Love

2013年11月24日

冬の部屋(In the Winter):ジャニス・イアン

冬の部屋(In the Winter) ジャニス・イアン 1975年

冬に聴く歌、この季節、このメロディが浮かんでくるのであって・・・。
“ジャニス・イアン”の「冬の部屋(In the Winter)」。「愛の回想録(Between the Lines)」に収録されていた。当時は、ラジオのスイッチを入れると、よくこの曲が流れてきたものだ♪

冬の部屋 愛の回想録
“ジャニス・イアン”のアルバム・ジャケには笑顔がない。1960年代に「ソサエティーズ・チャイルド」という曲でデビューし、はじめは、社会派のイメージみたいのがあって、ちょっと、(いい意味なんだけど)生意気な香りもした。

“The days are okay I watch the TV in the afternoon
If I get lonely The sound of other voices, other rooms
Are near to me...I'm not afraid.
The operator, she tells the time It's good for a laugh
There's always radio And for a dime I can
Talk to god, dail-a-prayer,
Are you there? Do you care? Are you there?
And in the winter Extra blankets for the cold
Fix the heater getting old I am wiser now, you know
And still as big a fool Concerning you.

なんとかやっているわ 午後にはテレビを観ているの
一人ぼっちになったら ほかの部屋の声が聞こえるでしょう
それが近くに聞こえても わたしは恐くない 
電話交換手は 時を知らせてくれる 気晴らしにはいい
いつもラジオがそばにあるの 10セントで電話をして 
神と話すのよ 祈祷師に伝える
神はそこにいるの?私を護ってくれるの?
あなたはそこにいる? 
冬には 1枚の毛布で寒さに耐えられるでしょう
古くなってきたヒーターをつける 少し賢くなったでしょう
あなたには 大馬鹿だったけれど♪”

厳かに始まり盛りあがっていく、メロディアスな名曲だと思う♪

曲はこの後、「街であなたの奥さまに会いました 素敵な方ですね 私は今も一人です 今年も厳しい冬がやってきました・・・」というような感じで進んでいく。とても私小説的!

「恋は盲目(Love is blind)」がTBS「グッドバイ・ママ」で使われ、「ダンスはいかが?(Will You Dance?)」が「岸辺のアルバム」で使われるなど、基本的に、彼女の声、メロディ、佇まいなどは日本人好みなんだろと思う。ちょっと寒くなるこの頃には、ちょっと優しい曲が響いてくる(^^♪


imagine59 at 18:57|PermalinkComments(0)

2012年08月25日

ロスト・イン・ラヴ(Lost in love): エア・サプライ

Forever Love: Greatest Hits (Arg) エア・サプライ 1980年

これは、夏の終わりの歌だよね♪!

約30年前になりますが、AOR・・、というジャンルが流行りました。「アダルト・オリエンティッド・ロック」「アダルト・オブ・ザ・ロード」・・、AORの略語は、いまだによく分からない。しかし、共通していたのは、「聴きやすさ」でしょうか! 難しいこと考えないで、歌が聴きやすかったら、それでいいんじゃない?っていう感覚ですね。

まあ、ディスコ・ミュージックとかが、まだ生きていた時代なので、こういう爽やか系のサウンドは、とても心地よく響いていました♪♪

ロスト・イン・ラヴ(Lost in love): サビから~

ろすといんらぶ“Lost in love and i don't know much
Was i thinking aloud and fell out of touch?
But i'm back on my feet
and eager to be what you wanted

愛の虜になってしまい よく分からないんだ
ぼくが考えていたことが 君には届いていないの?
ぼくは足元をみて 君の望むものに近づきたい♪”

“エア・サプライ” は、オーストラリアのメルボルン出身のバンドでした。ジャケットもそう、夏の(終わりの?)雰囲気ですね♪
やっぱり、このバンドの魅力は、ハイトーンのボーカルと、日本の歌謡曲やフォークソングにも通じる・・、美しく、どこか懐かしいメロディでしょう。

爽やかでロマンチック、夏の終わりを告げる1曲にとりあげてもいいですか(^^♪


imagine59 at 20:09|PermalinkComments(2)

2011年08月03日

恋のときめき(I Just Want to Be Your Everything):アンディ・ギブ

アンディ・ギブ ベスト・ヒッツアンディ・ギブ ベスト・ヒッツ アンディ・ギブ 1977年

前回とまた違いまして、爽やか系、涼し系な曲を・・。

“ビー・ジーズ”の弟分としてデビューした。といって、4番目の弟なのだった。

70年代のコンピ・アルバムには収録されるけど、二番手とういうか、アナザー・サイド的な位置に甘んじているのは仕方がないとしても。実際、70年代末には、彼の歌が、ラジオから流れない日はなかった。

歯が白アンディ・ギブいです!!
このルックスに、兄弟譲りの上手くて優しいボーカルなんだから、「“ビー・ジーズ”なんて知らない」っていうクラスの女子(はじめに、そっちを聴け(imagine☆)!)にも、大人気だったのは事実である。ほかに、「愛の面影((Love Is) Thicker Than Water)」という、なんかこう、崇高な感じもする名曲、あと「シャドー・ダンシング(Shadow Dancing)」かな、よく聴きました。

“ビー・ジーズ”に追加で参加して活動することが予定されていたようだが、その矢先に、ウィルス感染により、30歳の若さで夭折してしまった。報道を聞いたときは、とても残念でした。

はたして、4人のブラザーなる“ビー・ジーズ”のハーモニーは、どんなに素晴らしかったことでしょうか(^^♪


imagine59 at 19:54|PermalinkComments(0)

2011年05月27日

愛のコレクション(Love me please Love me):ミッシェル・ポルナレフ

ポルナレフの世界ミッシェル・ポルナレフ 1972年

“ミッシェル・ポルナレフ”は、フレンチ・ポップスというややナロウなミュージックを、クラシカルなサウンドと軽快で分かりやすいロックを融合して、一つの彼だけの世界を築いた功績は大きい。

当時、中学生だったimagine☆らの世代は、楽曲を聴いたことはなくても、サングラスに羽根をつけた衣装を、一度は見たことがあるだろう。

ミッシェル・ポルナレフ眼鏡かけていないと、ギリシャ彫刻のように凛としていますね(●^o^●)

このアルバムのジャケット、雰囲気があって絵画のようでしょ。1972年のリリース、もう40年近く前の曲である。
邦題「愛のコレクション」=原題「Love me please  Love me」・・、まったく直訳していないが、名邦題だと思う。まだサングラスをかけていない時期でもあった。英語の歌詞が入っていて聴きやすかった。ピアノのイントロがとても印象的な、極めて美しい1曲である(^^♪

それからそう、“ミシェル・ポルナレフ”じゃなくて、“ミッシェル・ポルナレフ”ですよ、“ッ”を入れるのが、imagine☆らの世代なのですから(@^^)/~~~

imagine59 at 21:13|PermalinkComments(0)

2011年03月31日

愛こそすべて(All You Need Is Love):ビートルズ

マジカル・ミステリー・ツアーマジカル・ミステリー・ツアー ザ・ビートルズ 1967年

“Love, love, love.・・・”はいいんですが、次の・・“There's nothing you can do that can't be done.♪”・・・のところが、何回練習しても歌えなかった(@_@;)


「イチ・ニ・サンシ・ゴロクナナ」の4分の7拍子で、変拍子!自然に聴かせるのは“ビートルズ”の力量です。

1967年、「アワ・ワールド」という、全世界同時生放送の番組に“ビートルズ”が出演し新曲を歌った。日本ではNHKだったようですね。imagine☆は放映された当時は8歳でしたから、“ビートルズ”の存在さえ知らず、かつ放映日本時間は、たしか夜中だったはずだから、imagine☆は夕飯のライスカレー食って、寝てました(^'^)

“ミック・ジャガー”“マリアンウ・フェイスフル”“キース・ムーン”“パティ・ボイド”“ジェーン・アッシャー”など、錚々たる当時のスウィンギング・ロンドンを代表するアーティスト達が、後ろに座ってバック・コーラスに参加しています。

67年と言えば白黒テレビだったはず。だけど、そこは最近の技術の進歩でしょう、カラー着色で観ることができます。

「愛こそすべて」・・、普遍的な歌です、いい邦題ですね。60年代末の「フラワームーブメント」~「愛」・・、「愛」に回帰して、いつも、「愛」を忘れないようにしないとね(^^♪


imagine59 at 19:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月17日

Love The One You're With:スティーヴン・スティルス

Stephen Stills


Stephen Stills スティーヴン・スティルス 1970年

スティーヴン・スティルス“スティーヴン・スティルス”です。“デヴィッド・クロスビー”“グレアム・ナッシュ”と結成したのが“クロスビー・スティルス・ナッシュ=CSN”。“ニール・ヤング”が加わって“クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング=CSN&Y”になることもある。これら全員声質が違うボーカリストが集まったとき、奇跡のようなハーモニーが生まれたんですねぇ。


一番上の、「キリンさん」のアルバムが、“スティーヴン・スティルス”のソロ第1弾でした。実は、このアルバムのジャケットには、もの凄く、ありがたい想い出があるんです。サムソウナジャケットではありますが。

imagine☆が青い頭の中学生のとき、昔むかしあるところに、郷里の小さい街に1軒だけレコード店がありました。「朝日電器」といいました。ロックやクラシックのLPが、(田舎にしては)充実しており、imagine☆は、この店で、貯めた小遣いで、LPを揃えていったのでした。

その店の購入時サービススタンプの台帳に、このアルバムのジャケットが使われてました。「キリン」が妙に存在感を主張していましてね。実は、この店は中学の同級生の親がやっている店でもあったんです。
ときどき・・、

店員(友人のお母さん)
「いつも買うてくれるんで、スタンプ1個サービスしたげる」
・・・(^^ゞ imagine☆
「ほんま?涙ちょちょぎれるほど、うれしいわ」

当時、中学生の、可処分のお金が少ない身にとっての、このスタンプ1個の重みとありがたさ、いまも感謝してます(@^^)/~~~

“スティーヴン・スティルス”・・、サウンドは洗練され、演奏力、ハーモニー、このファースト・アルバムは、どれをとっても、70年代初頭のウエストコースト・ロックの傑作の一つでしょう(*^^)v


imagine59 at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月08日

あなただけI LOVE YOU:須藤薫

シェフズ スペシャル(紙ジャケット仕様)

シェフズ スペシャル(紙ジャケット仕様) 須藤薫 1981年

80年代ジャパニーズ・ポップの金字塔、いやあ、懐かしいですね、“須藤薫”。60年代アメリカンポップスの香りが溢れている。

kaoru sudo「あなただけI LOVE YOU」は、「Chef's Special」というアルバムに収録されていた。“大滝詠一”作です。
ドラムに“つのだひろ”、エレキギターに“村松邦男”、ピアノに“井上鑑”、そしてシンセサイザーに“松任谷正隆”がサポートしている。
収録されたアルバム「シャフズ・スペシャル」は、全編、男女の切ない気持ちを、さっぱりと歌う。

ヴィブラートがなく、高音で透き通ったボーカルはポップでいいですねえ。アレンジはスペクター・サウンドでしょ。とにかくポップな1枚で、いつまでも色褪せない、この(古くて)新しさは凄いと思う。

聴いてて楽しくなるよね、ウキウキする。コンサートも楽しそうだなあ、行ってみたいなあ^^♪


imagine59 at 15:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)