた人だった。「こんどはジャズに行ったの?」というのが、imagine☆のファースト・インプレッションでした。

ところが、アルバム(もちろんLP!)を聴いたらやっぱり凄かった♪

“How glad the many millions
Of Toms and dircks and mikes and williams
Would be To capture me
But you had such persistence
You wore down my resistance
I fell And it was swell

You're my big and brave and handsome romeo
How i won you i will never never know

It's not that you're attractive
Oh but my heart grew active
When you came into view

I've got a crush on you, sweetie pie
All the day and nighttime, hear me sigh
I never had the least notion
That i could fall with so much emotion♪”

「もう あなたに首ったけ 甘いパイのように可愛い人 昼も夜も溜息ばかり
こんな気持ち 思ってもみなかった もう でれでれ なのよ」
・・・みたいな意味でしょうか?
 「I've Got A Crush On You」 ガーシュウイン兄弟1928年

ポップ ロック カントリー路線から一転し、1920年代から40年代のジャズ・スタンダード・ナンバーを歌いこんだ。演奏は、“ネルソン・リドル”率いるオーケストラ、プロデュースは“ピーター・アッシャー”・・、ノスタルジック&ゴージャス、80年代ポップスの傑作でしょう。

「I've got a crush on you・・」と、オーケストラが入ってくる艶やかな瞬間は、何回聴いても興奮する(^^♪


imagine59 at 19:54|PermalinkComments(0)

2011年02月09日

オールウェイズ・ラヴ・ユー (I Will Always Love You) :リンダ・ロンシュタット

哀しみのプリズナー(紙ジャケット)

哀しみのプリズナー(紙ジャケット) リンダ・ロンシュタット 1975年

「オールウェイズ・ラヴ・ユー (I Will Always Love You)」は、 1992年に“ホイットニー・フューストン”がカヴァーし、映画「ボディガード」で使われました。カントリーソングの大御所“ドリー・パートン”の名作ですね。
今日は、imagine☆の大好きな“リンダ・ロンシュタット”による絶唱です。

このアルバム「哀しみのプリズナー」は地味なアルバムですが、いい曲がたくさん収録されているので愛聴盤になっています。“ホイットニー”が華麗で艶やかであるとすれば、“リンダ”は情感を込めて精一杯歌っている。その、ひたむきさが胸にグッとくるんです。

ぜひ、最後のワンコーラスを聴いてみてください。気持ちが入りすぎて、泣きながら歌っています。

たまらない名唱です(^^♪

明日から5日間ほどPCを離れますので、お休みしま~す<m(__)m>


imagine59 at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月14日

ブルー・バイユー(Blue Bayou):リンダ・ロンシュタット

 夢はひとつだけ(紙ジャケット)
夢はひとつだけ(紙ジャケット) リンダ・ロンシュタット 1977年

アルバムの原題は「Simple Dreams 」、「夢はひとつだけ」・・、いい邦題ですね。70年代には、ハッとするような邦題がとても多くあったのですが、最近は、あんまり邦題つけたりしませんね。

ジャスト・ワン・ルックはっきり言って、imagine☆は、“リンダ”のボーカルは大好きです。1週間くらい聴き続けても構いません。何がいいかって?ボーカルに艶があるでしょう。ヴィブラートを使わないストレートなボーカル、それと、喉を絞らないから声が直接心に響いてきて、これがとても心地よい。フォーク・ポップ・ロック・ブルース・クラシック・カントリー・・、なんでも歌えるところも凄いと思います。70年代に武道館で聴いたかな、双眼鏡から目が離せなかった。

「ブルー・バイユー(Blue Bayou)」・・、カントリー・テイストの、名曲ですね。
ノー・スリーブのベストにスリムジーンズ、カーリーヘアに赤いバラ・・、たまんないですね。ラストのハイトーンは、とくにシビレます(死語か)。

今日は、“リンダ”賛歌になってしまいました(*^^)v
続きを読む

imagine59 at 19:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月12日

ダイスを転がせ(Tumbling Dice):ザ・ローリング・ストーンズ

 

メイン・ストリートのならず者 ザ・ローリング・ストーンズ 1972年

メイン・ストリートのならず者これは名盤でしょう。
「メイン・ストリートのならず者」・・、70年代ロックの超名盤であり、いろんなところで取り上げられる。“ストーンズ”好きで聴いていない人は、もぐりですよ(*^^)v
「ダイスを転がせ(Tumbling Dice)」、こういう、
ダルなロックは、たまに聴くと、いいねえ。スワンプ入ってるかな。独特のグルーヴは、年季の短いバンドには絶対にだせないもん。

“ストーンズ”でも、上位に好きな曲です。でも、女性ボーカル好きのimagine☆としては、“リンダ・ロンシュタット”のカヴァーも、捨てがたい魅力があります(^^♪


imagine59 at 19:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月18日

デスペラード(Desperado):リンダ・ロンシュタット

ドント・クライ・ナウ(紙ジャケット)

ドント・クライ・ナウ(紙ジャケット) リンダ・ロンシュタット 1973年

このジャケットの瞳に見つめられたら、もう聴かないといけませんね。imagine☆も魅了された一人です。メキシコの血が入っているので、とってもエキゾチック!中学生のときは、壁にこのLPを張り付けていましたから(^^ゞ

デヴュー当時はフォークソングを歌い、後年はロック~クラシックと幅が広がりましたね。アルバムの選曲はどれもよく、彼女27歳のときの名唱です。

「デスペラード(Desperado)」は、“イーグルス”の曲。“リンダ”はカヴァーの選曲センスがとてもいいのですが、もともと“イーグルス”は“リンダ・ロンシュタット”のバックで伴奏をしていたメンバーから結成されたのでありますから、この曲を選ぶのは、その辺の背景もあったのでしょう。

しかし、“リンダ”の雰囲気によく似合って、彼女ん御為に作られた曲のような気もする、しっとりとした趣がたまりません、彼女の歌はみんな好きですが、上位にランクされる、とても好きな歌です。たまらんね(^^♪


imagine59 at 19:24|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年09月29日

ジャスト・ワン・ルック(Just One Look):リンダ・ロンシュタット

5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET

5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET リンダ・ロンシュタット 1979年

70年代の女性ロックボーカリストといえば“リンダ・ロンシュタット”は外せない。というか、前にも書いたかもしれないが、imagine☆は女性ボーカリストのなかでは彼女がいちばん好きである。

何が良いって?ツンと上を向いた鼻が可愛いじゃないですか、最近はふくよかになりすぎ?見なければいいんです(^^ゞ。
とにかく70年代はキュートで可愛かった。そして、それ以上に、“リンダ”のボーカル・・、喉をセーヴしないんですね、そのまま体から声をだしている。声質もやや低めだが艶がある。言うことありません、だまって聴きましょう。

↑ のアルバムは5枚組で、とってもお得です。音質も悪くないシリーズ!でも「風にさらわれた恋」がないのは??でっす。

ミス・アメリカ(紙ジャケット)「ジャスト・ワン・ルック(Just One Look) 」は「ミス・アメリカ(紙ジャケット)」に収録されています。このジャケット辺りからですかね、ちょっと雰囲気が変わりましたね。カーリーにローラースケート。
時代的にもちょっとUSAを意識していた時期でしょうかね。でも、アルバムに収録された曲はどれも、“リンダ”の魅力を放っていましたよ。懐かしいアルバムだね。いま聴いても新鮮(^^♪


imagine59 at 19:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月21日

スウィート・メモリーズ:松田聖子

Touch Me,Seiko

Touch Me,Seiko 松田聖子 1984年

ホワッツ・ニュー2010年3月6日のブログに、“松田聖子”と“オリヴィア・ニュートン・ジョン”のジャケットの類似性を書きました。
そうそう、もう1枚ありましたよ。上は1984年に発売された“松田聖子”のB面集「Touch Me,Seiko」です。説明の必要もないかとは思いますが、B面とはレコード時代の裏面のことです。このレコードは持っていました。

それで、下は、imagine☆の大好きなボーカリストの“リンダ・ロンシュタット”の「ホワッツ・ニュー」という、“ネルソン・リドル・オーケストラ”と共演したジャズ・スタンダード集です(このアルバムはよいです!)。

どうです、体の向きは違うけど、雰囲気、似てるでしょ。リリースは1983年で・・、う~ん、こちらも洋楽が先行しており、プロデューサーの方の念頭にちらついていたのかなと思います。「スウィート・メモリーズ」はジャジーな曲でもありますから、なおさらでしょう(*^^)v

「スウィート・メモリーズ」はやっぱり、ペンギンですね(^^♪


imagine59 at 18:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月16日

またひとりぼっち(Lose Again):リンダ・ロンシュタット 

Hasten Down the Wind

またひとりぼっち(Lose Again):リンダ・ロンシュタット 1977年


“ロンダ・ロンシュタット”の「風にさらわれた恋(Hasten Down The Wind)」はいいアルバムだ。まず、ジャケットがいい。海辺の砂浜にたつ“リンダ”、後ろには馬が駆ける。そして、可愛かった。
「またひとりぼっち(Lose Again)」は、“カーラ・ボノフ”の作品でミディアム・テンポの傑作バラードでしょう。“カーラ”は、ほんといい曲を書くよね。そして、彼女の歌を採用する“リンダ”もたいしたもの。オリジナルよりも感情移入が激しいところが、そこはまた“リンダ”。歌い込んでいる。

save me, free me
From my heart this time
The train's gone down the track
And I've stayed behind

この頃の“リンダ”って歌がものすごく聴き手の心に響いてきた。


imagine59 at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月22日

イッツ・ソー・イージー (It's So Easy):リンダ・ロンシュタット

Simple DreamsSimple Dreams
アーティスト:Linda Ronstadt
1977年

“リンダ”は好きだった。1985年くらいかなあ、武道館でコンサートがあって観にいった。双眼鏡だったけど、とても可愛かったなあ。歌いながらの腰の振り方がよかったなあと。でも真実なんです。

だけど、可愛いとかどうこういう話じゃなくて、やっぱり歌が上手いなあと思います。なんていうかな、喉からでる声をまったくセーヴしていないというか、おもいっきり歌っているのがいい。
このアルバムは、邦題「夢はひとつだけ」、なかなかいい邦題だ。わりにシンプルでバラード系の曲が多く収録されているが、A面1曲目「イッツ・ソー・イージー (It's So Easy)」は、ミドルテンポのロックン・ロールだ。たしか“バディ・ホリー”の作品。
この曲を歌う“リンダ”のジーンズがよかったなあ。最近は、ふくよかになったお姿をみる。70年代とはずいぶん違う雰囲気。だけど、もう1回来日して可憐な歌を聴かせてほしい。
しかし、可愛かったなあ、70年代の“リンダ”は(^^)


imagine59 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)